2009年10月16日

試験的植え替え

 ようやく植え替え気分が乗ってきたので、本格的植え替え再開に入る前に、今の状態を確認するために、試験的な植え替えに挑戦してみることに。

 ほぼ2年ぶりの本格的な植え替えということもあって、少々てこずっても上部で安心という観点から、選んだ樹種は「お多福南天」(おたふくなんてん)と青木「姫達磨」(あおき「ひめだるま」)の2種。
szk091014 001.01.jpg

 「お多福南天」は2鉢あるので、合わせることに。単体で植えている鉢はあっさり抜けた物の、青木「姫達磨」と寄せ植えにしているほうが、青木「姫達磨」の根が廻っていて、ほぼ一体化状態。
szk091015 008.01.jpg szk091015 010.01.jpg szk091015 014.01.jpg

 それでも水につけながら、何とか絡み合った根をほぐしていき、ようやく分離成功。2株の寄せ具合を見ながら、いいポイントが見付かったので輪ゴムで仮止め。

 鉢をお手製の珠鉢にして、鉢底孔から通したアルミ線で固定して、土を入れて根の間に突きこんでいきます。
szk091015 017.01.jpg

 土が充分入り点圧も済んだ所で、仮止めの輪ゴムが土の上に顔を出していたので、切って取り除くことに。
szk091015 019.01.jpg

 水やり時の土こぼれを防ぐために、最初に取り除いておいたコケを貼り無事完成。これで2週間ほど養生して、元の場所にもどします。
szk091015 027.01.jpg

■お多福南天■【Nandina domestica cv. Otafukunanten】
メギ科

●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

 代わりに『豆狸の書き込み寺』を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但しコメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、否認または削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。



posted by 豆狸 at 05:14| 大阪 ☀| 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

慈姑葉細辛

szk091003 001.01.jpg szk091003 004.01.jpg szk091003 005.01.jpg

 「慈姑葉細辛」(くわいばさいしん)の亀甲葉が、豆狸ンちに来てはじめて咲いてくれました。

 萼片が白と黒のコントラストと中国産ということもあって、何処と無く同郷の「パンダ寒葵」の花に似ているような気もします。

 買った時の種苗会社の説明書によると、“ハート型の葉面全体に繊細な亀甲斑が細かく入る、中国産のカンアオイ。初秋に開花する花も見所”とあります。

 確かに鉢の縁に萼片をもたせ掛けた姿は、何処と無く犬のよくやる姿にも似て、愛嬌があり、1輪でもはっきりと自己主張をしています。

 「慈姑葉細辛」は、“希少性の高い中国からのカンアオイ”ともありますので、なんとか殖やして見たいと思います。

szk091003 002.01.jpg szk091003 003.01.jpg szk091003 009.01.jpg


■慈姑葉細辛 亀甲葉■
ウマノスズクサ科

 ●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

 代わりに『豆狸の書き込み寺』を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但しコメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、否認または削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。



posted by 豆狸 at 04:34| 大阪 ☀| 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

たね?・タネ?・種?

 「犬枇杷」(イヌビワ)の実の一つが青紫色のいい色になってきました。口の辺りも盛り上がり始めて、よく見るとほんの小さな穴があいてるみたいです。
szk091009 002.01.jpg szk091009 005.01.jpg

 イヌビワコバチが入って上手く中の雌花をかき回してくれて、結実しているのではないかと期待に胸が高鳴ります。

 今朝も楽しみに「犬枇杷」の置き場に行くと、青紫色の実が見当たりません。ビックリして下をよく探してみると、落ちていたので一安心。
szk091013 002.01.jpg

 タネを確かめようと実を二つに割ってみると、1ミリも無いプツッとした物を四つだけ確認。たぶんタネだとは思うのですが実物を見たことが無いので、確証がもてません。
szk091013 001.01.jpg szk091013 006.01.jpg szk091013 008.01.jpg

 採り播きをしても発芽するかどうかわかりませんが、ダメモトで「ヤブレガサ」の鉢の空きスペースに採り播きしておくことにしました。

 どうか、発芽しますように。

■犬枇杷■
クワ科

●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

 代わりに『豆狸の書き込み寺』を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但しコメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、否認または削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。


ラベル:犬枇杷 イヌビワ
posted by 豆狸 at 05:40| 大阪 ☁| クワ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

日除けの片付け

 豆狸ンちの玄関前の棚は、唯一直射日光が照りつける場所。ですから夏場はよしずで囲み、寒冷紗で覆って葉焼けを起こさないように日除けをしています。
szk091012 003.01.jpg szk091012 004.01.jpg szk091012 006.01.jpg

 10月に入りようやく日差しも柔らかくなり、日中でも日除けがいらなくなったので、日除けを片付けることに。

 よしずで囲むさいの支柱になるアルミのアングル【写真↓印】を棚から外し、よしずと一緒にまるめて、寒冷紗と一緒に来年又使う日までのお別れです。
szk091012 002.01.jpg

 暑いさなかご苦労様。君たちのおかげで、玄関の棚場の草樹達は元気でいられます。来年も宜しくお願いします。ゆっくりと冬越し準備の始まりです。
szk091012 008.01.jpg

●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

 代わりに『豆狸の書き込み寺』を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但しコメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、否認または削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。

posted by 豆狸 at 05:25| 大阪 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

フンガイ・憤慨・糞害3

 朝一、棚場・置き場廻りをしていたら、何とこともあろうに糞害にあった同じ鉢の土がまわりに飛び散っているではありませんか。ダーティーテロ“キャット・シット Part2”の発生です。
szk091011 001.01.jpg

 前回は9月25日ということは、今日で16日目。忌避剤『のら猫にげる』の効能書きを確認してみると、“忌避効果は7〜10日程度持続”とあります。

 ちょうど効果がなくなった頃を見計らって、又やられたもようです。このままこの鉢が公衆トイレになってしまったら、堪った物ではないのでこの鉢を植え替えることに。

 鉢をひっくり返して、土を出していると前回と同じ量の“キャット・シット”を確認。用土は再生せずこのまま廃棄処分に。【写真は、被害をこうむった鉢の球たち】
szk091011 003.01.jpg

 鉢は豆狸にはわからないようにマーキングされている可能性もあるので、違う鉢と交換して熱湯消毒をして、しばらくは使わないことに。

 植え替えが済んだ後、置き場周辺を綺麗に掃除をして、再度『のら猫にげる』を散布。今後はこんなことが無いように、2週間おきに『のら猫にげる』を散布しなければ。
szk091011 006.01.jpg szk091011 007.01.jpg szk091011 008.01.jpg

 次回散布は、10月25日(日)。それにしても、ホンと腹が立つ★★★

●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

 代わりに『豆狸の書き込み寺』を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但しコメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、否認または削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。


posted by 豆狸 at 05:18| 大阪 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

物干し台の整理整頓

 試験的に行った「酢漿草」(かたばみ)の移植が上手くいったので、物干し台の「酢漿草」も、整理整頓をかねて移植することに。
szk090926 001.01.jpg szk090926 003.01.jpg
szk090926 004.01.jpg szk090926 006.01.jpg

 まずは物干し台の鉢をすべて移動して、久方ぶりの物干し台の掃除。ゴミや汚れはあらかた取れたものの、長く置いてあったので鉢の下の床に石灰化がおこり取れなくなっているのにはビックリ。
szk091009 001.01.jpg

 一鉢一鉢掃除も兼ねた移植を行い、新たに「酢漿草」鉢が4鉢出来上がりました。本来なら移植と同時に「福寿草」の植え替えもするべきなのですが、土の準備が出来ていないので、とりあえず今回は移植のみ。

 鉢数が増えたこともあり、作業性・作業スペースの確保・見栄えも考えて、レイアウトを大幅に変更して全鉢物干し台に戻したのでした。
szk091010 001.01.jpg szk091010 002.01.jpg szk091010 003.01.jpg
szk091010 004.01.jpg szk091010 005.01.jpg 

 けっこう、コザッパリしたのではないでしょうか?

■酢漿草■【Oxalis corniculata L.】
カタバミ科

●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

 代わりに『豆狸の書き込み寺』を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但しコメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、否認または削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。


ラベル:酢漿草 かたばみ
posted by 豆狸 at 04:56| 大阪 ☀| 花卉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

今年も咲きました

szk091003 010.01.jpg szk091003 012.01.jpg szk091003 014.01.jpg

 去年のようにルリタテハの幼虫に食害されることもなく、無事花を咲かせてくれた「達磨ほととぎす」(だるまほととぎす)。

 今季は大和蜆蝶(やまとしじみちょう)や、褄黒豹紋(つまぐろひょうもん)を絶やさないように、あえて薬剤散布を控えて人力捕殺につとめていたので心配していたのですが、幼虫たちが殖えた分カマキリやスズメバチが豆狸ンちを猟場にして、かえって食害は少なかったようです。

 株もどうやら殖えてくれたような「達磨ほととぎす」、来年はひとまわり大きな鉢に植え替えてやらねば。

 綺麗に咲いてくれて、ありがとう。

szk091003 013.01.jpg szk091003 017.01.jpg szk091003 015.01.jpg

■達磨ほととぎす■
ユリ科

●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

 代わりに『豆狸の書き込み寺』を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但しコメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、否認または削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。

posted by 豆狸 at 05:07| 大阪 ☁| Comment(0) | 杜鵑草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

台風一過

 2時〜4時くらいまでが雨・風ともにピークで、雨が雨戸を叩く音がまるでBB弾をフルオートで雨戸めがけて撃ってるみたい。

 この調子で、棚場・置き場の草樹を打ち付けてると思ったら、気が気ではありません。こんなに酷いのなら、あれも入れといたらよかったこれもと、次から次へと不安が頭をよぎります。

 ビュウっと突風の音が聞こえて、少し間があってガチャ〜ンという、一番聞きたくない音も、一度も聞こえることなくようやく8時に。

 この頃になるとようやく天候も小康状態になり、小雨の中急いで棚場・置き場を見廻り開始。

 グルッと一周見廻ってみて、落ち葉が目に付いた物の、棚から落ちてわれたりした物が一鉢もなく、唯一、置き場で転倒していたのが5鉢だけということで、ホッと一安心。

 あの雨と風の中、被害が5鉢転倒だけっていうのはけっこう成績が良かったんじゃないかと自画自賛しております。

 ちなみに転倒した5鉢は、「八房万作」(やつぶさまんさく)【写真@】、「木蔦」(きづた)【写真A】、「青桐」(あおぎり)【写真B】、「徳之島つわぶき」【写真C】、「三葉木通」(みつばあけび)【写真D】です。

szk091008 001.01.jpg szk091008 002.01.jpg
szk091008 003.01.jpg szk091008 004.01.jpg
szk091008 005.01.jpg


●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

 代わりに『豆狸の書き込み寺』を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但し、コメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。


posted by 豆狸 at 04:44| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

台風18号

IMG_1864.01.jpg

 1時起床。風の音、雨戸のガタガタで目が覚める。テレビをつけると、近畿地方が暴風域に入ったということなので、もう少し寝たいもののこのまま起きることに。

 前日に棚場・置き場を見廻り、取り込めるものは玄関に取り込んで、避難・移動を完了【写真】してはいるのですが、何が起こるかわかりません。

 雨台風ならまだマシなんですけど風台風の場合、風に煽られて棚から鉢が飛ばされるケースが過去何回かあったので、緊急事態に備えてレインシェードを準備して、只今待機中です。

 なんにも、ありませんように。
ラベル:台風18号
posted by 豆狸 at 02:17| 大阪 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

三つ目の可能性

szk091003 018.01.jpg szk091003 023.01.jpg szk091003 021.01.jpg

 以前予想したとおり、“勘違い石斛(せっこく)の三つ目の可能性”が、現実の物に。今回は網筒植えに寄せ植えしたぶんで、毎年勘違いしてくれている「石斛」です。

 毎年生真面目に、1輪だけ咲いてくれる“勘違い石斛”。今季は運の悪いことに、雨に叩かれ葉に押さえつけられて、うなだれたみたいな感じの扁平花になってしまいました。

 それでも、健気に凛と咲いてくれた純白の「石斛」。1輪咲いてくれただけで、雨がちの曇り空でも、晴れ晴れと作業が出来ます。いつも咲いてくれて、ありがとう。

szk091003 020.01.jpg szk091003 022.01.jpg szk091003 024.01.jpg
■石斛■【Dendrobium moniliforme】
ラン科
ラベル:石斛 セッコク
posted by 豆狸 at 04:48| 大阪 ☁| Comment(0) | 野生蘭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。