2009年11月20日

節分草

 病気で気持ちがふさぎがちな母を喜ばせたくて、平成20年1月に植えつけた「節分草」(せつぶんそう)。想いははたせなくて、出てきたのは葉っぱだけで今年も同じ状態。
szk091110 001.01.jpg

 何となく様子がおかしいので、植え替えも兼ねて掘り出してみることに。掘り出してみると、球はあることはあるのですが、肥大してもとの姿をとどめていません。
szk091110 018.01.jpg szk091110 018.02.jpg

 今回新たに入手した球と比べてみると、大きさは倍近くあり、色も違います。見た目も大きさも変わってしまった「節分草」。
szk091110 018.03.jpg szk091110 018.04.jpg szk091110 018.05.jpg 

 原因はわからないものの、球は腐ってる様子も無く、病気・虫にやられてる様子も無いので、一緒に植えつけることに。

 はたして来季は、花を拝めることが出来るのでしょうか?
szk091110 033.01.jpg

■節分草■【Shibateranthis pinnatifida (Maxim.) Satake et Okuyama】
キンポウゲ科

◆昨日のテロリスト・ニュース◆
 本日何事も無し。この平穏が続きますように。

●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

 代わりに『豆狸の書き込み寺』を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但しコメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、否認または削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。




posted by 豆狸 at 04:55| 大阪 ☀| キンポウゲ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

艶のある黄色の花

szk090413 004.01.jpg szk090413 009.01.jpg szk090413 003.01.jpg

 肉厚で艶のある黄色の花が特徴の「乙女姫立金花」(おとめひめりゅうきんか)が咲き始めました。

 花は小さいのですが、その精緻な作りには何度見ても感動させられます。葉っぱも何処と無く「原種シクラメン」に似ていて好きです。

 一緒に植えている「屋久島姫雉筵」(やくしまひめきじむしろ)に比べて、なかなか殖えてくれないのが玉に瑕、でも毎年咲いてくれるので、嬉しい限りです。

szk090413 008.01.jpg szk090413 007.01.jpg szk090413 010.01.jpg


■乙女姫立金花■
キンポウゲ科

鐘の音に 心も凛と 引き締まる

椿「宝珠砂子」落蕾数;7個(累計45個)

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 05:20| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キンポウゲ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

節分草

szk090312 023.01.jpg szk090312 024.01.jpg szk090324 001.01.jpg

 母狸に見せようと、植え付けた「節分草」(せつぶんそう)。ユックリと頭をもたげて顔を見せてくれましたが、毎年こんな感じで、いまだに花を拝んだことがありません。

 一般的に草丈10pと言われていますが、豆狸ンちのはこれで目一杯で半分の5pくらいしかありません。もともと小さい固体なのか、若くて小さいのかがイマイチわかりません。

 今年は肥培につとめ、何とか来季には花を見たいと思っています。もっと「節分草」のことを知らなくては。

szk090324 002.01.jpg szk090324 003.01.jpg szk090324 004.01.jpg


■節分草■【Shibateranthis pinnatifida (Maxim.) Satake et Okuyama】
キンポウゲ科

無灯火の 自転車飛び出し 肝冷やす

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 05:42| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キンポウゲ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

ムックリが結実?

szk090312 010.01.jpg szk090312 011.01.jpg szk090312 014.01.jpg

 ムックリと頭をもたげユックリと咲いた「韓国雛祭草」(かんこくひなまつりそう)が、結実しました。

 何となく豆の莢っぽい中に、種が入ってそうですが、今の状態では確たることはわかりません。

 このまま種が充実して、採り播きができることを願うばかりです。何とかたくさん殖やしたい「韓国雛祭草」です。

szk090312 015.01.jpg szk090312 016.01.jpg szk090312 009.01.jpg

■韓国雛祭草■
キンポウゲ科

雨降りで カラスの声も 湿り気味

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 07:26| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キンポウゲ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

ムックリがユックリ

szk090227 001.01.jpg szk090227 002.01.jpg szk090227 003.01.jpg

 ムックリと頭をもたげた「韓国雛祭草」(かんこくひなまつりそう)が、ユックリと咲き始めました。

 茎に比べて花が大きすぎて、ふらついていますが、2本が寄り添って何とか倒れずに立っています。

 花がキレイに展張できなくて、チョッといびつになっていますが、いびつなところがかえって可愛らしさを引き立てています。

 小さいのに存在感のある「韓国雛祭草」、咲いてくれて、ありがとう。

szk090227 006.01.jpg szk090227 011.01.jpg szk090227 007.01.jpg

■韓国雛祭草■
キンポウゲ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:49| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キンポウゲ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

ムックリ

szk090217 002.01.jpg szk090217 003.01.jpg szk090217 001.01.jpg

 暖かくなってきたと思ったら急に寒くなったのに、日差しの暖かさに誘われたのか、コケを割ってムックリと「韓国雛祭草」(かんこくひなまつりそう)が、頭をもたげ始めました。

 よっこらしょっと、頭をもたげたのが2芽。コケを割って顔をのぞかせたのが1芽の合計3芽確認できます。三つとも蕾を持っています。

 去年は10芽出てくれたのですが、ご他聞にもれずこの鉢も去年はまったく手が付けられなかった状態。

 3芽出てくれたのは幸先がいいものの、それだけに今季は何芽出てくれるのか、気がかりでなりません。

szk090217 007.01.jpg szk090217 009.01.jpg szk090217 010.01.jpg

■韓国雛祭草■
キンポウゲ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 05:09| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キンポウゲ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

追跡調査

szk080419 008.01.jpg szk080419 006.01.jpg szk080419 007.01.jpg

 去年の4月12日のブログ「乙女姫立金花」(おとめひめりゅうきんか)のなかで、今後も折に触れて追跡調査をしていきたいと思います≠ニいうことで、今までにわかったことを、まとめてみたいと思います。

 「乙女姫立金花」の外観は、花色は艶のある鮮やかな黄色で、外側一重で内側が八重咲きになっています。

 葉っぱは小さい物の、「原種シクラメン」や「カンアオイ」並みにきれいな斑が入った葉っぱを持っています。

 もともとは「姫リュウキンカ」の園芸品種「カラレット」で、「乙女ヒメリュウキンカ」という名前で国内流通しています。

 「姫リュウキンカ」は、ヨーロッパ原産の多年草で、イギリスを中心にヨーロッパからシベリアにかけて広範囲に分布。

 春に艶のある黄色い花を咲かせます。花後はタネができ初夏には地上部が枯れて、地中に根茎を残して休眠に入ります。

                                        szk080419 009.01.jpg

■乙女姫立金花■【Ranunculus ficaria subsp. chrysocephalus ‘Collarette’ または‘E.A.Bowles’】
キンポウゲ科/草丈4.5cm/左右8.5cm/花径1.8cm/奥行き0.5cm/鉢;お手製の「椀鉢」
posted by 豆狸 at 05:52| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | キンポウゲ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

ホットルーベンス@開花

szk080413 001.01.jpg szk080413 003.01.jpg szk080413 002.01.jpg

 クリスマスローズの中では赤みの強い選抜種、「ホットルーベンス」が咲きました。

 今季はもう咲かないのかな?と思っていたら、遅ればせながら咲いてくれました。

 小鉢で持ち込んでいることで株にかなりの負担を強いているので、これ以上負担をかけないように早い目に花殻を摘んで、結実しないようにします。

 花後は“お礼肥”をあげて体力を回復してもらって、来季からは鉢を緩めて一から株を作り直していこうと思います。

 チョッと、無理をさせすぎちゃいました。

szk080413 004.01.jpg szk080413 005.01.jpg szk080413 006.01.jpg

■クリスマスローズ「ホットルーベンス」■
キンポウゲ科/草丈11cm/左右22cm/花径4.5cm/奥行き2cm/鉢;文五郎
posted by 豆狸 at 05:37| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | キンポウゲ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

韓国雛祭草@咲きました

szk080227 007.01.jpg szk080311 004.01.jpg szk080311 005.01.jpg

 去年は花は咲かなかったものの、チャンと肥培してたおかげで、今年は無事花を咲かせてくれました。

 花芽が頭をもたげ始めたとき、気になってコケを剥がしてみると、コケの原糸体に邪魔されて、突き抜けられない小さな芽を見つけたのでした。

 頭を押さえてる部分のコケをほぐして、出やすくしてもとにもどしておいたので、何とか顔を出してくれました。

 去年が5芽、今年が10芽。ひょっとしたら、去年もこうなっていたのを豆狸が気付かずに、コケの下で枯れてしまったのがあったかも知れません。

 来年も、気をつけねば。

szk080311 006.01.jpg szk080311 009.01.jpg szk080311 002.01.jpg

■韓国雛祭草■
キンポウゲ科/草丈8.5cm/左右5cm/鉢;お手製「珠鉢」
ラベル:韓国雛祭草
posted by 豆狸 at 13:59| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | キンポウゲ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

今年のクリスマスローズ

szk080219 011.01.jpg szk080219 017.01.jpg szk080219 014.01.jpg

 去年唯一咲かなかった、クリスマスローズが3年越しで咲きました。咲いたのはやや灰色を帯びるシックな深い紫の「恋むらさき ラジアータ」です。

 本来ゆったりと大き目の鉢で育てるべきなのを、あえてムチャを承知で小鉢で持ち込んでいます。

 締めすぎると、花は咲かなくなります。今季は何とか咲いてくれましたが、コレがどうやら限界のようです。

 来季からは鉢を緩めて花数を増やすべく、一から作り直していこうと思います。

szk080219 018.01.jpg szk080219 016.01.jpg szk080219 015.01.jpg

■クリスマスローズ「恋むらさき ラジアータ」■
キンポウゲ科/草丈15cm/左右23cm/花径5cm/奥行き2.5cm/鉢;文五郎
posted by 豆狸 at 14:20| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キンポウゲ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

節分草@植付

szk080126 007.01.jpg            szk080126 014.01.jpg

 「福寿草 佐渡産」を買ったのと同じ種苗会社から購入した「節分草」(せつぶんそう)です。ポリポットの土が新しいので、出荷時にポリポットに移植されたことがわかります。

 芽が出ていませんから、根も動いていない休眠中なので、さっそくポットから出して一鉢にまとめて植え付けることにしました。

 ポットをひっくり返して、土を出してみてビックリ。「節分草」が入ってないではありませんか。気を取り直して、バットに土を均等に広げて再度見直して、やっと発見。

 赤玉土のゴロと、同じような色と形。コレでは気をつけないとホンと見落としてしまいます。残り2ポットもそう思って見て、無事発見。

 でもこの3個、いくら見ても芽の場所もわからない状態。転地さかさまでもしようがないので、3個を真ん中に集めて、浅目に植えて作業完了。

 節分の前後に咲くから「節分草」とよばれてるようですが、今年の節分は2月3日。どうもこの様子では、節分前後には咲きそうもないようです。

szk080126 017.01.jpg szk080126 019.01.jpg szk080129 001.01.jpg

■節分草■
キンポウゲ科/3球/鉢;4号信楽山野草鉢
ラベル:節分草
posted by 豆狸 at 07:49| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | キンポウゲ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

来年こそ

szk070309 004.01.jpg szk070421 006.01.jpg

 節分・雛祭と過ぎたのに、「韓国雛祭草」(かんこくひなまつりそう)が出てきません。

 この「韓国雛祭草」、添付されていた説明書によると、“韓国原産のセツブンソウで、日本産と比べて花が大きいのが特徴です。”とあります。だったら「韓国節分草」にしたらいいのに。

 それはさておき、「枯れたかな?」心配し始めた頃ようやく発芽。でも、どう見ても今年は咲きそうにありません。去年は一輪だけでも咲いてくれたのに、何とも残念。

 花は咲かなくても元気に葉を広げ、お日さんを一杯浴びて養分を蓄えています。それに球も増えたようで、葉が5枚出ています。

 丸の写真は、去年咲いたのを撮影した物です。来年こそ、この花が鉢一杯に咲いてくれるように、肥培して球も増やそうっと。

szk070421 007.01.jpg szk060223 0000.jpg

■韓国雛祭草■
キンポウゲ科/草丈4.5cm/左右9cm/鉢;お手製「珠鉢」

posted by 豆狸 at 19:22| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | キンポウゲ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

乙女姫立金花

szk070404 015.01.jpg szk070404 016.01.jpg

 陶芸の師匠のお店飾りや、花トモのプレゼント用として、豆狸が作った鉢に草物を寄せて作っていた、『花小鉢』(はなこばち)の一つから、「乙女姫立金花」(おとめひめりゅうきんか)が、咲きだしました。

 名前から、ずぅ〜と日本のものとばっかり思っていたら、今回調べて欧州原産とわかってビックリ。もっと詳しいことを知りたかた物の、これ以上わからなかったのが残念。今後も折に触れて追跡調査をしていきたいと思います。

 「乙女」・「姫」も、“小さい”って意味の形容詞。その言葉を二つも持ってる割には、そんなに小さいようには見えないのは、なぜなんでしょう?

 ちなみに、他に“小さい”ということで用いられる言葉としては、「屋久島」・「チャボ」・「達磨」なんて言うのもあります。

szk070408 031.01.jpg szk070408 032.01.jpg szk070408 030.01.jpg

■乙女姫立金花■
キンポウゲ科/草丈6cm/左右8cm/花径1.8cm/奥行き0.8cm/鉢;お手製の「椀鉢」
posted by 豆狸 at 09:41| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | キンポウゲ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

クリスマスローズ

szk070312 014.01.jpg szk070312 015.01.jpg

 クリスマスローズ「あでやかピンク」が、咲きました。これも「ホットルーベンス」と同じ、2年越しの開花です。

 洋花は余り手を出さない豆狸ですが、クリスマスローズに関しては、ある人からのお声がかりで挑戦することになりました。

 草樹を小鉢で持ち込んで、小さく作ることになれた豆狸のとっては勝手の違うことばかりでしたが、何とか花が咲いてくれて、ホッと一安心。

szk070312 009.01.jpg szk070309 011.01.jpg

 今後は、締めて持ち込むばかりではなくて、ゆるめだ持ち込むのにも慣れなくては。

■クリスマスローズ「あでやかピンク」■
キンポウゲ科/草丈25cm/左右32cm/花径4.5cm/奥行き3cm/鉢;信楽山野草鉢
posted by 豆狸 at 09:18| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キンポウゲ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

2年越し

szk070313 004.01.jpg szk070309 010.01.jpg

 風邪で鼻がズルズルの豆狸です。豆狸んちも2年越しで、クリスマスローズが咲きました。咲いたのは赤みの強い「ホットルーベンス」です。

 本当は去年咲かせて、信楽に持って行くつもりだったんですが、咲かなかったのでそのまま豆狸んちに、いることになってしまったのでした。

szk070312 010.01.jpg szk070312 012.01.jpg

 夏越しで葉焼けを起こさせてしまったので、葉が多少見苦しいことになってしまいましたが、今年はうまく夏越しさせて、来年は綺麗な葉と花のコントラストを楽しみたいと思っています。

■クリスマスローズ「ホットルーベンス」■
キンポウゲ科/草丈22cm/左右25cm/花径5cm/奥行き3.5cm/鉢;信楽山野草鉢
posted by 豆狸 at 09:19| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キンポウゲ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。