2007年05月07日

チョコモス

szk070505 019.01.jpg szk070505 017.01.jpg

 チョコモス「ノエルルージュ」が、またまた咲きました。ポットから出して、鉢に仮植した状態で3回目の開花です。咲くごとに花が、ちっちゃくなって行きます。

 “仮植した状態で冬を越し、翌年3月に植え替える”のだそうですが、植え替えようと思うと蕾が上がってきてタイミングがずれてしまいます。今回はこの花がすんだら、なんとしてでも植え替えよぉっと。

 コスモスは熱帯アメリカ原産の園芸植物で、メキシコからはスペインに渡り、1799年にイギリスに渡来して、明治初年に日本に入ってきました。和名の「アキザクラ」は忘れられたみたいですが、一番日本になじんでる洋花ではないのでしょうか?

szk070505 016.01.jpg szk070505 018.01.jpg

■チョコモス「ノエルルージュ」■
キク科/草丈34cm/左右15cm/花径4cm/奥行き1.5cm/鉢;お手製「三つ脚」


posted by 豆狸 at 10:55| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キク科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

草八手

szk070402 028.01.jpg szk070409 010.01.jpg

 八手つながりで「草八手」(くさやつで)です。芽が出てきたところは、まるでエイリアンかサナギです。

 そう見えたのは、葉の全面にモサモサと生えてる白綿毛のせい。成葉になると表面の綿毛は消えて緑色になって、綿毛は裏面にかすかに残ってる程度になります。

 これって「よもぎ」とおんなじ、ということはやっぱりキク科って言うことの証明になるのかなぁ?

 小鉢で持ち込んで7年。葉もコンパクトになり、可愛さ倍増。“草物盆栽”って、楽しいですねぇ★

szk070409 009.01.jpg szk070409 012.01.jpg

参考文献;『春の山野草と樹木512種』講談社

■草八手■
キク科/草丈3cm/左右6cm/鉢;岩風かわり鉢
 
ラベル:草八手
posted by 豆狸 at 14:58| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キク科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

チョコモス

 szk070214 001.01.jpg szk070215 005.jpg

 去年の10月に続いて、チョコモス「ノエルルージュ」ビックリの2度目の開花です。

 最初に咲いた花が終わり、12月中旬あたりからボチボチ葉が枯れ始めたので、枯れ葉・枯れ茎を掃除して年を越したのでした。

 地上部が枯れたら、覆土してやらねばと思っていたら、ある程度まで枯れてしまうと、そこでとまってしまい、しばらくすると蕾を持ち始めたではありませんか。その蕾たちが先週あたりから、にわかに咲き始めました。

 私としては開花のピークを撮影しようと、「もうチョッと・もうチョッと」と思っているうちに、ナメクジに花がやられてしまって、もうネタネタ。最後の一つで、何とか撮影に成功したのでした。

 最初に咲いたのと比べて見ると、二回りほど小さいですが、存在感のある花が、棚場でユラリ・ユラリとゆれています。

 今年の暖冬の影響で、このまま地上部は枯れずに春を迎えるのでしょうか?
posted by 豆狸 at 09:16| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キク科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。