2007年12月21日

大文字草「大白」

szk071219 009.01.jpg szk071219 010.01.jpg szk071219 015.01.jpg

 大文字草「大白」(だいもんじそう「たいはく」)の花が“こそっと”咲きました。

 “こそっと”というのは、見回ってるときはなかなか咲かないのに、見回らない日に限ってそれも目立たないように、葉に隠れるように咲いてるからです。

 葉っぱは綺麗な緑色で、表面の柔毛は白。軸は赤と緑の中間色の泥軸になっています。花色は綺麗な白で、雌しべの黄色と雄しべのやくのピンクがいいアクセントになっています。

 “大白”っていうのは“大きなさかずき”の意味ですが、この花からはなかなか想像しにくいので、単なる“白”つながりって考えたほうがいいのかもしれません。

szk071219 012.01.jpg szk071219 014.01.jpg szk071219 011.01.jpg

■大文字草「大白」■
ユキノシタ科/草丈5cm/左右13cm/花茎3cm/花径横1.2cm×縦1.5cm/奥行き0.5cm/鉢;文五郎


ラベル:大文字草 大白
posted by 豆狸 at 14:50| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大文字草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

大文字草「紅糸」

szk071130 002.01.jpg szk071130 003.01.jpg szk071201 024.01.jpg

 大文字草「紅糸」(だいもんじそう「べにいと」)の花が咲きました。花弁は紅色ではありませんが濃いピンクで、大の字のはねが大きく飛び跳ねていて、咲いてるのを喜んでるようです。

 葉っぱは赤色で縁取られているのですが、葉裏は緑色。葉裏が緑だと当然軸も緑かと思うと赤軸で、表面の柔毛にも赤いのが目立つといった具合で、今までのパターンが通用しなくなっています。

szk071201 025.01.jpg szk071201 027.01.jpg szk071201 029.01.jpg

■大文字草「紅糸」■
ユキノシタ科/草丈6cm/左右19cm/花茎9cm/花径横3cm×縦2.5cm/奥行き0.5cm/鉢;文五郎
ラベル:大文字草 紅糸
posted by 豆狸 at 06:54| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大文字草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

大文字草「桜姫」

szk071130 008.01.jpg szk071130 004.01.jpg szk071130 005.01.jpg

 濃淡のあるピンクに、雌しべの黄色がアクセントになった、小さくてかわいい大文字草「桜姫」(だいもんじそう「さくらひめ」)の花が咲きました。

 葉っぱにも微妙に斑が入っていて、葉裏の緑、軸は赤に緑の混じったような色の泥軸の、全体的にコンパクトにまとまった株です。

szk071130 009.01.jpg szk071130 011.01.jpg szk071130 007.01.jpg

■大文字草「桜姫」■
ユキノシタ科/草丈6cm/左右11cm/花茎8cm/花径横1.4cm×縦1.4cm/奥行き0.5cm/鉢;お手製の「正方鉢」
ラベル:大文字草 桜姫
posted by 豆狸 at 06:28| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大文字草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

大文字草「赤だるま」

szk071117 027.01.jpg szk071121 009.01.jpg szk071128 013.01.jpg

 持ち込みが長すぎたのか、花が開いても“大文字”にならずに扁平な感じが続いたのでやきもきしていたのですが、やっとこさ綺麗に開いた大文字草「赤だるま」です。

 扁平なときの方が、名前の「赤だるま」ぽいとは思うのですが、蕾のときのズングリと開いたときのズングリムックリした感じのほうで「赤だるま」になったようです。

 花は臙脂色の花弁に雌しべの黄色が鮮烈で、葉裏・軸ともに赤くてコンパクトにまとまった一株です。

szk071201 023.01.jpg szk071201 022.01.jpg szk071128 016.01.jpg

■大文字草「赤だるま」■
ユキノシタ科/草丈4cm/左右9cm/花径横2cm×縦2cm/奥行き0.5cm/鉢;お手製の「珠鉢」
posted by 豆狸 at 15:37| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大文字草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

裏紅大文字草

szk071117 028.01.jpg szk071121 012.01.jpg szk071127 003.01.jpg

 名前の通り、葉っぱも軸も赤い「裏紅大文字草」(うらべにだいもんじそう)が咲き始めました。よく見ると葉っぱの表面の柔毛にも、赤毛と白毛があります。

 白の花弁に雄しべのヤクの赤が、花火が開いたように綺麗です。こんな姿の可愛らしい大文字草ですが、残念なことに銘がなくて付いた名前が見たまんまの「裏紅大文字草」。

 せめて「花火」ぐらいつけても良かったのにと思うのですが…。ということで、豆狸が勝手に「花火」って、銘名することにしました。とはいっても豆狸ンちだけのことですが。

szk071127 005.01.jpg szk071127 004.01.jpg szk071127 007.01.jpg

■裏紅大文字草■
ユキノシタ科/草丈4.5cm/左右16cm/花径横1.2cm×縦2cm/奥行き0.5cm/鉢;文五郎
posted by 豆狸 at 07:40| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大文字草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

大文字草「雪渓」

szk071104 017.01.jpg szk071117 017.01.jpg szk071117 019.01.jpg

 一気に寒くなってきたせいで、冬越し準備に大慌ての豆狸です。その反面、色んな蕾もふくらんできているのが、嬉しいです。今年は厳冬になりそうなので、去年組み立てなかった簡易温室を出さなくては。

 青軸のスッキリとした株で、花もきれいな 大文字草「雪渓」(だいもんじそう「せっけい」)が咲き始めました。

 花はクリーム色コンパクトで可愛らしいのですが、惜しむらくは雄しべのヤクの色のせいで、枯れ始めたみたいに見えるのが残念です。

 雌しべの子房部分の色が変わって、ふくらんできているのがあります。うまく結実してくれればいいのになぁ。

szk071117 021.01.jpg szk071117 008.01.jpg szk071117 022.01.jpg

■大文字草「雪渓」■
ユキノシタ科/草丈4cm/左右8cm/花径1cm/奥行き0.5cm/鉢;お手製の「タコ鉢」
ラベル:大文字草 雪渓
posted by 豆狸 at 08:49| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大文字草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

華娘@2回目

szk071107 002.01.jpg szk071115 012.01.jpg szk071117 023.01.jpg

 大文字草「華娘」(だいもんじそう「はなむすめ」)が、春に続いて今年2回目の開花です。

 桃色の可愛らしい花が、木枯らしに揺れています。葉裏や軸の赤色がそのまま表の縁取りになってる、綺麗な葉っぱです。

 大文字草は、同じ株で花を咲かせていると、株が痩せて年々花数が少なくなってきます。そこでタネを播いて、実生で更新します。

 2〜3年前から見苦しいのですが、花が咲いたのをそのままにしておいて、結実させようと思っていたのですが、どうもうまくいきません。

 今年こそはと思いながら、鉢を良く見てみると、小さい双葉がポツポツと出ているではありませんか?あ〜、又なんかの飛び込み苗やなぁ、抜かなあかんなぁ≠ニ思っているうちに本葉が出てきました。

 あれぇっ?! ちっチャイけど、ちゃんと大文字草と同じではありませんか! これって、大文字草? いつの間にタネを播いたのでしょうねぇ〜?

szk071117 026.01.jpg szk071117 025.01.jpg szk071117 004.01.jpg

■大文字草「華娘」■
ユキノシタ科/草丈3cm/左右6cm/花径縦2cm×横1.5cm/奥行き0.8cm/鉢;お手製の「タコ鉢」
ラベル:華娘 大文字草
posted by 豆狸 at 07:15| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大文字草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

伊予の華

szk071115 007.01.jpg szk071115 009.01.jpg szk071115 010.01.jpg

 本日、朝の気温6.6℃。一気に寒くなってきた棚場で、ホッと心あたたかい思いにさせてくれる 大文字草「伊予の華」(だいもんじそう「いよのはな」)です。

 上から見るとこんもりとした緑色の玉、下から見ると葉柄・葉裏が赤が広がる、まったく印象の違う大文字草です。

 華やいだ桃色の花弁が可愛らしいのですが、良く見ると雄しべの一部が花弁化しています。このまま何代か持ち込んだら、最後には八重咲きになるのでしょうか?

 この株も小鉢で持ち込んでいるので、カチッとしたいい株になったのですが、花数から見てもそろそろ植え替え時かもしれません。

szk071110 010.01.jpg szk071115 008.01.jpg szk071116 005.01.jpg

■大文字草「伊予の華」■
ユキノシタ科/草丈5cm/左右11cm/花径縦2.5cm×横2cm/奥行き0.5cm/鉢;お手製正方鉢
posted by 豆狸 at 07:09| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大文字草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

大文字草「黒峰」

szk071104 016.01.jpg szk071107 001.01.jpg szk071109 003.01.jpg

 寒くなってきた棚場で、パッと花火が開いたみたいにひときわ鮮やかに目に飛び込んでくる 大文字草「黒峰」(だいもんじそう「こくほう」)です。

 小さい株の割には、ビックリするほど大きな花。この大きな花を、呆れるほど細い花茎で支えているのは、ほんとに不思議な光景で見ようによっては、宙に浮いてると錯覚するほどです。

 名前に“黒”の字が付いてるので、本来花色は黒に近い葡萄色(えびいろ)になると思うのですが、持ち込みのせいで“先祖返り”をおこしたのか、鮮やかな躑躅色になりました。

 小鉢で締めて4年。株はカチッと硬く締まっていいのですが、どうしても花数が少なくなります。そろそろ鉢の緩める時が来たようです。

szk071110 004.01.jpg szk071110 003.01.jpg szk071110 005.01.jpg

■大文字草「黒峰」■
ユキノシタ科/草丈4cm/左右7cm/花茎8cm/花径5cm/奥行き0.5cm/鉢;お手製撫角正方鉢
ラベル:大文字草 黒峰
posted by 豆狸 at 07:30| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大文字草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

飛び込み苗

szk071023 012.01.jpg szk071027 005.01.jpg

 吊り鉢の下にある棚場の鉢には、吊り鉢の“こぼれ種”が飛び込んで、知らず知らずのうちに色んなのが芽を出しています。

 そんな“飛び込み苗”ばかりを集めて、一鉢にまとめてみました。集まったのは、「大文字草」・「屋久島こなすび」・「菫」の3種類。

 この時点では、名前がわからず「大文字草」としましたが、今回花が咲いたことによって、「小雀」(こすずめ)とわかりました。

 この「小雀」、残念ながら親株のほうは枯れてしまったので、たった一株残った忘れ形見ということになります。

 「小雀」はカタログによると、“濃赤色の多弁咲き、小輪。カスミソウのように花が群がって着き、華やかさを演出。性質強健で栽培容易”とあります。

 “飛び込み苗”として残っていた「小雀」には、何か特別な物を感じずにはいられません。大事に持ち込んで、来季はもっとたくさんの花が咲くように世話をしなくては。

szk071027 008.01.jpg szk071027 009.01.jpg

■大文字草「小雀」■
ユキノシタ科/草丈3.5cm/左右7cm/花茎8cm/花径2.6cm/奥行き0.5cm/鉢;文五郎
ラベル:大文字草
posted by 豆狸 at 08:09| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大文字草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

時季はずれ

szk070514 011.01.jpg szk070514 012.01.jpg

 またまた大文字草が咲きました。今回は「黒峰」(“こくほう”って、よむのかなぁ?)。大文字草は本来秋に咲くのですが、時季はずれの今頃咲くと「ナンかあるのかなぁ?」と、かえって不安になります。

 草樹が時季はずれに咲いたりする場合、生命の危機を感じて未来に子孫を残すべしで開花して枯れるケースがよくあるので、じっくりと鉢を観察です。

 株は小さいといってもカチッとしてて、葉も元気そうで別に問題なく、しいていえば飛び込みの「如意菫」が我が物顔に振舞っているのが気になるくらい。

 詳しいことはわからないものの、直接的な生命の危機が原因ではなくて、温度差や日照時間で秋と勘違いして慌てて咲いたようです。

 株が元気なのが一番なので、このまま注意して経過を見守って生きたいと思います。

szk070514 014.01.jpg szk070514 015.01.jpg szk070514 013.01.jpg

■大文字草「黒峰」■
ユキノシタ科/草丈5cm/左右7cm/花径5cm/鉢;お手製「撫角正方鉢」
ラベル:黒峰 大文字草
posted by 豆狸 at 06:42| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大文字草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

華娘

szk070415 027.01.jpg szk070415 029.01.jpg

 大文字草「華娘」(はなむすめ)が、咲きました、それも一輪だけ。大文字草にしては珍しく、花茎もなくて地際に咲いていたので、見つけるのが遅くなってしまいました。

 気候不順でこうなったのかわかりませんが、普通ではないことは確かです。この後どうなるか、心配なところです。

szk070415 028.01.jpg szk070419 008.01.jpg

■大文字草「華娘」■
ユキノシタ科/草丈7cm/左右10cm/花径1.5cm/鉢;お手製の「タコ(八角)鉢」
ラベル:大文字草 華娘
posted by 豆狸 at 15:29| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大文字草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今頃咲く?

szk070415 010.01.jpg szk070415 012.01.jpg 

大文字草「かぐやひめ」が、咲きました。でも今は春。こんなんで、秋大丈夫なんでしょうか?

 “花つきがすばらしく、多花性で花もちもよい最新品種(当時)です。普通種より暑さに強く、ふんわりとして八重咲き種で、大文字草のイメージを一新する美しい一品

 とのカタログのキャプション通り、看板に偽りなし。次々と花茎を持ち上げています。これに後一つ、“小鉢の持ち込みに耐える”が付け加えられると思います。

 豆狸お手製の「椀鉢」に納まって4年。花が終わっても綺麗な葉っぱで、気持ちを和ませてくれます。

 花が済んだら、植え替えよっかなぁ。

szk070415 011.01.jpg szk070415 013.01.jpg

■大文字草「かぐやひめ」■
ユキノシタ科/草丈7cm/左右9cm/花茎10cm/左右17cm/花径1.5cm/鉢;お手製の「椀鉢」
posted by 豆狸 at 10:50| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大文字草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。