2008年04月22日

ニューベビー@開花

szk080413 017.01.jpg szk080413 027.01.jpg szk080413 028.01.jpg

 “水仙グループ”の最後を飾って、房咲き芳香水仙「ニューベビー」が、咲き始めました。今年もカタログにあった“白弁に黄カップ”は確認できずに、花は黄色一色。

 去年の同じ時期のブログにも書いた、“ごく普通の「におい水仙」にしか見えません”を確かめるべく、再度現物確認。

 「におい水仙」と突き合わせてみても、草丈が3分の2というだけでほとんど変わりません。遺伝子レベルのことはわかりませんが、外見的には「におい水仙」の矮性種にしか見えません。

 来季、新たに「ニューベビー」の球を購入してみてホンとに“白弁に黄カップ”になるかどうか、確かめてみたいと思います。

szk080413 033.01.jpg szk080413 031.01.jpg szk080413 029.01.jpg

■房咲き芳香水仙「ニューベビー」■【New Baby】
ヒガンバナ科/草丈22cm/左右14cm/花径3.5cm/奥行き4cm/鉢;7号信楽山野草鉢


posted by 豆狸 at 07:15| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水仙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

におい水仙@開花

szk080326 002.01.jpg szk080329 004.01.jpg szk080329 002.01.jpg

 今年は、過去最多の「におい水仙」(においすいせん)の花が咲きました・咲きました・咲きました。ですから、においます・においます・においます。

 豆狸ンちの内も外も、このにおいで満たされています。においに色があるなら、豆狸ンち周辺だけにおいの色で塗りつぶされています。

 花をよく見ると、一般的な水仙よりもカップが小さいです。カップの長さが花弁の長さの3分の1以下なので、“小カップスイセン”【Small‐cupped Daffodil Cultivars】に分類されています。

 でもそのにおいもピークを過ぎたみたいで、さすがに薄くなってきたようです。そろそろ来季に向けて肥培して、球をさらに増やさなくちゃ。

 目指せ、800球。

szk080329 003.01.jpg szk080329 007.01.jpg szk080329 001.01.jpg

■におい水仙■
ヒガンバナ科/草丈30cm/左右10cm/花径3.5cm/奥行き3cm/鉢;7号信楽山野草鉢×11鉢
ラベル:におい水仙 水仙
posted by 豆狸 at 05:29| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水仙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

デックウェルデン@開花

szk080326 010.01.jpg szk080326 011.01.jpg szk080326 015.01.jpg

 去年に続いて、今年も八重咲水仙「デックウェル」が、咲き始めました。鉢で育てる限界なんでしょうか、花数が減ってきたうえに株も一回りちっちゃくなったようです。

 蕾は球の数と同じくらい上がってきてるのですが、なかなか全部開きそうにありません。水不足って言うよりも、詰めて植え込みすぎて体力が落ちてるみたいです。

 今からは、来季に備えて肥培して体力をつけさして、植えつけるときは鉢を大きくするか、鉢数を増やすしかないようです。

szk080326 013.01.jpg szk080326 012.01.jpg szk080326 014.01.jpg szk080326 016.01.jpg

■八重咲水仙「デックウェルデン」■
ヒガンバナ科/草丈34cm/左右10cm/花径10cm/奥行き5.5cm/鉢;7号信楽山野草鉢
posted by 豆狸 at 05:54| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水仙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

バルボコ.@開花

szk080326 003.01.jpg szk080326 004.01.jpg szk080326 005.01.jpg

 去年の4月3日のブログで、来季は、なんとしても復活しなくちゃ≠ニ心に誓った、小型の水仙「バルボコデューム・ゴールデンベル」が、咲きました。

 “植えっぱなしでも、とても丈夫”と言われてるのに失敗してしまった前回、球を掘り起こしてみても充実しているのが少なく、今季新しい球を補充して植え付け。

 今季咲いたのが、新しい球なのか、以前からの球なのかわかりませんが、葉の状態もよく、花数も多いので、今季の花数を基準にして、花数を増やしていきたいと思っています。

 けど水仙って、みんな指示されたみたいに、おんなじ方向きますねぇ。

szk080326 009.01.jpg szk080326 008.01.jpg szk080326 007.01.jpg

■水仙「バルボコデューム・ゴールデンベル」■
ヒガンバナ科/草丈11cm/左右7cm/花径1.8cm/奥行き3.3cm/鉢;7号信楽山野草鉢
posted by 豆狸 at 05:42| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水仙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

ピンパネル@開花

szk080323 019.01.jpg szk080323 021.01.jpg szk080323 023.01.jpg

 前回登場した「テターテート」と一緒に植えた、水仙「ピンパネル」が咲き始めました。背の高い「ピンパネル」、その足元を小柄な「テターテート」がさりげなくカバーしています。

 この取り合わせ、偶然数の少なかった物どうしを寄せ植えしただけなのに、結構バランスのいい組み合わせになっています。

 ビックリの瓢箪から駒。いい一鉢が出来ました。

szk080323 024.01.jpg szk080323 025.01.jpg szk080323 022.01.jpg

■水仙「ピンパネル」■
ヒガンバナ科/草丈30cm/左右12cm/花径8cm/奥行き6cm/鉢;7号荒泥吹鉢
posted by 豆狸 at 06:49| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水仙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

テターテート@?

szk080321 032.01.jpg szk080321 033.01.jpg szk080321 034.01.jpg

 水仙の一番手として、「テターテート」が咲き始めました。去年も咲いたのでその時のブログを見てビックリ、名前が「テータテート」。名前が微妙に違う物の、写真は一緒。

 気になるので調べてみると、名前の由来は“向かい合った、二人きりで”・“差し向かいで”・“内緒話”・“密談”というの意味のフランス語【tête-a-tête】(テテ・ア・テテ)。

 ちょうど咲いてる様子が、伏し目がちに顔を寄せ合って、ささやいてるように見えるところから付けられたようです。

 原因は、【tête-a-tête】の日本語表記が会社によってまちまちになっていて、統一されていないということがわかりました。

 ちなみに、わかっただけで「テターテート」・「テータテート」・「ティタテート」・「テタテイト」・「ティタティタ」・「ティタテタ」。コレが全部おんなじ物。

 豆狸としては、語呂のいい「テターテート」に統一しようと思っているのですが、こうゆうのって、チャンと統一して欲しいですよね。

szk080321 038.01.jpg szk080321 039.01.jpg szk080321 037.01.jpg

■水仙「テターテート」■
ヒガンバナ科/草丈13cm/左右5cm/花径3.5cm/奥行き2.5cm/鉢;7号信楽山野草鉢
posted by 豆狸 at 05:33| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水仙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

来年が怖い

szk071104 018.01.jpg szk071104 020.01.jpg szk071104 019.01.jpg

 棚場と違ってベランダに吊り下げてるせいで、ついつい見るのがおろそかになっていた「におい水仙」を見てビックリ。赤い網の袋から、芽がニョキニョキ顔を出してるではありませんか。

 このまま放っておくわけにもいきませんので、急遽植えつける事に。芽を折らないように、慎重に袋から出します。取り出してみると3分の1近くが芽を出しています。

 以前ブログにも書いた、“ひょっとしたら今年の掘り上げでは、500球を越えるのでは?”ということもあるので、あらためて数えてみることに。

 結果は、大球(おおだま)85球・中球(ちゅうだま)338球・小球(こだま)183球の合計606球。

 球に無理をお願いして詰め詰めに植えつけてみても、鉢が9鉢から11鉢に増えてしまいました。置き場所、限界状態。

 近くに花トモがいたら、あげるのになぁ。このままあげずに、この調子で殖えていくとしたら…、来年が怖い。

■におい水仙■
ヒガンバナ科/大球85球+中球338球+小球183球/鉢;7号信楽山野草鉢×11鉢
ラベル:水仙 におい水仙
posted by 豆狸 at 08:23| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水仙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

疑問

szk070408 001.01.jpg szk070408 002.01.jpg

 たぶん豆狸んちでは、水仙グループの最後のなると思われる房咲き芳香水仙「ニューベビー」が、咲き始めました。

 名前に“房咲き”と冠があるのに、そうでもないし、カタログの解説には“白弁に黄カップ”とあるのに、黄色一色。

 だから写真を見ると雌しべが飛び出してるだけで、ごく普通の「におい水仙」にしか見えません。

 「世話のしかたが、悪かったのかなぁ?」と思いつつも、「球が間違ってた?」の疑問も残ります。

 花後、お礼肥をあげて、肥培して、地上部が枯れて掘り上げ。秋に植えつけて、来季花を見たら原因がわかると思います。

szk070408 003.01.jpg szk070408 004.01.jpg

■房咲き芳香水仙「ニューベビー」■
ヒガンバナ科/草丈35cm/左右20cm/花径4cm/奥行き4cm/鉢;7号信楽山野草鉢
posted by 豆狸 at 14:33| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水仙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

バルボコデューム

szk070402 003.01.jpg szk070402 004.01.jpg

 小型の水仙「バルボコデューム・ゴールデンベル」が、咲きました。
 
 去年は元気よくたくさん咲いてくれたのに、今季はいつもどうり植えつけたのに、出てきた葉っぱが次々と黄色くなりってビックリ。

 最初は「限られた球だけかなぁ?」と思っていたら、全体に広まってしまい、「土が悪かった? 水やり? 虫? 置き場所? …。」と次々と疑問はわくものの、チャンとした原因がわからないので、具体的な対策を立てることも出来ず困惑するばかり。

 枯れていく葉っぱが日ごと増す中、一部は踏ん張って青い葉っぱを保ってくれています。全滅という最悪の事態を何とか回避した一つが、健気にも一つだけ濃い黄色の花をつけてくれました。

 ありがとう。それ以外に言葉もありません。何も出来なかった豆狸に、咲いてくれたやさしさに感謝。来季は、なんとしても復活しなくちゃ。

szk070402 005.01.jpg szk070402 007.01.jpg

■水仙「バルボコデューム・ゴールデンベル」■
ヒガンバナ科/草丈18cm/左右15cm/花径3.5cm/奥行き3.5cm/鉢;7号信楽山野草鉢
posted by 豆狸 at 07:17| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水仙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

マンリー

szk070324 012.01.jpg szk070324 011.01.jpg

 やわらかい白に近いクリーム色の花色に、黄色いしべとの上品なコントラストと、豪華な八重咲きが絶妙なバランスの水仙「マンリー」が咲き出しました。「におい水仙」ほどではないですが、そこはかと香ります。

 葉が広がってしまわないように、18cmの高さにガードを作っていたのですが、花が開くに従って重たそうに頭を下げるので、再度花用に34cmの高さに2.5φアルミ線で輪っかを作って、3φのアルミ線4本で支えるようにして、サポート完了したのでした。

 作業中、鉢の縁に沿って、アルミ線の支柱を立てるとき、球を串ざしにしてしまわないかと、下にばかり意識を集中していたので、誤って上にあった蕾を一つ落としてしまったのには、返す返すも残念。う〜んっ、もったいない!!

szk070324 014.01.jpg szk070324 013.01.jpg

 落ちた蕾を水を入れた小鉢に浮かせると、ゆっくり1枚1枚と開いていき、2日後に満開。植物の生命力の強さに、改めて感心したのでした。

■八重咲水仙「マンリー」■
ヒガンバナ科/草丈42cm/左右15cm/花径8cm/奥行き5cm/鉢;7号信楽山野草鉢
ラベル:マンリー 水仙
posted by 豆狸 at 06:26| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水仙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

ピンパネル

szk070324 006.01.jpg szk070324 010.01.jpg

 水仙の「ピンパネル」が咲き始めました。鮮やかな黄色の花弁にオレンジのカップという、綺麗なコントラストの花です。

 一輪咲いてるだけで、その場が華やかになり、一鉢いっぱいに咲き始めるとその華麗なこと。

szk070324 008.01.jpg szk070324 009.01.jpg

 豆狸んちでは、水仙を一鉢ごとに1種類ずつ作っています。ただ今それぞれの鉢が花のピークを迎えていて、どれからアップするか迷うところです。

■水仙「ピンパネル」■
ヒガンバナ科/草丈40cm/左右15cm/花径9cm/奥行き6cm/鉢;7号信楽山野草鉢
ラベル:ピンパネル 水仙
posted by 豆狸 at 07:35| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 水仙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

増えに増えて

szk070321 004.01.jpg szk070321 006.01.jpg

 「におい水仙」が笑い始めました。平成3年に、母のお友達から10球いただいたのが、5年後の平成8年には24球。平成13年には、97球。ナンと平成18年には、増えに増えて440球。ひょっとしたら今年の堀り上げでは、500球を越えるのでは?

 豆狸んちでは、水仙も鉢植えですので、植えっぱなしにしておくと、球が痩せてなくなってしまいますので、毎年掘り上げ・陰干し・植え付けをしています。

 去年、大球(おおだま)・中球(ちゅうだま)・小球(こだま)と分けて、各3鉢づつ合計9鉢に植えつけました。

 やっぱりというか、当然というか、花をつけるのは大球鉢が圧倒的に多くて、中球鉢ではポツ程度で、小球鉢では葉っぱだけです。

 花後、大球は分球して中球・小球になって、中球が大球に小球が中球に順繰りに大きくなっていくと思います。

szk070319 018.01.jpg szk070319 017.01.jpg

 さすがに「におい水仙」、一輪咲くだけであたりにそこはかとなく爽やかな香が立ち込め、一鉢玄関に入れるだけで、春爛漫。このにおい、好ッきゃなぁ〜。

■におい水仙■
ヒガンバナ科/草丈30cm/左右10cm/花径3.5cm/奥行き3cm/鉢;7号信楽山野草鉢
ラベル:水仙 におい水仙
posted by 豆狸 at 08:33| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水仙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

デックウェルデン

szk070318 006.01.jpg szk070318 007.01.jpg 

 とにかくデカイ・豪華・迫力の、三拍子そろった水仙の「デックウェルデン」が咲き出しました。

 頭が大きすぎて重たいので、どうしてもお辞儀してしまいます。別に水面に映った自分の顔を、見てるわけではなさそうです。

 茎が耐え切れずに倒れても嫌なので、2・5φのアルミ線でガードを作って、広がらないようにサポートします。

 日がな一日眺めていても飽きない、副冠・雄しべ・雌しべが花弁に変化した八重咲き水仙。ただただ感心するばかりです。

szk070222 011.01.jpg szk070318 005.01.jpg

■八重咲水仙「デックウェルデン」■
ヒガンバナ科/草丈40cm/左右12cm/花径10cm/奥行き5cm/鉢;信楽山野草鉢
posted by 豆狸 at 08:32| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水仙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

テータテート

szk070227 005.01.jpg
 
 水仙の二番手として、「テータテート」が咲き始めました。ズングリムックリの割には大きな花。これで香があれば、申し分ないのに。

szk070227 007.01.jpg szk070227 004.01.jpg

 次に咲くのが多分「デックウェル」、その次は「マンリー」か「ピンパネル」。後はドングリの背比べで横一線ってトコでしょうか。

 一番に咲き始めた「ゴールデンレイン」は、ただ今満開。回り一面に、いい香を振りまいています。日々黄色に包まれてく、豆狸んちでした。

■水仙「テータテート」■
ヒガンバナ科/草丈10cm/左右9cm/花径4.5cm/奥行き2cm
posted by 豆狸 at 10:43| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水仙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

水仙

 水仙の一番手として、「ゴールデンレイン」が咲きました。

szk070216 008.01.jpg

 球が大きくて、「鉢、小さかったかなぁ?」と心配してたのですが、豆狸の心配をよそに、芽出しも早く、成長もビックリするほどで、アッとゆうまの開花です。

 花は小ぶりですが、八重とゆうか千重咲きに近い感じで多花性、花茎一つに十前後の花が、押し合いへしあい咲いてますので、その見事なこと。香も上品で、穏やか。

szk070216 012.01.jpg szk070216 011.01.jpg

szk070216 010.01.jpg

 その分花が多すぎて重いので、重さに耐えかねて花茎がお辞儀しそうなのと、春風が強いので振り回されそうなので、早い目に輪っか(ガード)をしようと思っています。

 眼に鮮やかな黄色い花。豆狸にとって黄色は、早春の色です。
posted by 豆狸 at 08:21| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水仙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。