2009年11月21日

白花対決

 今季も咲いてくれた「山茶花」(さざんか)2種。「白寒椿」(しろかんつばき)と「姫白菊」(ひめしらぎく)の白花対決です。

 どちらも同じ“カンツバキ群”で花の大きさ雰囲気も似ているように見えますが、よく見ると微妙に違います。

 両方とも世話がいき届かなかったせいもあって、樹姿がだいぶ乱れてきています。来年はしっかりと剪定して、切った枝は挿し木して殖やしてみたいとおもいます。

 優劣つけがたい2品種。綺麗に咲いてくれて、ありがとう。

■山茶花「白寒椿」■【Camellia sasanqua“shiro-kantsubaki”】 ツバキ科
szk091115 048.01.jpg szk091115 049.01.jpg szk091115 054.01.jpg

■山茶花「姫白菊」■【Camellia sasanqua“Hime-shiragiku”】 ツバキ科
szk091115 056.01.jpg szk091115 057.01.jpg szk091115 062.01.jpg

◆昨日のテロリスト・ニュース◆
 門柱で撮影をしていると、豆狸に気付かなかったのか堂々と門扉から侵入を図ろうとするテロリスト。
 豆狸に気付き慌てて遁走した物の、身体は皮下脂肪を溜め込んで丸々。今日はじめて気付いた、尻尾もなぜか丸々??
 それにしても、油断も隙もあったもんじゃない。ホンと気をつけなければ。

●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

 代わりに『豆狸の書き込み寺』を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但しコメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、否認または削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。


posted by 豆狸 at 04:54| 大阪 ☁| 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

チョッとおかしい

szk091115 039.01.jpg szk091115 041.01.jpg szk091115 046.01.jpg

 今年も、プロテスタント系キリスト教会が運営する保育園の経営者夫人の名前が冠された、洋種系の山茶花「ビートリスエミリー」が咲き始めました。

 蕾を確認したときから、今か今かと開くのを待っていたのですが、開き方がどうもおかしいので、置き場所から引っ張り出してみました。

 写真からでもわかる通り、置き場所のせいか? 蕾に問題があったのか? 何かに引っかかったのか蕾が完全に開ききらず、片一方に引っ張られたような感じです。

 満開したときの花が見事なだけにこの状態は残念ですが、これはこれなりに“抱え咲き”って思うことで楽しんでいます。

 それにしても、こうなったのは先天的理由からか、それとも後天的理由からか理由がハッキリしない所が困りもの。来季はこの辺をしっかりと、確認していかなくては。

 とはいえ、精一杯咲いてくれてありがとう。

szk091115 043.01.jpg szk091115 042.01.jpg szk091115 045.01.jpg

■山茶花「ビートリスエミリー」■【Camellia sasanqua“Beatrice Emily”】
ツバキ科

◆昨日のテロリスト・ニュース◆
 今週豆狸は、一般回収ゴミの“網当番”。その網を広げてみてビックリ、一箇所ポッカリと穴があいてるではありませんか。猫が噛んだ痕です。
 こんな丈夫な網を噛み破るなんて、この調子で豆狸ンちもやられては叶いません。目立った動きは認められないとしても、気をつけなければ。

●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

 代わりに『豆狸の書き込み寺』を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但しコメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、否認または削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。

posted by 豆狸 at 04:46| 大阪 ☔| 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

丁子車

szk091107 001.01.jpg szk091107 003.01.jpg szk091107 002.01.jpg

 今季は超目立つ感じで咲いてくれた、山茶花「丁子車」(ちょうじぐるま)です。

 去年までは優しいピンク地に白のぼかしが入っていたのですが、今季はぼかしがわからないくらい鮮やかなピンクで、一際際立っています。

 ましてや例年1輪だったのが今年は2輪、それも背中合わせで咲いているので、花の大きさとも相まって、お互いかなり苦しい格好になっています。

 長年鉢を締めてきてたので、来季は鉢をひとまわり大きくしてやって、もうチョッと幹を太くしたいと思ってる豆狸でした。

 咲いてくれて、ありがとう。

szk091107 004.01.jpg szk091107 005.01.jpg szk091107 008.01.jpg
szk091107 009.01.jpg szk091107 007.01.jpg szk091107 006.01.jpg

■山茶花「丁字車」■【Camellia sasanqua“Cyouji-guruma”】
ツバキ科

◆昨日のテロリスト・ニュース◆
 本日は痕跡も何も無し。この平穏が続きますように。

●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

 代わりに『豆狸の書き込み寺』を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但しコメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、否認または削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。


posted by 豆狸 at 04:55| 大阪 ☀| 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

山茶花2種

 どうも豆狸の悪い癖で、一つのことをやり始めるとそればっかり続けてしまいます。ご他聞に漏れず、最近は植え替えのブログばかりが目に付きます。

 植え替えは豆狸自身は楽しい物の、樹種は変わっても工程的にはほとんど変化がありませんので、気付けば代わり映えしない絵面が続いてしまっています。

 棚場・置き場では花たちも咲いているわけで、今後は上手く花と各種作業を織り交ぜてアップするように心がけようと思います。

 で、今回は山茶花・椿の先陣を飾って咲いてくれた山茶花2種。

 山茶花「乙女」;カンツバキ系で、昭和30(1955)年頃から関西を中心に出回り始めた品種です。
szk091103 012.01.jpg szk091103 013.01.jpg szk091103 017.01.jpg

 山茶花「緋乙女」;カンツバキ系で、昭和25(1950)年頃から池田や宝塚から出回り始めた品種で、別名「紅乙女」・「昭和の誉」・「御幸」とも呼ばれています。
szk091031 001.01.jpg szk091031 003.01.jpg szk091031 004.01.jpg

参考文献;『日本ツバキ・サザンカ名鑑』誠文堂新光社

■山茶花「乙女」・「緋乙女」■【Camellia sasanqua“Otome”・“Hi-otome”】
ツバキ科

◆昨日のテロリスト・ニュース◆
 本日も何も無し。この平穏が続きますように。

●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

 代わりに『豆狸の書き込み寺』を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但しコメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、否認または削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。

posted by 豆狸 at 05:02| 大阪 ☀| 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

まだまだ

szk090529 001.01.jpg szk090529 005.01.jpg szk090529 004.01.jpg szk090529 009.01.jpg 

 2月25日のブログにも書いた「浜姫榊」(はまひさかき)の実の今の状況です。

 まだ二鉢とも、まだまだ臙脂色の小さくて硬そうな物から、鮮やかな緑色で充分にふくれたのや、その中間の状態の物が千差万別さまざまな状態ですが、嬉しいことにまだ枝にしっかりと付いています。

 この鉢の方がふくれているのが多くて、きれいです。もう一鉢は圧倒的に臙脂色の硬そうなのが多いです。同じ場所においていても、かなり成長具合が違います。

 この先グリーン色の実は熟れて色が変わるのか、まだまだ大きくなるのか、どうなるのか、まだまだ眼が離せない「浜姫榊」です。この実、メチャメチャ可愛いですよ。

szk090529 007.01.jpg szk090529 008.01.jpg szk090529 010.01.jpg

■浜姫榊■【Eurya emarginata】
ツバキ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:51| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

一人で剪定

szk090524 001.01.jpg szk090524 002.01.jpg szk090524 003.01.jpg

 5月16日のブログに書いた、地植え椿「宝珠砂子」(つばき「ほうじゅすなご」)。去年、一昨年と剪定が出来なかったので、思い切ってすることに。

 例年の強剪定だと花数が少ないので、多少樹高は大きくなるとしても今回より軽い目の剪定にすることにしました。

 いつもなら地植え椿「宝珠砂子」の剪定をするときは、母狸と二人で樹を挟んで立って、裏表両方から見ながら剪定をしていきます。

 二人ですると早く済む作業も、一人ですると、作業効率も悪く時間もかかりまったくはかどりません。それでも母狸と一緒にやっていたときのことを思い出しつつ、ようやく完成。

 ぱっと見、あまり変わったようには見えませんが、剪定した枝を集めると45リットルのゴミ袋半分ほどになりました。

szk090524 004.01.jpg szk090524 005.01.jpg szk090524 006.01.jpg

■椿「宝珠砂子」■【Camellia japonica“houju-sunago”】
ツバキ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:51| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

最後の1輪

szk090515 001.01.jpg szk090515 002.01.jpg szk090515 003.01.jpg

 5月4日のブログに書いた、地植え椿「宝珠砂子」(つばき「ほうじゅすなご」)、最後の1輪が咲きました。吹きかけ絞りの一般的な花ではなくて、色変わりの赤い方が咲いています。

 今季落蕾数は何と、139個。ここまで書いてハタと気付いたのが、落ちた蕾ばかりじゃなくて、落花数も数えていたらよかったということ。そうすれば、全部咲いた時の花数がわかったのにと、悔やむこと仕切りです。

 何事に関しても、一つすれば、一つ抜けている豆狸。コレを教訓に来季は、落蕾数と落花数の両方をカウントしようと思います。

 なんで、最初から気ぃ付かんのかなぁ?

szk090515 005.01.jpg szk090515 004.01.jpg szk090515 006.01.jpg


■椿「宝珠砂子」■【Camellia japonica“houju-sunago”】
ツバキ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:37| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

「宝珠砂子」満開

szk090503 001.01.jpg szk090503 002.01.jpg szk090503 005.01.jpg

 3月28日のブログに書いた、地植え椿「宝珠砂子」(つばき「ほうじゅすなご」)が、只今満開です。

 今のところ嘘みたいですが、蕾のまま咲かずに落ちた落蕾数全部で111個。それでこれだけ咲くのですから、一体今季いくつ蕾をつけたのでしょう? 単純に見積もっても、300近いんじゃないのかな?

 長く枝につけていても樹に負担がかかるので、花弁が少しでも色が変われば、早めに花を摘むようにしています。

 それにしても今季は、例年に比べて吹きかけ絞りの入らない赤花の咲く率が高いのに、ビックリ。

szk090503 003.01.jpg szk090503 007.01.jpg szk090503 008.01.jpg

■椿「宝珠砂子」■【Camellia japonica“houju-sunago”】
ツバキ科

咳やみて 代わりに節々 悲鳴上げ

椿「宝珠砂子」落蕾数;6個(累計111個)

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:48| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

椿「宝珠砂子」

szk090327 001.01.jpg szk090327 002.01.jpg szk090327 006.01.jpg

 豆狸ンちで唯一の地植え椿「宝珠砂子」(つばき「ほうじゅすなご」)が、過去最高の数の蕾をつけています。

 全部がいっせいに咲き始めたら樹もしんどいやろなぁと思っていたら、やっぱり蕾を落とし始めました。

 落としすぎても困るし、全部咲いても心配だし、樹に任せるしかないのが気がかりです。今年は何個落とすやら、数をチェックしていきたいと思います。

szk090327 003.01.jpg szk090327 004.01.jpg szk090327 005.01.jpg


■椿「星占い」■【Camellia japonica“houju-sunago”】
ツバキ科

つきすぎた 蕾を落とす 椿かな

落蕾数;4個

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:43| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

星占い親木

szk090312 001.01.jpg szk090312 002.01.jpg szk090312 004.01.jpg

 何年ぶりかで椿「星占い」(ほしうらない)が、咲いてくれました。花色は、母狸の好きな淡いピンク色です。

 こちらは親木のほうで、去年手をかけていなかったので、チョッと姿が崩れてしまいました。

 今季は植え替えをして、チョッと強い目の剪定をしようっと。

szk090312 007.01.jpg szk090312 005.01.jpg szk090312 008.01.jpg

■椿「星占い」■【Camellia japonica“hosiuranai”】
ツバキ科

ウォーキング そろそろ夜明けだ コケコッコ〜

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:39| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

彩斗

szk090310 001.01.jpg szk090310 002.01.jpg szk090310 004.01.jpg

 何年ぶりかで椿「彩斗」(さいと)が、咲いてくれました。母狸のうちは、白いツバキが少ないねぇ≠フ一言で、意識的に集め始めた白花ツバキの一樹です。

 花は、白色八重で大輪です。やや立ち性。親不明の自然実生種。平成6(1994)年、福岡県久留米市で作出命名されました。

 母狸のいなくなった豆狸ンち、それを知ってか知らずか、しばらく姿を見せなかった花たちが、慌てて咲いてくれてるように見えます。咲いてくれてる花たちに、感謝。

szk090310 003.01.jpg szk090310 005.01.jpg szk090310 006.01.jpg szk090310 007.01.jpg


■椿「彩斗」■【Camellia japonica“saito”】
ツバキ科

聞きなれぬ 声はすれども どこにいる?

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:43| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

ようやく

szk090211 001.01.jpg szk090225 002.01.jpg szk090225 010.01.jpg

 最初は2月11日に咲いた、椿「バターミント」(つばき「バターミント」)なんですが、写真を撮ろうとジックリ花を見てみると、いまひとつ花の形が良くありません。

 そこで、蕾もたくさんあったので、豆狸が気に入るような感じに咲いてくれるまで、待つことにしました。

 待つこと2週間、朝からの雨もようやく上がり、棚場を一回りすると、ようやく豆狸が納得する花を付けてくれていました。

 洋種椿としては、しっとりと落ち着いて、おおらかな感じの「バターミント」。待ちに待った、本領発揮です。

szk090225 003.01.jpg szk090225 009.01.jpg szk090225 004.01.jpg


■椿「バターミント」■
ツバキ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:50| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

まだ、頑張ってます

szk090224 001.01.jpg szk090224 002.01.jpg szk090224 003.01.jpg szk090224 004.01.jpg

 去年の12月26日のブログにも書いた、「浜姫榊」(はまひさかき)の実の今の状況です。

 まだ一つとして落ちもせずに、頑張ってついてくれています。心持大きくなったようにも思うのですが、気のせいでしょうか?

 ず〜っと、雄木は枯れて以来補充していないと思っていたのですが、なんと同じ棚場に雄木がいるではありませんか。

 2鉢確保していたのを、失念していたようです。でもそれがちゃんと花期があったかどうかわかりませんので、安心はできません。

 この先、落果するか? 充実するか? まだまだ眼が離せない、「浜姫榊」です。

szk090224 009.01.jpg szk090224 010.01.jpg szk090224 011.01.jpg

■浜姫榊■【Eurya emarginata】
ツバキ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 05:16| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

一つずつ

szk090202 001.01.jpg szk090202 003.01.jpg szk090202 004.01.jpg szk090202 005.01.jpg

 椿「夢」が咲き始めました。豆狸ンちの「夢」は蕾をいくつも持っているのに、いつも咲くのは1輪ずつ。一つが咲き終わって次って感じで、パッと一度に咲くことがありません。

 「夢」は一つずつしか、叶わないってことでしょうか? いっぺんに叶うより、そのほうが楽しみが長続きして良いって言うことかもしれません。

 一つずつでも、「夢」の蕾がないより、ぜんぜんまし。でも一度くらいは、パッと一度に咲くトコも見て見たい豆狸です。

szk090202 009.01.jpg szk090202 007.01.jpg szk090202 006.01.jpg szk090202 008.01.jpg

■椿「夢」■【Camellia japonica“yume”】
ツバキ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:44| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

椿「紅小雀」

szk090120 002.01.jpg szk090120 003.01.jpg szk090120 004.01.jpg szk090120 005.01.jpg

 椿「紅小雀」が咲き始めました。奥まったところにおいていたため、見つけるのが送れて、花弁に老人班が出てしまいました。

 さらに悪いことに、一部影になっていたせいで、手前の一枝が枯れています。せっかく双幹で作っていたのですが、単幹として改作しなければならないようです。

szk090120 007.01.jpg szk090120 008.01.jpg szk090120 009.01.jpg szk090120 012.01.jpg

■椿「紅小雀」■【Camellia japonica“benikosuzume”】
ツバキ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
ラベル:ツバキ 紅小雀 椿
posted by 豆狸 at 05:22| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

ビートリスエミリー

szk081220 001.01.jpg szk081220 002.01.jpg szk081220 003.01.jpg szk081220 004.01.jpg

 山茶花「ビートリスエミリー」が咲き始めました。名前の由来は、プロテスタント系キリスト教会が運営するペンテコステ保育園の経営者夫人の名前にちなんで付けられたとか。

 豆狸としては不勉強でこの方のことを知らないのですが、名前が冠せられるってことは、地元ではかなり有名な方のようです。

 花姿を見てもわかる通り、洋物によく見られるバラと見違えるばかりの姿をしています。欧米人の方が作出すると、どうしてもバラっぽくなるのは、いかんともしがたいようです。

szk081220 005.01.jpg szk081220 006.01.jpg szk081220 007.01.jpg szk081220 008.01.jpg

■山茶花「ビートリスエミリー」■【Camellia sasanqua“Beatrice Emily”】
ツバキ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 05:24| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

ふくらんでくれるの?

szk081216 001.01.jpg szk081216 002.01.jpg szk081216 003.01.jpg szk081216 008.01.jpg

 かつて無いほど満開だった「浜姫榊」(はまひさかき)の、今の状況です。チョッとふくらんで実っぽくなってますが、このままふくらんでくれるのでしょうか?

 前回にも書きましたが、「浜姫榊」は雌雄異株なんです。豆狸が見つけきれなかった両性花でも、あったのでしょうか?

 それともこのまましばらくしたら、全落なんてことになるんでしょうか? これからしばらくは、眼が離せない「浜姫榊」です。

szk081216 004.01.jpg szk081216 005.01.jpg szk081216 006.01.jpg

■浜姫榊■【Eurya emarginata】
ツバキ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:22| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

二季咲きユキツバキ

szk081207 001.01.jpg szk081207 002.01.jpg szk081207 005.01.jpg

 椿「二季咲きユキツバキ」(にきざきゆきつばき)が咲き始めました。日本海側がユキツバキ系、太平洋側がヤブツバキ系、両者が重なるところがワビスケ系って言う具合に、大雑把に記憶しています。

 濃紅色一重。筒しべ・椀咲きです。“二季咲き”と銘打たれてますので、年に二回咲くようですが、豆狸ンちでは一回しか咲いてくれません。

 もう少し樹齢を重ねれば名前の通り咲いてくれると思うので、それを楽しみに気長に待ちたいと思います。

 今の季節、各種苗会社から色んなツバキが販売されています。豆狸の狙い目は、“挿木2年生苗”。この“2年生”が大事で、価格も手ごろで、たいてい幹径5oの、樹高20〜30pの棒立ちの苗が送られてきます。それを曲づけして持ち込みます。

 これが“3年生”となると、幹径1pになって樹高50pくらいで、豆狸の技術ではアルミ線が効きにくいので、今のところ手を出さないようにしています。

 希少品種の椿は、ほとんどが“接木苗”。接口がきたなくて、幹も太くてアルミ線がまったく効かないので、“挿木苗”が出るまで待つことにしています。

 今が、自分好みのツバキを手に入れるチャンス。

szk081207 003.01.jpg szk081207 004.01.jpg szk081207 006.01.jpg szk081207 007.01.jpg

■椿「二季咲きユキツバキ」■【Camellia japonica】
ツバキ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:32| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

蔦紅葉

szk081204 011.01.jpg szk081204 012.01.jpg szk081204 015.01.jpg

 白地に赤色ぼかし入り、一重咲きの椿「蔦紅葉」(つばき「つたもみじ」)が咲き始めました。

 “蔦紅葉”っていう言葉は、「蔦」の秋の真っ赤な紅葉をさす言葉ですが、「椿」の花の方はそんなに鮮やかな色ではなくて、遠目淡いピンク色に見えます。

 ではこの“蔦紅葉”っていうネーミング、何をもとについたんでしょうねぇ? 「椿」ですから当然葉っぱは紅葉しません。

 言葉だけ択んで、適当につけたとは思いたくありませんが、他に思い当たる節が無いのが辛いところです。

szk081204 013.01.jpg szk081204 016.01.jpg szk081204 019.01.jpg

■椿「蔦紅葉」■【Camellia japonica】
ツバキ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:34| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

千重?獅子?牡丹?

szk081203 001.01.jpg szk081203 002.01.jpg szk081203 003.01.jpg

 山茶花「姫白菊」(さざんか「ひめしらぎく」)が咲き始めました。

 大きいほうが、もうチョッと、開くかなぁ?≠ニ期待してたのですが、これ以上開きそうにも無く、タイミングを失して老人斑が出始めても嫌なので、写真に撮っておくことにしました。

 もう一方の方は、ちゃんと開きそうなので、満開はこちらで堪能することに。

 でも何でこうも違うのかなと観察してみたら、大きいほうは一般的な千重咲きではなくて、獅子咲きか、牡丹咲きになろうとしています。

 ただ葉っぱがよれてるだけって話しもありますが、今後どうなるかわかりませんが、このまま楽しく観察を続けて行きたいと思います。

szk081203 007.01.jpg szk081203 004.01.jpg szk081203 005.01.jpg szk081203 008.01.jpg

■山茶花「姫白菊」■【Camellia sasanqua】
ツバキ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:51| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。