2009年01月27日

もう一つのクリーム色

szk090126 001.01.jpg szk090126 002.01.jpg szk090126 003.01.jpg

 昨日のとは別の「都葵」(みやこあおい)の花です。これもクリーム色一色の綺麗な色をしています。

 ただ葉っぱがせっかくの花を押さえつけていて、ちょうどラグナロクにいじめられてるクロナみたいな状態。

 葉っぱと、“どう接したらいいか、わからないよぉ”って言って困ってるみたい。

szk090126 004.01.jpg szk090126 009.01.jpg szk090126 012.01.jpg

 ★安易な山採りよりも、計画的な繁殖を★

■都葵(素芯花)■【Asarum asperum】
ウマノスズクサ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。


posted by 豆狸 at 04:28| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

クリーム色の花

szk090125 001.01.jpg szk090125 008.01.jpg szk090125 007.01.jpg

 寒さの厳しい中、「都葵」(みやこあおい)が咲き始めました。クリーム色一色のまじりっけのない清楚な花です。

 ちょうど横から見たら、蕪の葉っぱが萼片になったような愛らしい姿をした花が、去年より1輪多い2輪咲いてくれました。

 「寒葵」って2輪咲くと、必ず背中あわせに咲きますよねぇ。何で並んで咲かないんでしょう? 用心深いのかな?

szk090125 004.01.jpg szk090125 006.01.jpg szk090125 005.01.jpg

 ★安易な山採りよりも、計画的な繁殖を★

■都葵■(素芯花)
ウマノスズクサ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:39| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

亀甲馬鈴草@開花

szk080607 001.01.jpg szk080607 002.01.jpg szk080607 003.01.jpg

 「亀甲馬鈴草」(きっこううまのすずくさ)が咲きました。

 花はどう見ても“和”の雰囲気とは程遠い物で、『ウルトラセブン』の怪獣にでも出てきそうな雰囲気をしています。

 それに比べて葉っぱは綺麗なもので、「双葉葵」の亀甲葉のような整った姿をしています。

 詳しいことはいまだにわかりませんが、豆狸ンちの環境でも充分耐えてくれそうで、ジックリと持ち込んでいきたいとおもいます。

szk080607 004.01.jpg szk080607 007.01.jpg szk080607 006.01.jpg

★安易な山採りよりも、計画的な繁殖を★

■亀甲馬鈴草■
ウマノスズクサ科/草丈28cm/左右27cm/花(縦2cm×横3cm)/奥行き2.5cm/葉(縦5cm×横5.5cm)/鉢;お手製の「三つ脚鉢」
posted by 豆狸 at 05:47| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

筑紫寒葵@開花

szk080513 050.01.jpg szk080513 051.01.jpg szk080513 052.01.jpg

 「筑紫寒葵」(つくしかんあおい)が咲きました。1月3日のブログに書いたときに比べて、新葉が5枚も出て綺麗に繁茂しています。

 綺麗にカールした3枚の萼裂片の整った花姿、1輪だけですが存在感のある落ちついた雰囲気を醸し出しています。

 あえて“赤芯花”とあったので、どんな感じか期待していたのですが、言葉から受けるイメージほど赤くはない普通の“準素芯花”です。

 芯と萼筒部の薄いピンクが萼裂片の色と相まって、上品な印象を与えています。

★安易な山採りよりも、計画的な繁殖を★

szk080513 053.01.jpg szk080513 055.01.jpg szk080513 056.01.jpg

■筑紫寒葵■
ウマノスズクサ科/草丈13cm/左右20cm/花径3cm/奥行き2cm/葉(縦7cm×横6cm)/古葉×2枚+新葉×5枚+花×1/鉢;信楽山野草鉢
posted by 豆狸 at 06:12| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

志々伎寒葵@開花

szk080513 043.01.jpg szk080513 045.01.jpg szk080513 046.01.jpg

 長崎県平戸島産の「志々伎寒葵 散斑」(ししきかんあおい ばらふ)が咲きました。花を真正面から見て、ピンと来たのがなぜか“プレデター”の顔。

 萼裂片のクチャっとした感じと、“プレデター”の口元とがダブってしまったのか、一度そう見えてしまうと、困った物でなかなかこのイメージから離れられません。

 3輪咲いてるのを見ても、円陣を組んで“エイリアン”の襲撃に備えてるみたいに見えてしまいます。

★安易な山採りよりも、計画的な繁殖を★

szk080513 044.01.jpg szk080513 048.01.jpg szk080513 049.01.jpg

 『入院治療計画書』にあった入院期間10日を過ぎた物の、状況は悪化の一途。強力な鎮痛剤の影響で、終日目をあけず喋らなくなった母狸。豆狸としては、ただ見てるだけ…。

■志々伎寒葵 散斑(あられ斑)■
ウマノスズクサ科/草丈11cm/左右17cm/花径2cm/奥行き3cm/葉(縦7cm×横5.5cm)/古葉×3枚+新葉×3枚+花×3/鉢;信楽山野草鉢
posted by 豆狸 at 06:16| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

鬼笑い@開花

szk080513 034.01.jpg szk080513 037.01.jpg szk080513 039.01.jpg

 「鬼笑い」(おにわらい)が咲きました。

 この「鬼笑い」ややこしいのは、もともとは大輪葵。それが「鬼笑い」と銘名されて“細辛”グループに組み込まれた物だから、細辛「鬼笑い」に。

 大輪葵「鬼笑い」と細辛「鬼笑い」の両方の表記が見られますが、豆狸としてはこれらの事情を踏まえたうえで、大輪葵「鬼笑い」に統一することにしました。

★安易な山採りよりも、計画的な繁殖を★

szk080513 038.01.jpg szk080513 040.01.jpg szk080513 042.01.jpg

 最近母狸の病状が進み、私を見ても認識できなくなってきました。コレって結構、精神的に効きますねぇ。

■大輪葵「鬼笑い」■
ウマノスズクサ科/草丈13cm/左右20cm/花径3cm/奥行き2.5cm/葉(縦12cm×横8.5cm/古葉2枚+新葉1枚+花1/鉢;お手製の「三つ脚鉢」
posted by 豆狸 at 06:10| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

シャトルウオシー@開花

szk080513 027.01.jpg szk080513 028.01.jpg szk080513 029.01.jpg

 北米産の寒葵「シャトルウオシー」【Asarum shuttleworthii var. shuttleworthii】が咲きました。

 購入時は「シャトルオーシー」の表記だったのですが、今回ブログに書くにあたって調べなおしてみて、「シャトルウオシー」に統一することにしました。

 花はパッと見、『デューン/砂の惑星』に出てくる寸足らずの“サンドウォーム”。“ツチノコ”っていうのも、捨てがたいですが。

 口周辺に生えてるかたそうな毛や、萼裂片のマダラ模様の醸し出す、国産の寒葵にはないいかがわしそうな雰囲気が好きです。

szk080513 031.01.jpg szk080513 032.01.jpg szk080513 033.01.jpg

★安易な山採りよりも、計画的な繁殖を★

■寒葵「シャトルウオシー」■【A. shuttleworthii var. shuttleworthii】
ウマノスズクサ科/草丈10cm/左右8cm/花径1.7cm/奥行き2.8cm/古葉1枚+新葉1枚+花1/鉢;信楽山野草鉢
posted by 豆狸 at 06:32| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

国光@開花

szk080513 020.01.jpg szk080513 021.01.jpg szk080513 023.01.jpg

 準素心花・青軸の大輪葵「国光」が咲きました。花をよく見ると、萼裂片と萼筒の色が違ういわゆる“ツートン・タイプ”。

 去年は二つだった花も、今年は三つ。葉数も増えて、順調に大きくなっています。このズングリムックリの大きな花が、鉢の縁にズラッと並びますように。

★安易な山採りよりも、計画的な繁殖を★

 花の大きさを測ってみたら、3.5cm。コレって偶然母狸を苦しめててる癌の大きさと同じ。そう思ってみると、コレは大きすぎる…。

szk080513 022.01.jpg szk080513 024.01.jpg szk080513 026.01.jpg

■大輪葵「国光」■
ウマノスズクサ科/草丈12cm/左右20cm/花径3.5cm/奥行き3.5cm/古葉10枚+花3/鉢;丹山
posted by 豆狸 at 06:16| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

スペシオサム@開花

szk080513 012.01.jpg szk080513 013.01.jpg szk080513 014.01.jpg

 北米アラバマ州産の寒葵「スペシオサム」が咲きました。ワシントン条約に含まれていて国外に持ち出し禁止だそうですが、現地では全て採取されてしまってるとか。

 現在出回ってるのは栽培された増殖苗なので、問題はないということですが、「カンアオイ」が種類を問わず世界的規模で急速に絶滅危惧種になりつつあるのを、豆狸としては危惧しています。

 しかもその最大の理由が、マニアのせいとなると心穏やかではありません。★安易な山採りよりも、計画的な繁殖を★

 寒葵「スペシオサ」として入手したのですが、今回ブログに書くにあたって調べなおしてみると、いつの間にやら名前が「スペシオサム」に変わっています。

 以前は、アメリカカンアオイ属【Hexastylis】に分類されてたのが、アサルム属【Asarum】にまとめられて、今回の「スペシオサム」【A. speciosum】になったようです。

 でも市中では今でも、寒葵「スペシオサ」【Hexastylis speciosa】で、通用してるみたいです。

szk080513 015.01.jpg szk080513 016.01.jpg szk080513 017.01.jpg

■寒葵「スペシオサム」■【Asarum speciosum】
ウマノスズクサ科/草丈16cm/左右16cm/花径4cm/奥行き3cm/葉(縦9.5cm×横9cm/古葉×2枚+新葉×1枚+花×1/鉢;信楽山野草鉢
posted by 豆狸 at 06:07| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

大輪素芯×丸実

szk080511 017.01.jpg szk080511 018.01.jpg szk080511 019.01.jpg

 大輪葵 素芯花と花弁に縞模様の入る 丸実寒葵「旭」(まるみかんあおい「あさひ」)を掛け合わせた種間交雑種が、咲き始めました。

 紫褐色の縞模様が、しっかりクッキリと萼裂片や萼筒に出ています。面白いのは軸にも出ていて、潤み軸ではなくて縞模様になっています。

 萼裂片や萼筒の細部には、大輪葵 素芯花・丸実寒葵「旭」それぞれの特徴が現れているのですが、唯一萼筒部のお尻部分の形がどちらにも似ていません。

 種間交雑種なので、今回の特徴が固定安定してるのか? 当代限りなのか? 結実するのか? 実生苗にも今回の特徴がでるのか? 引き続き観察していきたいと思っています。

szk080511 020.01.jpg szk080511 021.01.jpg szk080511 022.01.jpg

★安易な山採りよりも、計画的な繁殖を★

■大輪葵 素芯花×丸実寒葵「旭」■
ウマノスズクサ科/草丈3cm/左右12.5cm/花径2.5cm/奥行き2.5cm/葉(縦7cm×横5cm)/古葉×1+新葉×1+花×1/鉢;プラ鉢
posted by 豆狸 at 05:54| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

馬鈴草@国産

szk080513 018.01.jpg szk080511 023.01.jpg szk080511 024.01.jpg

 純国産の「馬鈴草」(うまのすずくさ)が、咲き始めました。

 葉っぱが馬の顔に似てるからこの名前があるとかいわれてますが、結構この葉っぱ細葉から丸葉に近いものまで千差万別。

 丸葉にいたっては、「馬鈴草」というよりは「牛鈴草」(うしのすずくさ)といたほうがいいくらいのまであります。

 “細葉の方が花付きがいい”・“丸葉の方が花付きがいい”と、それぞれ言われていますが、豆狸ンちでは細葉の方が花付きがいいようです。

 たくさん花は付いてくれるのですが、なかなか結実してくれません。調べてみると、においに誘われたショウジョウバエがサックス型の花の中に入り込み、出るときに体に付いた花粉が雌しべに付いて受粉するとか。

 ということは、ショウジョウバエなら何でもいいということではなくて、「馬鈴草」専門のショウジョウバエがいるってこと。

 豆狸ンちのまわりに、この「馬鈴草」専門のショウジョウバエって、いるんでしょうか?

szk080511 025.01.jpg szk080511 026.01.jpg szk080511 027.01.jpg

★安易な山採りよりも、計画的な繁殖を★

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』“ウマノスズクサ”の項参照

■馬鈴草■
ウマノスズクサ科/草丈30cm/左右48cm/花径2.5cm×3cm/奥行き2.5cm/葉(縦8.5cm×横4cm)/鉢;伝市
posted by 豆狸 at 06:23| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

馬鈴草@中国産

szk080512 005.01.jpg szk080512 006.01.jpg szk080512 007.01.jpg

 先日入手した「中国産馬鈴草」(ちゅうごくさんうまのすずくさ)が、咲きました。

 パッと見てすぐに目に飛び込んでくる葉っぱは、「馬鈴草」の名前の由来にもなった馬の顔的な形ではなくて、どちらかといえば「寒葵」に近いハート型をしています。

 表裏ともビッシリと細かい柔毛に覆われていて、触ってみるとビロードを触ってるような感触です。

 花の形は国産の「馬鈴草」に近い、サックス型。ただ、朝顔管がチョッとヘシャゲタ形になっていますが、コレはこの花だけの特徴なのか、全部がそうなのかはわかりません。

 色は全身真っ黄色で、ビッシリと細かい柔毛に覆われています。「馬鈴草」に見られる文目模様は確認できませんが、萼筒部へ続く穴の縁に一部紫褐色が見えます。

 株は、地際の一番古い部分が木化して茶色くなっていますが、あとは緑色をしていて若い部分にしたがって、柔毛が密に覆っています。

 こうして見ていくと、「中国産馬鈴草」イコール“柔毛”・“モサモサ”っていうイメージが出来上がってしまいました。

szk080512 008.01.jpg szk080512 011.01.jpg szk080512 009.01.jpg

★安易な山採りよりも、計画的な繁殖を★

■中国産馬鈴草■【Aristolochia mollissima】
ウマノスズクサ科/草丈14.5cm/左右11.5cm/花径2.8cm/奥行き2.5cm/葉(縦10.5cm×横8.7cm)/最大幹径0.3cm/古葉1枚+新葉1枚+花×1/鉢;プラ鉢
posted by 豆狸 at 06:07| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

白玲@開花

szk080502 040.01.jpg szk080502 041.01.jpg szk080502 042.01.jpg

 寒葵「白玲」(はくれい)が、咲きました。

 花を見て直感的に「姫寒葵」?≠ニかんじたので、あらためて「白玲」について調べてみると、「姫寒葵」の曙斑ってことがわかりました。

 「スズカカンアオイ」と表記されてるのもありますが、萼裂片の形が違うようなので、今のところは姫寒葵「白玲」としておきます。

szk080502 043.01.jpg szk080502 044.01.jpg szk080502 045.01.jpg

★安易な山採りよりも、計画的な繁殖を★

■姫寒葵「白玲」■
ウマノスズクサ科/草丈5.5cm/左右9cm/花径1.5cm/奥行き2.3cm/葉(縦4cm×横3cm)/古葉2枚+新葉3枚+花×1/鉢;信楽山野草鉢
posted by 豆狸 at 06:18| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

大輪葵@潤み軸

szk080502 032.01.jpg szk080502 033.01.jpg szk080502 034.01.jpg

 今年も圧倒的な迫力で、「大輪葵 潤み軸」(たいりんあおい うるみじく)が咲きました。今年も葉っぱの下で、雨宿りしてるように見えます。

 ちなみに“潤み軸”っていうのは、“青軸と並軸(泥軸)の中間的な軸”のことですが、どう見ても青軸に見えてしまいます。

 しかしこの「大輪葵 潤み軸」の花を見てると、『スター・ウォーズ 帝国の逆襲』のホスの闘いに出てくるイオン砲や、『スターシップ・トゥルーパーズ』のバグを連想してしまう豆狸でした。

szk080502 035.01.jpg szk080502 038.01.jpg szk080502 039.01.jpg

★安易な山採りよりも、計画的な繁殖を★

■大輪葵 潤み軸■
ウマノスズクサ科/草丈8cm/左右26cm/花径3cm/奥行き4cm/葉(縦11cm×横7cm)/古葉2枚+新葉1枚+花×1/鉢;信楽山野草鉢
posted by 豆狸 at 15:53| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

大輪葵@亀甲葉

szk080429 045.01.jpg szk080429 046.01.jpg szk080429 047.01.jpg

 佐賀県産の大輪葵 青軸亀甲葉素芯花(たいりんあおい あおじくきっこうばそしんか)が、咲きました。

 亀甲模様の入り方が、チョッとゆるい目の葉っぱです。花は見慣れた丸っこいタイプで、どっしりと腰を据えています。

 この丸っこい花を、鉢の周囲いっぱいに咲かせてみたいと思ってる豆狸です。

szk080429 048.01.jpg szk080429 049.01.jpg szk080429 050.01.jpg

★安易な山採りよりも、計画的な繁殖を★

■大輪葵 青軸亀甲葉素芯花■
ウマノスズクサ科/草丈9cm/左右20cm/花径3cm/奥行き3cm/葉(縦7cm×横6cm)/古葉4枚+新葉1枚+花×1/鉢;プラ鉢
posted by 豆狸 at 07:33| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

佐川細辛@2弁花

szk080502 018.01.jpg szk080502 021.01.jpg szk080502 019.01.jpg

 四国の高知県、愛媛、徳島の一部に自生している「佐川細辛」(さかわさいしん)の青軸・素芯花が、咲きました。

 牧野富太郎博士が郷里、高知県高岡郡佐川町で発見されたことから、地名を冠して「佐川細辛」と名付けられたとか。

 くびれた萼筒と、独特な萼裂片との組み合わせが面白いです。わざわざ狭いところに五つも咲いて、ギュウギュウ詰め。一つはかわいそうに押さえつけられて、開くのに四苦八苦しています。

 その中の大きい一輪だけ、2弁花になっています。萼裂片に変化が多いと言われてる「佐川細辛」ですが、萼裂片の長短だけかと思っていたら、花弁の数も変わるみたいです。

 「佐川細辛」もご他聞にもれず、絶滅の危険が増大しているということで、“種絶滅危惧II類(VU)”に指定されています。

szk080502 022.01.jpg szk080502 023.01.jpg szk080502 024.01.jpg

★安易な山採りよりも、計画的な繁殖を★

■佐川細辛■
ウマノスズクサ科/草丈6cm/左右8cm/花径2.5cm/奥行き3.5cm/葉(縦8.5cm×横7cm)/古葉2枚+新葉5枚+花×5/鉢;お手製の「三つ脚鉢」
posted by 豆狸 at 08:03| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

素芯花@開花

szk080429 039.01.jpg szk080429 040.01.jpg szk080429 041.01.jpg

 大輪葵 素芯花(たいりんあおい そしんか)が、咲きました。

 最近豆狸ンちにやってきたもので、いつもの見慣れた素芯花に比べて、萼裂片大きくて、先端が折れています。

 見た印象がかなり違いますが、図録を見ても様々な顔を持っているので、コレも個体差ということで納得。

szk080429 042.01.jpg szk080429 043.01.jpg szk080429 044.01.jpg

★安易な山採りよりも、計画的な繁殖を★

■大輪葵 素芯花■
ウマノスズクサ科/草丈11cm/左右21cm/花径3.5cm/奥行き2.5cm/葉(縦12cm×横7.5cm)/古葉4枚+花×1/鉢;プラ鉢
posted by 豆狸 at 06:27| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

流星@開花

szk080502 012.01.jpg szk080502 013.01.jpg szk080502 014.01.jpg

 福岡大輪葵「流星」(ふくおかたいりんあおい「りゅうせい」)が、咲きました。

 譲っていただいた方からは、萼裂片と萼筒の色が違う“ツートンタイプ”とお聞きしていたのですが、今回はそれほどクッキリと出なくて残念無念。

 花は、一般的な「大輪葵」に比べて、萼筒が短くて何となくバランスが悪い感じです。コレが「福岡大輪葵」の全般的な特徴かどうかわかりませんので、引き続き調べていきたいと思います。

szk080502 015.01.jpg szk080502 016.01.jpg szk080502 017.01.jpg

★安易な山採りよりも、計画的な繁殖を★

■福岡大輪葵「流星」■
ウマノスズクサ科/草丈7cm/左右17cm/花径3cm/奥行き2cm/葉(縦8cm×横5cm)/古葉2枚+新葉3枚+花×1/鉢;プラ鉢
posted by 豆狸 at 06:56| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

乱葉葵

szk080425 032.01.jpg szk080425 033.01.jpg szk080425 034.01.jpg

 葉っぱが見慣れた斑入りではなくて、亀甲葉?になってるということで譲っていただいた、「乱葉葵」(らんようあおい)です。

 「乱葉葵」もご他聞にもれず、自生地の東京都では、絶滅の危機に瀕している種ということで“Aランク”、山梨県では“絶滅危惧IB類(EN)”に指定されています。

 こうしてみると、「寒葵」はどれもコレも希少品種で、あと10年もすれば自生地からみんな姿を消してしまうんじゃないかと、不安がつのります。

 今のうちに何とかしなくてはと、気はあせるものの具体的には何にも出来ません。ただ豆狸ンちにいる「寒葵」たちを安定して殖やすために、日々世話をしています。

szk080425 036.01.jpg szk080425 035.01.jpg szk080425 038.01.jpg

★安易な山採りよりも、計画的な繁殖を★

■乱葉葵■
ウマノスズクサ科/草丈11cm/左右15cm/花径2.5cm/奥行き2cm/葉(縦9.5cm×横7.5cm)/古葉6枚+花×5/鉢;ポリポット
posted by 豆狸 at 07:16| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

臥竜?・?・?

szk080425 024.01.jpg szk080425 025.01.jpg szk080425 026.01.jpg

 今回種名がわからない物の、豆狸ンちに無い花の形が面白くて入手した 寒葵「臥竜」(がりゅう)です。

 花の形と葉っぱの形を参考に、図録や書籍をひっくり返してようやくたどり着いたのが、「星咲寒葵」(ほしざきかんあおい)。

 「星咲寒葵」とすれば、四国に限定分布していて環境省からは、近い将来に絶滅する危険性が高い種ということで“絶滅危惧IB類(EN)”に指定されていて、重要な生育地になっている高知県では“絶滅危惧IA(Ci)”に指定されています。

 同じ四国の高知県、愛媛、徳島県の一部に生息してる佐川細辛(さかわさいしん)と、九州の宮崎県を中心に生息している「尾長寒葵」(おながかんあおい)との中間的な存在になっています。

 最後に、“尾長寒葵 臥竜”でネットでアクセスしてみると、ヒットしたのが“カンアオイ「臥竜」(オナガ×オニ交配種)”の文字。オークションが終了してて、写真は見れなかたものの、コレは有力情報。

 今回はとりあえず「星咲寒葵」としましたが、「尾長寒葵」や「オナガ×オニ交配種」の可能性もあって、判断に悩むところです。

szk080425 029.01.jpg szk080425 030.01.jpg szk080425 031.01.jpg

★安易な山採りよりも、計画的な繁殖を★

■星咲寒葵「臥竜」■
ウマノスズクサ科/草丈7cm/左右13cm/花径7cm/奥行き6cm/葉(縦13cm×横9.5cm)/古葉1枚+花×1/鉢;山野草鉢
posted by 豆狸 at 07:04| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。