2009年09月16日

コケ

szk090903 001.01.jpg

 何とか夏越しを終えた豆狸ンちの草樹達の、コケのダメージ甚大。コケがある鉢からは少しずついただき、置き場の自然発生しているコケを掻き集め、精一杯やりくりしても、半数が丸裸状態。

 保湿・土の跳ねとびを防ぐためにも、何とかコケを確保しなくてはなりません。従来は、春と秋の大阪城公園の植木市、年末の阪急百貨店の園芸コーナーで補充していたのですが、とてもそれまで待っていられそうにありません。

 ネット販売されている多くは、乾燥された「水ゴケ」や「山ゴケ」。生で売ってるとしても「杉ゴケ」や「砂ゴケ」の毛足の長い物や、たまにあっても豆狸ンちの小鉢には使い勝手の悪い、「ハイゴケ」や「シノブゴケ」。

 そこでふと思いついたのが、“Yahoo!オークション”。試しに探してみると「杉ゴケ」や「砂ゴケ」に混じって、豆狸が探してる「タマゴケ」っぽいのを見つけました。

 さっそく落札して栃木県から送られてきた山採りされたコケは、予想していた以上のいい物。豆狸ンちの環境に馴染むように願いつつ、明日からコケ貼り開始です。

■苔■【Bryophyte】


ラベル:コケ
posted by 豆狸 at 04:48| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

『こけゼリー』補足

szk090911 015.01.jpg

 「こけゼリー」に関して、“ゆう”さんより耳寄りな情報をいただきました。

 “またお邪魔します。それはイシクラゲというもののようです。下記のウィキペディアをお読みください。うちでも、南京花桃の鉢に出ました。水はけの悪い所に発生するようです。「食べられる」とあったので、ほんのひとかけら食べてみました。海藻の一種のような食感でした”

 というわけで、さっそく教えていただいたフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
<イシクラゲ>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B2の項を参照。

 たぶんこれ以上詳しい資料はないと思われるので、興味のある方は是非ご一読を。

 興味深かったのは、“乾燥状態では地面にへばりついた黒いかさぶたのように見え、手で揉めば小片-粉末状に壊れる”で、この状態を豆狸も確認していますが、まさか「イシクラゲ」の乾燥状態とは。

 たしかこの状態のとき、水やりをしても水をはじくので、一生懸命取ったのを覚えています。

 “ゆう”さんのおかげで、長年の疑問が氷解。ホンとに“ゆう”さん、教えていただいてありがとうございました。感謝・感謝です★★★

 それにしても、木につくのが「キクラゲ」、石につくのが「イシクラゲ」、海でよく見るのが「ミズクラゲ」、坂にいるのが「サカサクラゲ」って言うことでしょうか。

szk090911 018.01.jpg szk090911 020.01.jpg


■イシクラゲ■【Nostoc commune】
ネンジュモ科

参考資料;フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』“イシクラゲ”の項参照
ラベル:イシクラゲ
posted by 豆狸 at 04:55| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

こけゼリー

szk090908 001.01.jpg szk090908 002.01.jpg szk090908 004.01.jpg

 “お邪魔ムシ”第七弾は、「こけゼリー」。ふと気がつくと鉢の上にはりついている、気持ちの悪い奴。いまだに正体がわかりません。

 園芸愛好家の人達の口からもあまり聞かれない「こけゼリー」、この呼び名すら便宜上豆狸がつけたもので、人によっては「プヨプヨ」・「プニプニ」と様々な呼び方がされています。

 ミミズの卵、ナメクジの卵、何かの排泄物、植え替えをしないと出てくるとか、手入れが悪いと出てくるとか、様々な揣摩臆測が飛び交ってますが、いまだにこれっといった確証がありません。

 植物なのか、菌類なのかわかりませんが、誕生?精製?発生?当初は鮮烈な透明感のある緑色で、日がたつにつれて色あせ黒ずんでいきます。

 見た目表面は粘着力がありそうですが、まったくそういうことはなく、ピンセットで簡単につまんで土から外すことが出来ます。

 草樹達に何か悪さをするのかどうかわかりませんが、見てくれが悪いので、見つけ次第取り除くようにしています。

 「こけゼリー」、これってホンとに何なんでしょうねぇ?

szk090908 009.01.jpg szk090908 010.01.jpg szk090908 011.01.jpg


■こけゼリー■
ラベル:こけゼリー
posted by 豆狸 at 04:44| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

悩むなぁ

szk090724 005.01.jpg szk090724 002.01.jpg szk090724 006.01.jpg

 今年も去年同様に、大和蜆蝶(やまとしじみちょう)の食草「片喰」(かたばみ)を栽培していると、去年にも増して広範囲に葉っぱが丸坊主。

 今年は去年にも増して、大和蜆蝶が見れると期待をしていたら、あにはからんや確認できる成虫の個体数の少なさに首をひねるばかり。

 そう思って連日「片喰」の鉢を観察していたら、偶然早朝に薄茶色の小蟷螂(こかまきり)を発見。

 両鎌になにやら得物を挟んで、一心に食事中。よく見れば、獲物は丸々と太った大和蜆蝶の終令幼虫。

 個体数の少ない原因がわかった物の、害虫駆除に奔走してくれている小蟷螂を退去願うのも気が引けるし、大和蜆蝶は見たいし、どうすればいいか悩むところです。

■小蟷螂■【Statilia maculata Thunberg】
カマキリ科

posted by 豆狸 at 04:51| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

母狸が好きだった眺め

szk090831 002.01.jpg

 母狸が“ここからの眺めが、一番好き”と、いってた玄関からの眺め。

 母狸と二人三脚で、20年以上世話をしてきた草樹達。母狸の病気とその後のショックもあり、3年近くちゃんと世話をしていなかった草樹達。

 偶然パソコンがトラブったこともあり、これを機会にブログに向かっていた意識を全草樹達の総点検に振り向けることが出来ました。

 結果は4分の1ほどが枯れたものの、後は何とか生き延びてくれていました。今後豆狸一人で全作業をするので、作業性を最優先に考えて今までのやり方もついでに見直すことに。

 従来は一鉢でも多く置きたかったので、つめつめで一鉢一鉢棚場に置いていたのを改めて、移動時の手間を省くためにカゴに入れて置くことに。

 カゴに入れるとその分場所がとられるのですが、鉢数が減ったこともありそれが可能に。今回全鉢カゴ化することで、自分でも6分どおり回復してきたことを実感。

 後は、土振り・土あわせ・植え替えが出来るようになれば、100%の完全回復。その日もそう遠くないように思います。

 母狸が好きだった、玄関からの眺め。さらに良くし、見れないことを残念に思えるほどにしていかなくては。

posted by 豆狸 at 05:07| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

お帰り

2009年8月31日0000.01.jpg

 4月25日にモニターを交換した当初から、電源を切っているはずなのに勝手に再起動することがたまに起こることがありました。

 この症状がさらに頻繁に起こるようになったうえに、画面をスクロールしているにも関わらずコマ送り状態になるにいたって、豆狸んちのパソコン主治医のOさんにSOS。

 一度目の往診では治療できず、満を持しての6月27日二度目の往診でもいかんともしがたく、やむなく入院することに。

 これに伴いブログを休止せざるを得なくなり、このことをブログのコメントに“豆狸さん代理人”として書き込みをお願いしたのでした。

 豆狸のデータの保存を第一に、原因究明と治療を開始。グラフィックボードのクラッシュ、七つものウィルスに侵されたソフトには手がつけられず、最終的には全ソフトを入れ替えることに。

 文章で書くと簡単なようですが、“自分のパソコンなら、ここまでしません”の言葉からも、Oさんの悪戦苦闘ぶりがうかがえます。

 ようやく入院先のOさんちでサクサク動き始めたパソコンは、8月30日に退院。豆狸んちに10時半帰宅。が、環境が急に変わったせいかまたもやフリーズ、スタックの繰り返し。

 プロバイダーの『お客さまセンター』に電話をして、ようやく原因は“ウィルス対策ソフト”と判明したものの、今度はこのソフトがなかなかきれいにアインストールできなくて、大弱り。ホンと、“ウィルス対策ソフト”バスターが必要なほど。

 そんなこんなのトラブルを解決し、復旧できたのは何と21時を過ぎていました。ホンと今回の一件では、Oさんには感謝の言葉もありません。

 治療のせいで多少顔付きも変わったものの、ようやく帰ってきた豆狸のパソコン。よぉ帰ってきたね、お帰り。



posted by 豆狸 at 14:42| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

採播

szk090609 002.01.jpg

 母狸の命日に、お供えでいただいた長崎県産の「茂木枇杷」(もてぎびわ)。食べるとリッパな種が、これだけ集まりました。

 捨ててしまうのもかわいそうと思うものの、全部播くわけにもいきませんので、4粒だけ選んで空き鉢に採り播きすることにしました。

 何の躊躇いもなく採り播きするようになったということも、復活の兆しといえるかもしれません。完全復活まであと少し。

szk090623 015.01.jpg szk090623 018.01.jpg szk090623 017.01.jpg

■茂木枇杷■【Eriobotrya japonica“motegi”】
バラ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
ラベル:枇杷 茂木枇杷
posted by 豆狸 at 06:22| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

昨日の続き

szk090624 001.01.jpg szk090624 002.01.jpg

 昨日に続いて、残り1カゴの掃除です。段取りは一緒、鉢底の確認→鉢を拭く→草抜き→ゴミ取り→浮き根除去→枯れ枝除去→剪定→切り口癒合剤塗付。

 地上部は「三角蔓」(さんかくづる)が巻きついて何鉢も一緒になっているし、下のほうでは実生の「山もみじ」(やまもみじ)根を伸ばしてこれまた何鉢かがくっついています。

 まずは一鉢ずつ取り出せるのから始めて、最後にくっついているブロックを慎重に一鉢一鉢バラバラにしてから、作業開始です。

 問題の「三角蔓」は、幹を太らせたいので、蔓は摘めずに豆狸の好きな小さな行灯作りにして伸ばしっぱなしにしておきます。実生の「山もみじ」は樹作りのために思い切って徒長枝・浮き寝をつめて、強剪定にしました。

 今日も昨日と同じく2時間ほどをかけて、百日紅「サマー・アンド・サマー」×1・百日紅「サマーフラッシュ」×1・柘榴(ざくろ)×1・姫柘榴(ひめざくろ)×1・木患子(むくろじ)×1・ぬるで×1・桃花梅花甘茶(ももばなばいかあまちゃ)×1・黒薔薇(くろつばら)×1・小葉性小楢(しょうばせいこなら)×1・三角蔓×1・山もみじ×3の合計13鉢掃除完了です。

 それにしても、コケがほぼ全滅状態。保湿・土の跳ねとびを防ぐためにも、何とかコケを確保しなくては。コケの確保、豆狸ンちの永遠の課題です。

szk090624 003.02.jpg szk090624 004.01.jpg szk090624 005.01.jpg

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:50| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

掃除開始

szk090623 016.01.jpg

 6月22日に書いたブログの2カゴのうち一つの掃除です。

 豆狸の言う掃除とは、鉢底の確認→鉢を拭く→草抜き→ゴミ取り→浮き根除去→枯れ枝除去→剪定→切り口癒合剤塗付の一連の作業のことを言います。

 一鉢一鉢掃除していくと、ダメージは覆うべくもなく、生きていてくれただけで由として、今日からは一からの樹作りとなります。

 2時間ほどをかけて、百日紅(さるすべり)×4・八房百日紅(やつぶささるすべり)×1・百日紅「チカソウ」×1・柘榴(ざくろ)×1・姫柘榴(ひめざくろ)×2・桑(くわ)×1・山桑(やまぐわ)×1・山栗(やまぐり)×1・木ささげ×1の13鉢掃除完了です。

 ほったらかしにしてて、ホンとにごめんなさい。

szk090623 019.01.jpg szk090623 022.01.jpg szk090623 023.01.jpg


●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:55| 大阪 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

ごめんなさい

szk090621 001.01.jpg szk090621 005.01.jpg

 母狸のことを言い訳にして、二冬もほったらかしにして発泡スチロールの箱に入れっぱなしにしていた樹木たち。

 最初の冬は蓋をしていたのですが、二度目の冬からは伸びすぎて蓋もできないでいました。いくらなんでもこのままじゃ、今年の夏は越せないと思い。二箱あるうちの一箱を置き場からだし、整理することにしました。

 作業前は正直半分以上が枯れているのではと、罪の意識のかられていたのですが、あにはからんや枯れていたのは3鉢だけで、徒長して樹形は持ち崩していますが何とかなりそうな物ばかり。

 思っていた通り、このままにしておいたら今年の夏は越せなくて、全滅もあながちオーバー話ではなかったと思います。

 とりあえず今日は、朝から雨ということもあり、樹木たちを箱から出してかごに移して、空になった箱を洗いとりあえずは作業終了。明日からは、一鉢一鉢状態を確認しながらの、剪定作業開始です。

 ほったらかしにしてて、ホンとにごめんなさい。

szk090621 002.01.jpg szk090621 004.01.jpg


●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:51| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

おまえも……か?

szk090612 015.01.jpg szk090612 022.02.jpg szk090612 026.01.jpg 

 6月4日のブログに書いた止まり木の「褄黒豹紋」(つまぐろひょうもん)のサナギ。

 今朝見たら中味が無いようなのですが、ナンか様子が違います。いつものサナギが裂けたような感じはなく、丸くポッカリとした穴が一つあいています。

 どうやら羽化は羽化でも、出てきたのは寄生蜂のほうみたいです。三つあったサナギのうち、一つが犠牲に。これって、犠牲になる確率は高いのでしょうか?

szk090612 021.01.jpg szk090612 020.01.jpg szk090612 019.01.jpg

■褄黒豹紋■【Argyreus hyperbius】
タテハチョウ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらhttp://e-mameda.seesaa.net/からどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:27| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

揚羽蝶

szk090610 013.01.jpg szk090610 015.01.jpg szk090610 016.01.jpg

 今年も揚羽蝶の食草用に作っている「蜜柑」(みかん)に、ポツポツと揚羽蝶の幼虫の姿が垣間見られるようになりました。

 2齢か3齢だと思われます。去年は終齢幼虫になれたのは1匹だけで、それもヤドリバチにやられて、蛹になれないで終わってしまいました。

 今季は何とか、揚羽蝶の華麗な姿が見たいものです。

szk090610 018.01.jpg szk090610 020.01.jpg szk090610 014.01.jpg

■揚羽蝶■【Papilio xuthus】
アゲハチョウ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:36| 大阪 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

はや1年

szk090609 001.01.jpg

 早い物で母狸が亡くなって、1年。母狸と二人三脚で20年近く世話をしてきた豆狸ンちの草樹達も、2年半ほど満足に世話ができない状態でした。

 思っていた以上に豆狸の精神的ダメージが大きく、作業復帰が覚束ず水やりをするのが精一杯の状態。そのせいで自然淘汰された草樹達も多く、泣く泣く自然に任すしかありませんでした。

 それがここに来てようやく、ホンとにようやく草樹達と向かい合うことができるようになり、今は棚場の整理の日々が続いています。

 二人三脚でやってきたことを一人でするのは到底叶わないのですが、鉢数が減ったこともあり、何とか豆狸の身の丈でできる範囲にまで収まってきました。

 母狸が、“ここから見る庭が一番好き、普通やったら見上げなあかんけど、家のは見下ろせるから”と嬉しそうに言っていた庭を、さらにいいものにすべく日々対峙しています。

 ようやく、復活の兆しが見え始めた豆狸。後は植え替えをし始めたときが、豆狸の完全復活です。

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 05:50| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

ビックリ箱Part2

szk090606 001.01.jpg szk090606 002.01.jpg szk090606 003.01.jpg

 前回紹介した“採播鉢”の、もう一つの鉢です。

 同じようにボツボツと芽が出始めていて、どうやらこの鉢のメインは「菫」(すみれ)、それも「立壷菫」(たちつぼすみれ)のようで、かなり蔓延るのが早いようです。

 そのほかのも色々と出てはいるのですが、もう少し大きくならないと今の豆狸の知識では、わかりかねる状態です。

 意図的に分けて播いたとはいえ、前回のとはまったく違うビックリ鉢状態に、ただただ感心するばかりです。

szk090606 004.01.jpg szk090606 005.01.jpg szk090606 006.01.jpg

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:54| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

あ〜らら

szk090603 010.01.jpg szk090603 011.01.jpg szk090603 012.01.jpg szk090603 013.01.jpg 

5月22日のブログに書いた「褄黒豹紋」(つまぐろひょうもん)のサナギ。昨日の夕方色が黒っぽく変わっていたので、ひょっとしたらと今朝楽しみに見回ってみたら、今回もアレほど頼んでおいたのに、一言の挨拶もなくカラッポに。

 後は、止まり木を作った一つだけ。せめて三度目の正直、今度こそ羽化した姿、拝みたい物です。

 今年はもう頼むから、卵産みにこんといてや〜。今季も「菫」坊主にされたら、下手したら豆狸ンちの「菫」自体が絶滅するかも……、ホンマ頼むで。

szk090603 014.01.jpg szk090603 015.01.jpg szk090603 016.01.jpg

■褄黒豹紋■【Argyreus hyperbius】
タテハチョウ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:50| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

ビックリ箱

szk090602 001.01.jpg szk090602 002.01.jpg szk090602 006.01.jpg

 去年の秋口から今年の春先にかけて、ウォーキングの途中で拾った物や、豆狸ンちに鳥が運んできてくれた種を、チョッと大き目の鉢に土もかけずに適当にばら播いただけの状態の“採播鉢”です。

 ボツボツと芽が出始め、どうやらこの鉢のメインは以前も紹介した「蔦葉海蘭」(つたばうんらん)のようです。

 でもよく見ると、「姫犬蓼」(ふめいぬたで)や「ドングリ」、「山葡萄」(やまぶどう)なんかも芽を出しています。一本だけ今の状態では、何だかわからない大きいのも目に付きます。

 まさにビックリ箱ならぬビックリ鉢状態、種の状態では何かわからないのも多いので、ホンと出てからのお楽しみ。

szk090602 004.01.jpg szk090602 007.01.jpg szk090602 009.01.jpg

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:27| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

一言もなく

szk090521 033.01.jpg szk090521 034.01.jpg szk090521 035.01.jpg szk090521 036.01.jpg

 5月6日のブログに書いた「褄黒豹紋」(つまぐろひょうもん)のサナギ。毎日楽しみに見回っていたら、一言の挨拶もなしに、カラッポに。

 プランター一つまるまる坊主にされて、今季の「大立壷菫」(おおたちつぼすみれ)の花数が激減したのも我慢したのに、一言もなく飛び去ってしまうとは。

 何たる××××。憤って、ふと横を見ると別の終齢幼虫がサナギになろうとしてるのを発見。

 今朝、無事蛹化しているのを確認。今回も、頭部の抜け殻を発見。一度脱皮してからサナギになるのか、頭の部分だけ脱ぎ捨てるのか、これって、一体どっちなんでしょうねぇ?

 今度こそ、羽化したら声かけてナァ。

szk090521 038.01.jpg szk090522 001.01.jpg szk090522 002.01.jpg szk090522 004.01.jpg

■褄黒豹紋■【Argyreus hyperbius】
タテハチョウ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 09:10| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

止まり木

szk090511 021.01.jpg szk090511 022.01.jpg szk090511 026.01.jpg

 去年の12月25日のブログにも書いた“サナギで冬越し?”の「褄黒豹紋」(つまぐろひょうもん)。

 このままでは、羽化しても止まれる場所が無くて、重力を使って体液で翅を伸ばすこともできないので、あまってた菜箸と2mmのアルミ線を使って、簡単な止まり木を作ってみました。

 これで準備完了。これでいつ羽化しても大丈夫。朝起きたら菜箸の天辺に「褄黒豹紋」が留まってたりして。う〜ん、楽しみ。

szk090511 024.01.jpg szk090511 030.01.jpg szk090511 028.01.jpg szk090511 029.01.jpg


■褄黒豹紋■【Argyreus hyperbius】
タテハチョウ科

寒冷紗 さっそく本日 より開始

椿「宝珠砂子」落蕾数;2個(累計139個)

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:54| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

終齢幼虫

szk090429 016.01.jpg szk090504 001.01.jpg szk090504 002.01.jpg szk090504 003.01.jpg

 大きな「褄黒豹紋」(つまぐろひょうもん)の幼虫を発見。今年孵ったばかりでこの大きさは考えられないので、この状態で越冬したようです。

 この大きさは蛹になる一歩手前の、終齢幼虫。動きもにぶいので、そろそろと思って観察していたら、昨日お尻を上にして体を固定していました。

 ついに今日、無事蛹に変身していました。そばには脱ぎ捨てられた、ふるい頭部の抜け殻。……、そのまま蛹になると思っていたら、1回脱皮するんでしょうか? ちゃんと見とけばよかったと、悔やむばかり。

 後は羽化を待つばかりですが、何日で蝶になるんでしょう? 目立つところなので、鳥に見付かりませんように。

szk090505 016.01.jpg szk090505 015.01.jpg szk090505 013.01.jpg

■褄黒豹紋■【Argyreus hyperbius】
タテハチョウ科

痰絡む 喉の具合で 先見える

椿「宝珠砂子」落蕾数;4個(累計121個)

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:47| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

桜満開

IMG_1659.01.jpg IMG_1661.01.jpg IMG_1660.01.jpg

 毎朝のウォーキング折り返し地点、成田山大阪別院明王院。只今桜「染井吉野」(そめいよしの)が満開です。楚々とした小鉢の桜も捨てがたいですが、満開の老桜も言葉で言い表せないほど見事です。

 人もあまりいない早朝、ユックリと楽しませていただきました。それにしても小さいときから身体が丈夫でなかったせいか、家族で花見に行った記憶がほとんどありません。

 そのせいかこの季節になっても、“花見・花見・花見”と強く思わないでいます。とはいうものの、桜は好きで名所に行くより、近場の桜で充分堪能させていただいております。

IMG_1665.01.jpg IMG_1663.01.jpg IMG_1662.01.jpg


■染井吉野■【Prunus × yedoensis】
バラ科

手折られて 投げ捨てらるる サクラかな

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:40| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。