2009年11月24日

テロリスト・ニュース

szk091123 001.01.jpg szk091123 002.01.jpg szk091123 003.01.jpg

 新兵器投入によりテロ被害が無いということで、初期の対応策として置いていた“土だけの鉢”を片付けた翌日、朝の棚場の見廻りでビックリ。

 裏に置いてある冬越し用の発泡スチロールの箱に、引っ掻かれた痕があり、周辺に発泡スチロールが散乱しています。

 去年も似たようなことがあったのですがそのときは、水やりのホースが引っかかったのか、靴で擦ったのかと思っていたのですが、これでハッキリしました。

 これは、テロリストの示威行為。今回の場合は、“土だけの鉢”を片付けたことに関する腹いせであり、そんなことをしても意味が無いということの意思表示。

 こうなっては、豆狸も腹をくくって対応していかなくては。経過を注意深く観察しながらも、次の手を打たなくては。

szk091123 004.01.jpg szk091123 005.01.jpg szk091123 007.01.jpg

●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

 代わりに『豆狸の書き込み寺』を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但しコメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、否認または削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。




posted by 豆狸 at 05:01| 大阪 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

大蟷螂

szk091110 020.01.jpg szk091110 021.01.jpg szk091110 020.02.jpg

 朝、棚場廻りを掃除しようと箒を取ると、その後の壁に緑色の物が。枝かなんかだと思って、箒で落としてみてよく見ると、何と「大蟷螂」(おおかまきり)。

 まったく動かず、時期も時期なので壁に貼りついたまま亡くなっていたのかなと思い、遺骸をそばのプランターの上に。

 昼頃、遺骸を埋葬しようとプランターを見ると、きれいサッパリといなくなっているではありませんか。

 翌日玄関をあけて足を踏み出そうとすると、ちょうどその足元に「大蟷螂」。慌ててかわしたものの当の本人は、驚きもせずゆっくりと移動中。

 日が変わっても、玄関の戸、鉢の上、プランターと自分の好きな所に移動しています。なぜおんなじ「大蟷螂」とわかるかと言うと、皆同じ右後肢がヘンな角度に曲がっています。
szk091111 001.01.jpg szk091111 002.01.jpg 

 たぶん箒で落した際傷めたようで、豆狸と会うたびにこれ見よがしにアピールしてきます。既に全盛期の動きはありませんが、ゆっくりと・ゆっくりと移動しています。

 どうやら豆狸ンちを終焉の地と定めたようで、終の棲家を何処にするか意中の場所を求めてさまよっているようです。

 「大蟷螂」、豆狸ンちへ来てくれてありがとう。心配せんでもいいヨォ。亡くなったら、豆狸がちゃんと弔ってあげるから。
szk091111 004.01.jpg szk091111 007.01.jpg szk091113 022.01.jpg

■大蟷螂■【Tenodera aridifolia Stoll】
カマキリ科

◆昨日のテロリスト・ニュース◆
 連続テロ現場の水仙場所ではなく、真裏に当たる場所でテロの臭い。詳しく調査した物の、テロの証拠は見当たらず豆狸ンちではないことが判明。どうやら現場は、お隣みたい。

●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

 代わりに『豆狸の書き込み寺』を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但しコメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、否認または削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。


posted by 豆狸 at 05:09| 大阪 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

11月10日

szk071002 008.02.jpg

 本日11月10日は、豆狸54歳の誕生日。デリバリーでおいしい物でもとって、一人誕生日祝いをしようと思っていたのですが、満の悪いことに只今歯の治療中ということもあって、叶わぬ夢となりました。

 それはさておき、豆狸としては母が亡くなったショックは口では言い表せないくらい大きく、いまだに抜け出したとは言いがたい状況です。

 豆狸としては、母が亡くなった年か遅くとも一年祭が済んだあたりで燃え尽きてしまうと、今でも漠然と頭の隅で思っています。

 それほど大きかったショック、たぶんあのままだったら間違いなく鬱になってその通りになっていたと思うのですが、そんな豆狸の気持ちを紛らわせてくれたのが、ブログ。

 特に『豆狸の我楽多ポン★』。落ち込みそうになる気持ちを、好きな海外ドラマの話を毎日書き続けることで、どうにか正気を保っていた感があります。

 半年近く海外ドラマの話を書き続けていた頃、今度は棚場・置き場の草樹達に意識が向き始め、草樹達の建て直しを始めたあたりで、パソコンがクラッシュ。

 上手くした物で、今度は草樹達の世話をすることで気がまぎれ、鬱々と気が塞ぐことも無く、平常心を保てていたと思います。

 パソコンが治ってきてからは、草樹達の世話とブログ『豆狸のマメマメ日記』の二本立てで、日々安定した精神状態ですごせているというのも、過言ではないと思います。

 豆狸的にも草樹達の世話に関しては、ほぼ復調したと断言できます。後は一人で続けていくノウハウを、確立するこが今後の課題。

 残るは陶芸。以前のように週一のペースで信楽に行くようになれば、本当の意味での豆狸の完全復活になると思います。来年の誕生日あたりで、何とか足がかりをつかんでいたらと願うばかりです。


◆昨日のテロリスト・ニュース◆
 本日も何事も無し。この平穏が続きますように。

●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

 代わりに『豆狸の書き込み寺』を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但しコメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、否認または削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。


posted by 豆狸 at 04:59| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

血痕

 夕方、棚場・置き場廻りをしていると、室外機の上に点々と血痕が。あまりの生々しさに、ドッキリ。被害者を探すも、まったく姿が見えません。
szk091025 007.01.jpg szk091025 008.01.jpg

 用をたしている所を見られた猫が逆上して、凶行に及んだのか?と妄想を膨らませていて、ふと上を見上げると軒の所で褄黒豹紋(つまぐろひょうもん)が羽化しているではありませんか。
szk091024 009.01.jpg szk091024 010.01.jpg

 翅を展張し終わり、残った体液をお尻からピュッと出した残渣のようです。いつもなら朝一で羽化するのが、今回は夕方。それにしても、残渣って透明じゃなくってこんな色だった?

 勘違いしたのか、よっぽど慌てて羽化しないといけない理由があったのか知る由も無いのですが、産卵をした後そのまま越冬するのか、息絶えてしまうのか、それだけが気にかかる豆狸でした。
szk091025 005.01.jpg szk091025 003.01.jpg

■昨日のテロリスト・ニュース■
鉢の表土に足跡一つあったものの、犯行にはおよばず。とりあえず、被害なし。

●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

代わりに『豆狸の書き込み寺』http://mame-da.bbs.fc2.com/を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但しコメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、否認または削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。

posted by 豆狸 at 04:50| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

新兵器投入

 テロとの戦いが、こちらから先手を打てずに一方的に不利な状況の中、ついに新兵器投入です。新兵器の名前は、『変動超音波式ネコ被害軽減器 ガーデンバリア ミニ GDX-M型』。
szk091024 005.01.jpg szk091024 006.01.jpg

 ダーティーテロに手を焼いている豆狸が、Amazon.co.jpで見つけた“赤外線センサーでネコの動きをキャッチし、その動きにあわせて不快な変動超音波を放射することにより、感知エリア内から遠ざける”といった優れもの。

 電源は単U形乾電池4本というのもありがたい所で、電源コードをわざわざ引っ張って来なくていいので大助かり。
szk091024 004.01.jpg

 さっそく電池を装填して、テロ多発地域に設置。電源を入れると“Kyun・Kyun”というかすかな音が聞こえます。これが猫には大きな音としてよく聞こえて、ここが不快な場所と認識するようです。
szk091024 012.01.jpg szk091024 015.01.jpg

 準備万端、今夜から頑張ってもらうのですが、アニメ『ロードランナーとコヨーテ』のコヨーテのワイリー見たいに、ひとりよがりになりませんように。

 具体的に何もおこらないことが、この装置が利いてる証。しばらくは、注意深く見守っていかなくては。

 それにしてもこんなのが売られてるということは、テロとの戦いを強いられているのが、豆狸だけではないことがわかったことのほうが驚きでした。

●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

 代わりに『豆狸の書き込み寺』を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但しコメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、否認または削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。



posted by 豆狸 at 04:57| 大阪 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

フンガイ・憤慨・糞害5

 10月22日(木)朝一、玄関を出たとたん嫌な予感がして、「におい水仙」の鉢の列を見ると、遠目にも表土が不自然な状態になってるのが何鉢か発見。

szk091022 002.01.jpg szk091022 001.01.jpg szk091022 003.01.jpg

 そばに行ってよく見ると、まだ発芽していない「におい水仙」の鉢の上を歩いて、前回置いた土だけの鉢には目もくれず、あざ笑うかのように手前の鉢に“キャット・シット”。

 10月17日(土)・18日(日)の連続テロに続いて、ついに平日にもダーティーテロが発生。唯一、今回は「におい水仙」の球がほじくりかえされていなかったことだけが救い。

 それにしても、『のら猫にげる』パックを設置してそんなに日が経っていないにもかかわらず、今回の凶行。

 今回の一件で、ますます狸の線も捨てがたくなったのですが、とりあえずは猫ということで、『のら猫にげる』以外の対策を至急に立てなくては。

 うーーーっ、それにしても腹が立つ!!!

●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

 代わりに『豆狸の書き込み寺』を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但しコメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、否認または削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。



ラベル:糞害
posted by 豆狸 at 04:55| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

糞害対策

 朝一、3日連続テロがあるかもしれないと玄関を出て「におい水仙」の鉢を見てみると、昨日と同じ状態で何事も無く、ほっと一安心。

 とりあえず糞害対策として『のら猫にげる』を、犯行現場付近に散布しているのですが、今回のは以前の顆粒状とは異なり、“ゼオライト(沸石:ふっせき)にレモングラス等を吸着させた製品”。
szk091019 001.01.jpg

 そのおかげで効果は長く持続していいのですが、時間が経っても自然消滅するわけではなく、臭い成分だけが消えて本体のゼオライトだけが残るってすんぽうです。
szk091019 002.01.jpg

 というわけで、これではあまりにも見栄えが悪いので、考えた末“お茶パック”に『のら猫にげる』をいれて、犯行現場付近に設置しておくことに。
szk091019 003.01.jpg szk091019 004.01.jpg

 これで、見た目も良くて回収も楽になっての一石二鳥。
szk091019 005.01.jpg szk091019 006.01.jpg

 それにしても、犯人はいったい誰なんでしょう? 犯人が特定されない限り、適切な対策が取れないのが本音の所。いよいよ監視カメラの本格的導入を、検討している豆狸です。

●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

代わりに『豆狸の書き込み寺』を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但しコメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、否認または削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。

ラベル:糞害
posted by 豆狸 at 05:17| 大阪 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

フンガイ・憤慨・糞害4

●10月17日(土)朝一、玄関を出たとたん嫌な予感がして、植え替えたばかりの、遠目のも土の上に黒い物が。
szk091018 003.01.jpg

 ………。言葉もありません、次回『のら猫にげる』散布を10月25日(日)としていたのに、見事に機先を制してダーティーテロ“キャット・シット Part3”の発生です。

 鉢を代え土は廃棄したのに、同じ位置に置いてあったその鉢にわざわざテロ行為。ズラッと並んだ他の鉢には見向きもしていません。

 忌避剤『のら猫にげる』もまだ香っています。これって本当に猫なんだろうかと思いつつ、現場検証をしているときふと頭をよぎったのが“狸のため糞”。

 考えてみれば、豆狸としては“猫の糞”も“狸の糞”も見たことがありません。単純に猫と思っていたものが、新たなる可能性が浮かび上がってきました。

 とりあえず今回の対応策として、前回取り替えた鉢に土だけ入れておいて、同じ場所においておくことにしました。是が非でも犯人特定のために、監視カメラが欲しいところです。

●10月18日(日)朝一、妙に胸騒ぎがして玄関を出て「におい水仙」の鉢を見ると、今日は球が掘り返されてるは、“キャット・シット”は埋められてるはのダブルパンチ。
szk091018 001.01.jpg szk091018 002.01.jpg

 このままでは2度あることは3度あるでは困るので、先週植え替えたばかりの「におい水仙」を掘り出し、再度の植え付けです。ちなみに掘り出した球の数は80球。
szk091018 005.01.jpg

 球を見ればカルスが巻き始め、発根している物や発芽している物もあります。用土は廃棄処分のうえ、鉢も前回と同じように熱湯消毒。
szk091018 006.01.jpg

 他の鉢はあらされず、この鉢のみ。鉢も用土も替えてあったのにするということは、この場所がお気に入りなのかもしれないと思い、同じ場所に土だけの鉢を置いて、植えつけた鉢は離れた所に置くことにしました。
szk091018 007.01.jpg

 連日のテロ行為という新たな展開を見せ始めた?ダーティーテロ、何とか解決しなければ★★★

●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

代わりに『豆狸の書き込み寺』を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但しコメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、否認または削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。



posted by 豆狸 at 04:46| 大阪 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

日除けの片付け

 豆狸ンちの玄関前の棚は、唯一直射日光が照りつける場所。ですから夏場はよしずで囲み、寒冷紗で覆って葉焼けを起こさないように日除けをしています。
szk091012 003.01.jpg szk091012 004.01.jpg szk091012 006.01.jpg

 10月に入りようやく日差しも柔らかくなり、日中でも日除けがいらなくなったので、日除けを片付けることに。

 よしずで囲むさいの支柱になるアルミのアングル【写真↓印】を棚から外し、よしずと一緒にまるめて、寒冷紗と一緒に来年又使う日までのお別れです。
szk091012 002.01.jpg

 暑いさなかご苦労様。君たちのおかげで、玄関の棚場の草樹達は元気でいられます。来年も宜しくお願いします。ゆっくりと冬越し準備の始まりです。
szk091012 008.01.jpg

●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

 代わりに『豆狸の書き込み寺』を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但しコメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、否認または削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。

posted by 豆狸 at 05:25| 大阪 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

フンガイ・憤慨・糞害3

 朝一、棚場・置き場廻りをしていたら、何とこともあろうに糞害にあった同じ鉢の土がまわりに飛び散っているではありませんか。ダーティーテロ“キャット・シット Part2”の発生です。
szk091011 001.01.jpg

 前回は9月25日ということは、今日で16日目。忌避剤『のら猫にげる』の効能書きを確認してみると、“忌避効果は7〜10日程度持続”とあります。

 ちょうど効果がなくなった頃を見計らって、又やられたもようです。このままこの鉢が公衆トイレになってしまったら、堪った物ではないのでこの鉢を植え替えることに。

 鉢をひっくり返して、土を出していると前回と同じ量の“キャット・シット”を確認。用土は再生せずこのまま廃棄処分に。【写真は、被害をこうむった鉢の球たち】
szk091011 003.01.jpg

 鉢は豆狸にはわからないようにマーキングされている可能性もあるので、違う鉢と交換して熱湯消毒をして、しばらくは使わないことに。

 植え替えが済んだ後、置き場周辺を綺麗に掃除をして、再度『のら猫にげる』を散布。今後はこんなことが無いように、2週間おきに『のら猫にげる』を散布しなければ。
szk091011 006.01.jpg szk091011 007.01.jpg szk091011 008.01.jpg

 次回散布は、10月25日(日)。それにしても、ホンと腹が立つ★★★

●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

 代わりに『豆狸の書き込み寺』を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但しコメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、否認または削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。


posted by 豆狸 at 05:18| 大阪 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

台風一過

 2時〜4時くらいまでが雨・風ともにピークで、雨が雨戸を叩く音がまるでBB弾をフルオートで雨戸めがけて撃ってるみたい。

 この調子で、棚場・置き場の草樹を打ち付けてると思ったら、気が気ではありません。こんなに酷いのなら、あれも入れといたらよかったこれもと、次から次へと不安が頭をよぎります。

 ビュウっと突風の音が聞こえて、少し間があってガチャ〜ンという、一番聞きたくない音も、一度も聞こえることなくようやく8時に。

 この頃になるとようやく天候も小康状態になり、小雨の中急いで棚場・置き場を見廻り開始。

 グルッと一周見廻ってみて、落ち葉が目に付いた物の、棚から落ちてわれたりした物が一鉢もなく、唯一、置き場で転倒していたのが5鉢だけということで、ホッと一安心。

 あの雨と風の中、被害が5鉢転倒だけっていうのはけっこう成績が良かったんじゃないかと自画自賛しております。

 ちなみに転倒した5鉢は、「八房万作」(やつぶさまんさく)【写真@】、「木蔦」(きづた)【写真A】、「青桐」(あおぎり)【写真B】、「徳之島つわぶき」【写真C】、「三葉木通」(みつばあけび)【写真D】です。

szk091008 001.01.jpg szk091008 002.01.jpg
szk091008 003.01.jpg szk091008 004.01.jpg
szk091008 005.01.jpg


●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

 代わりに『豆狸の書き込み寺』を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但し、コメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。


posted by 豆狸 at 04:44| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

台風18号

IMG_1864.01.jpg

 1時起床。風の音、雨戸のガタガタで目が覚める。テレビをつけると、近畿地方が暴風域に入ったということなので、もう少し寝たいもののこのまま起きることに。

 前日に棚場・置き場を見廻り、取り込めるものは玄関に取り込んで、避難・移動を完了【写真】してはいるのですが、何が起こるかわかりません。

 雨台風ならまだマシなんですけど風台風の場合、風に煽られて棚から鉢が飛ばされるケースが過去何回かあったので、緊急事態に備えてレインシェードを準備して、只今待機中です。

 なんにも、ありませんように。
ラベル:台風18号
posted by 豆狸 at 02:17| 大阪 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

土の再利用

 草樹を植え替えたり、枯死したりして出た使用済みの用土(廃土;はいど)はそのまま廃棄せず、豆狸としては“再生土”として再利用しています。

szk091001 002.01.jpg szk091001 001.01.jpg
 まずは廃土の状態を確認して、角型ざるにいれて根っこ・お邪魔ムシなどの不純物を取り除いた後、天日乾燥します。【写真は、門柱で天日干し中の廃土】

szk091004 001.01.jpg
 乾燥が出来ると、篩(ふるい)にかけます。篩に使う金網の目開きは6×8,5×5,3×3,1×1(単位;mm)の4種類の金網。【写真は、土篩(つちふり)に使う、篩と盥(たらい)】

szk091004 002.01.jpg 【粗ゴロ(あらゴロ)】
 6×8の金網に残った物は、“粗ゴロ”として大鉢の鉢底石として用います。

 szk091004 003.01.jpg【ゴロ土(ゴロつち)】
 6×8の金網を通って、5×5の金網に残った物は、“ゴロ土”として中鉢の鉢底石として用います。

 szk091004 004.01.jpg【再生土(さいせいど)】
 5×5の金網を通って、3×3の金網に残った物は、“再生土”として小鉢の鉢底石や、草物の中・大鉢用の用土として用います。

 szk091004 005.01.jpg【花小鉢(はなこばち)】
 3×3の金網を通って、1×1の金網に残った物は、“花小鉢”として小鉢の草物用・挿し木床・採り播き用用土として用います。

 szk091004 006.01.jpg【微塵(みじん)】
 1×1の金網を通って、0.5×0.5の金網に残った物は、“微塵”としてケト土に用いるのですが、ケト土を使わなくなったため、現在はこの時点で廃棄処分にしています。

 再生土は全草樹に用いるのではなくて、使用目的・種類によって新土と使い分け、使うときも種類によっていろんな物を追加して使っています。
posted by 豆狸 at 04:53| 大阪 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

フンガイ・憤慨・糞害2

szk090928 002.01.jpg szk090928 001.01.jpg

 メタボ・メタボとメディアがこぞって煽るようになって、近頃やたらと目に付くようになったウォーキングをしてる人と、犬と一緒に散歩に散歩してる人。

 それにしても今まで犬の散歩といえば朝のイメージがあったのですが、最近は夜中やまだ日もあけ切らぬ早朝にしている人が多いのにはビックリ。

 そのせいか朝一玄関を出るなり、門柱脇にある電信柱に犬のマーキングや××がされていて、大慌てで掃除ということになることがたびたび。

 そういうことが何回かあって、犬を散歩に連れてる人をよく観察してみると、夜中や早朝にかけての夜組は犬のリード線を持ってるだけで、後は手ぶら。

 日中散歩に連れている人でも、犬が排便を始めると途端に周りを見渡し、人がいなければ××はそのまんま放置したまま。人がいれば持ち帰るといった具合。

 生活道路であろうと、人んちの玄関先であろうと、ガレージ・更地もお構いなし。ひどいのになると、お寺のトイレにわざわざ犬の××を流すほど。

 こんな所からもモラル・ハザードが始まっているみたいですが、日本人っていつからこんなふうになってしまったのでしょう?
posted by 豆狸 at 04:50| 大阪 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

フンガイ・憤慨・糞害

szk090921 013.01.jpg szk090921 010.01.jpg

 朝からフィッシング詐欺メールが送りつけられて、危うく引っかかりそうになって気がめいってる豆狸です。

 気を取り直していつも通り朝一棚場・置き場を廻っていたら、「水仙」の鉢の周辺でヘンな臭い。あたりを見回しても臭いの許は見当たらず、一週廻ってもとの位置。

 やっぱり臭うので、よく見てみると「水仙」の一鉢の土が波打って、球根が出ているではありませんか。

 土をならして球を埋めようとしたら、何とその球は“糞”。さらに土の中からも、ゴロゴロと。においの許はこれ。

 犬、猫、狸…、犯人はいったい??? とりあえずにおいの許を取り除き、再犯を防ぐために豆狸ンちの唯一の忌避剤『のら猫にげる』を周辺に散布。

 犯人がわからないまま、夕方ゴミを捨てに玄関を出ると、門柱から入ろうとする虎猫とバッタリと鉢合わせ。豆狸も驚いたものの、相手も虚を突かれたらしく大慌てで遁走。

 こいつが犯人と直感した豆狸は、急いで門柱周辺にも忌避剤を散布。それにしても草樹の世話を始めて、こんなことは初めて。ホンと、怒りのもって行き所がありません。

ホンと腹が立つ★★★
ラベル:糞害
posted by 豆狸 at 04:59| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

初見参

szk090911 024.01.jpg szk090911 025.01.jpg szk090911 027.01.jpg szk090911 026.01.jpg

 夕方ゴミを捨てに玄関を出ると、門柱に緑色の物が。よく見ると蟷螂(かまきり)が頭を下にして、じっとしています。

 下は、バッタが跳梁している「姫蔓蕎麦」(ひめつるそば)。きっと夕食の確保に、専念しているのかも知れません。

 でもこの蟷螂、見慣れた小蟷螂ではなくて体長は大きく色も鮮やかな緑、かといって大蟷螂でもなくて、何となくズングリムックリしています。

 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』で調べてみたところ、特徴って言われてる前翅に白い斑点は確認できなかった物の、全体からハラビロカマキリと断定。

 ちなみに、これは豆狸ンち初見参の蟷螂。

 夕暮れ時、じっと見られているのも鬱陶しそうなので、そそくさと家に入った豆狸でした。あの蟷螂、うまいこと夕食にはありつけたのでしょうか?

szk090911 029.01.jpg szk090911 030.01.jpg szk090911 028.01.jpg szk090911 031.01.jpg




■ハラビロカマキリ■【Hierodula patellifera】
カマキリ科
posted by 豆狸 at 04:58| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

コケ貼りその後

szk090921 001.01.jpg szk090921 004.01.jpg szk090921 002.01.jpg

 コケ貼りをして1週間も経たないのに、早くもポツポツと顔をのぞかせ始めた新規の“お邪魔ムシ”たち。

 貼る前にしっかりと確認できた“お邪魔ムシ”たちの双葉を抜いて、根っこを掃除したはずなのですが、このありさまです。

 たぶん種として隠れていたのが、待ってましたとばかり発芽したのだと思います。まだこれくらいだと抜きやすいので、根がまわらないうちに早々に退去していただくことに。

 “お邪魔ムシ”と豆狸の、棚場を巡る果てしない覇権争い。この戦いどちらかが倒れるまで続く物と思われますが、必ずや勝利は豆狸の手に帰すものと信じて、日々の棚場廻りを続けています。
ラベル:コケ
posted by 豆狸 at 04:58| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

コミスジチョウ

szk090911 021.01.jpg szk090911 023.01.jpg

 最近見慣れない蝶々が、棚場にやってきます。紋白蝶(もんしろちょう)ぐらいの大きさですが、紋白蝶みたいなせわしない飛び方ではなくて、フワリフワリとゆったりと飛んでいます。

 色合いも紋白蝶とは間逆の、黒地に白のラインが三本。その蝶々が珍しく日向ぼっこでもしているのか、鉢に留まって気持ち良さげに翅を広げたり閉じたりしています。

 よく見ると、花でもないのにコケに口吻を突っ込んでいます。どうやら水分補給のようです。そういえばたまに道に水を撒くと、蝶々が下りてきて留まっていることがあります。

 偶然写真に撮ることが出来たので、ネットで調べてみると「葛」(くず)や「藤」(ふじ)を食草にしている小三条蝶(こみすじちょう)と判明。

 揚羽蝶(あげはちょう)・紋黄蝶(もんきちょう)・褄黒豹紋(つまぐろひょうもん)・大和蜆蝶(やまとしじみちょう)、たまにやってくる烏揚羽(からすあげは)・青条揚羽(あおすじあげは)・一文字挵(いちもんじせせり)に続く新顔の登場です。

■小三条蝶■【Neptis sappho】
タテハチョウ科
posted by 豆狸 at 04:54| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

“お邪魔ムシ”総括

szk090917 001.01.jpg szk090917 002.01.jpg szk090917 003.01.jpg

 連日の“お邪魔ムシ”取り除き作業で、棚場・置き場を一通りグルットまわってようやく最初のところに戻ってくると、もう既に次の世代の“お邪魔ムシ”たちが顔をのぞかせているではありませんか。

 今の状態では小さすぎて抜きにくいので、もう少し大きくなって本葉が確認で来たあたり、根が太くなる前に抜こうと思います。

 見つけて抜くのが早いか、抜く気をなくすくらいいっきに殖えるのが早いか、ホンと、豆狸と“お邪魔ムシ”の追いかけっこです。

 先日のように新しい所からコケを導入すると、いくら厳しくチェックしていてもその目を掻い潜って新手の“お邪魔ムシ”が侵入してきます。

 日々の棚場廻りでいち早く“お邪魔ムシ”発見し、適切に対処していかなくては、あっという間に席巻されかねません。

 草樹達の綺麗を持続させるには、こまめな“お邪魔ムシ”対策が欠かせない条件の一つだと思っています。

 それにしても、次はどんな新手が現れることでしょう?

szk090917 006.01.jpg szk090917 004.01.jpg szk090917 007.01.jpg
posted by 豆狸 at 05:07| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

コケ貼り

szk090903 002.01.jpg szk090903 003.01.jpg szk090903 004.01.jpg

 送られてきた山採りされたコケ、ゴミや落ち葉やその他こまごました物を取り除き、おおまかな掃除完了。

 記念すべき一鉢目は、コケがまったくなくなってしまった「黄櫨」(はぜ)の実生寄せ植え。

 ある程度鉢で持ち込んでいると、根っこから何か接着成分でも分泌されているのか、コケがなくても水やり時の土こぼれはほとんど見られませんが、見た目もあってコケを貼ることに。

 豆狸流のコケ貼りはただコケを乗せるのではなく、コケの原糸体(草樹の根っこに当たる部分で、綿みたいな感じの部分)を茎葉体ギリギリ、コケがバラバラになり一歩手前まで切取ります。

 それを微妙な力加減で引っ張り薄くして土の上に置いた後、ピンセットで形を整え小型のコテでしっかりと土と馴染むように転圧します。

 こうすることで活着しやすくなり、ただ置いただけの置きゴケとは違って、日にちがたっても置いたままの状態で動くようなことはありません。

 コケは盛るのではなくて出来るだけ薄く貼るべきで、鉢一杯いっぱい貼るのではなくて、八分目くらいにしておいて、成長して一杯になるような感じで張るのが理想だと思って作業しています。

szk090903 005.01.jpg szk090903 006.01.jpg szk090903 007.01.jpg

■苔■【Bryophyte】
ラベル:コケ
posted by 豆狸 at 04:50| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。