2008年05月13日

馬鈴草@中国産

szk080512 005.01.jpg szk080512 006.01.jpg szk080512 007.01.jpg

 先日入手した「中国産馬鈴草」(ちゅうごくさんうまのすずくさ)が、咲きました。

 パッと見てすぐに目に飛び込んでくる葉っぱは、「馬鈴草」の名前の由来にもなった馬の顔的な形ではなくて、どちらかといえば「寒葵」に近いハート型をしています。

 表裏ともビッシリと細かい柔毛に覆われていて、触ってみるとビロードを触ってるような感触です。

 花の形は国産の「馬鈴草」に近い、サックス型。ただ、朝顔管がチョッとヘシャゲタ形になっていますが、コレはこの花だけの特徴なのか、全部がそうなのかはわかりません。

 色は全身真っ黄色で、ビッシリと細かい柔毛に覆われています。「馬鈴草」に見られる文目模様は確認できませんが、萼筒部へ続く穴の縁に一部紫褐色が見えます。

 株は、地際の一番古い部分が木化して茶色くなっていますが、あとは緑色をしていて若い部分にしたがって、柔毛が密に覆っています。

 こうして見ていくと、「中国産馬鈴草」イコール“柔毛”・“モサモサ”っていうイメージが出来上がってしまいました。

szk080512 008.01.jpg szk080512 011.01.jpg szk080512 009.01.jpg

★安易な山採りよりも、計画的な繁殖を★

■中国産馬鈴草■【Aristolochia mollissima】
ウマノスズクサ科/草丈14.5cm/左右11.5cm/花径2.8cm/奥行き2.5cm/葉(縦10.5cm×横8.7cm)/最大幹径0.3cm/古葉1枚+新葉1枚+花×1/鉢;プラ鉢


posted by 豆狸 at 06:07| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。