2008年04月30日

亀仙人@開花

szk080426 024.01.jpg szk080426 025.01.jpg szk080426 026.01.jpg

 大輪葵の青軸・素芯花・亀甲葉です。名札に「亀仙人」(かめせんにん)とありますが、登録されてるのかどうかは、確認できませんでした。ひょっとしたら、個人的につけられた物かもしれません。

 萼裂片が基本種に比べてヨリも少なく、大きさもこじんまり。鍔状環が見当たらなくて、周囲のヒダヒダシワシワの凹凸がクッキリと目立ち、口は小さめです。

 「亀仙人」って名付けたのは、やっぱり亀甲葉だから? “亀葉芽葉(かめはめは)”でも、面白かったりして。

szk080426 028.01.jpg szk080426 030.01.jpg szk080426 031.01.jpg

★安易な山採りよりも、計画的な繁殖を★

■大輪葵「亀仙人」■
ウマノスズクサ科/草丈5cm/左右20cm/花径3cm/奥行き2.5cm/葉(縦9cm×横5.5cm)/古葉2枚+花×1/鉢;プラ鉢


posted by 豆狸 at 05:50| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。