2008年04月24日

三鈷寒葵

szk080415 019.01.jpg szk080415 020.01.jpg szk080415 022.01.jpg

 鹿児島県甑島産の「三鈷寒葵」(こしきかんあおい)が咲きました。あんまり花が小さいのと、土の色と見分けにくかったことで、気がつくのが遅れてしまいました。

 「三鈷寒葵」の名前の由来の“三鈷”とは、先端が三つに別れている密教法具“三鈷杵”(さんこしょ)のことです。

 それと、本来6本ある寒葵の雄しべが3本しかないことから、「三鈷寒葵」と名付けられたとか。チョッとうがちすぎのようにも思うのですが。

 単純に、萼筒を割ってみたら雄しべが三つしかなかったから三個(さんこ)。「サンコカンアオイ」って言うことは、ないんでしょうかねぇ?

★安易な山採りよりも、計画的な繁殖を★

szk080415 034.01.jpg szk080415 024.01.jpg szk080415 027.01.jpg

■三鈷寒葵■
ウマノスズクサ科/草丈2cm/左右8.5cm/花径1cm/奥行き1.5cm/葉(縦3.5cm×横1.8cm)/古葉×1+新葉×1+花×1/鉢;プラ鉢


posted by 豆狸 at 07:15| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。