2008年04月13日

野村@芽摘み

szk080406 017.01.jpg szk080406 018.01.jpg szk080406 020.01.jpg

 植え替えた頃は何もなかったのに、暖かくなってきて一気に葉っぱが展張して、ボサボサ状態の「野村」(のむら)です。こうなり始めたら、“芽摘み”作業の開始です。

 “芽摘み”は、新芽が開いて左右に開いた葉っぱの中心から出てきた芽を、摘むことをいいます。こうすると、節間の短い枝が出来ます。

 摘むには、ピンセットでも鋏でも、何もなかったらつめでもOK。メーカーによっては、握り鋏を細長くしたような、“芽摘み”専用の鋏を出してるとこもあります。

 目が慣れなかったりしてわかりにくいときは、しばらくおいといて、はっきりわかるようになってから始めたほうが、失敗しなくて済みます。

 チョッと切ったつもりでも、こんなに葉っぱが溜まりました。

 szk080406 021.01.jpg  szk080406 022.01.jpg  szk080406 023.01.jpg  szk080406 026.01.jpg

■もみじ「野村」■
カエデ科/樹高26cm/左右11.5cm/最大幹径1.2cm/鉢;お手製の「グイチ丸鉢」


posted by 豆狸 at 06:45| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | もみじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。