2008年03月29日

覆輪一休@咲きました

szk080322 001.01.jpg szk080327 002.01.jpg szk080322 003.01.jpg

 以前書いた「一休」さんの別バージョン、椿「覆輪一休」(つばき「ふくりんいっきゅう」)が咲き始めました。

 ちなみに、「一休」さんの頭についてる“覆輪”っていうのは,“花弁の縁沿いに、模様が入ること”を言います。

 “淡桃地に紅の縦絞り・吹きかけ絞りと白覆輪入る、八重・蓮華性の小輪です。「小紅葉」(こもみじ)の枝代わりとして、発見されました。1859(安政5)年刊行の『椿伊呂波名寄色附』に初出

 この椿、種苗会社のカタログの名前が入れ替わっていて、写真を見て注文した物とは違う物(じつはコレが「覆輪一休」)が送られてきて、数日後に謝罪文と一緒に注文した物が送られてきました。

 同封されてた謝罪文の末尾に、“先にお送りしている分は、お納めください”ということで、豆狸ンちにいることになったという、何とも面白い縁でつながった椿です。

 考えてみれば、送られてきた時はポット苗。花は付いてないので、送られて来たのが注文品かどうかは、名札でしか確かめようがありません。

 けどホンと、いい椿がやってきたもんです。何せ写真より本物の方がずっといいんですから。

szk080327 003.01.jpg szk080322 004.01.jpg szk080322 008.01.jpg

参考文献;『日本ツバキ・サザンカ名鑑』誠文堂新光社

■椿「覆輪一休」■
ツバキ科/樹高32cm/左右23cm/花径6.5cm/奥行き2.5cm/葉(縦5cm×横2cm)/最大幹径0.8cm/鉢;左楽


posted by 豆狸 at 05:49| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。