2008年03月14日

野村@植替

szk080307 016.01.jpg    szk080309 005.01.jpg szk080309 007.01.jpg

 今回は持ち込み16年のオオモミジ系の「野村」(のむら)です。別名、「武蔵野」とも呼ばれています。豆狸のもみじに関する虎の巻『カエデの本』によると、

 “古くから存在する品種。類似品が多いため決定品なし”とあります。“決定品なし”となると、豆狸ンちの「野村」は「野村」ではなくて「野村もどき」なのでしょうか?

 とはいえ、「野村」としての必須条件がわからない今、今まで通り「野村」として扱っていこうと思います。

 樹を見て目に付くのが、枝にある螺旋状の傷。この傷は、針金かけを始めたばかりのころ、針金をはずすタイミングを間違えて、つけてしまったものです。

 肉のまいた箇所を削って、もう一度肉をまかせると綺麗になるという話しも聞きますが、豆狸自身の戒めもこめまして、このままで置いてあります。

 去年植え替えが出来なくて心配していたのですが、走り根もなく細根が張って根の状態もよく、ホッと一安心。新しい鉢に植えつけて作業完了。

 根っこを上げれるだけ上げて植えつけてるので、多少足元が細くなって不安がありそうですが、しっかりと固定できていて、見た目以上にがっちりとしています。

szk080309 069.01.jpg szk080309 070.01.jpg szk080309 072.01.jpg szk080309 067.01.jpg

参考文献;『カエデの本』日本槭刊行会

■もみじ「野村」■
カエデ科/樹高26cm/左右11.5cm/最大幹径1.2cm/鉢;お手製の「グイチ丸鉢」


posted by 豆狸 at 05:45| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | もみじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。