2008年03月06日

犬枇杷@ネマトーダ

szk080229 009.01.jpg szk080301 019.01.jpg             szk080301 022.01.jpg

 2鉢ある「犬枇杷」(いぬびわ)を、まとめて一鉢に植えることにしました。まずは真っすぐに伸びた、背の高いほうから作業開始。

 鉢から出して根洗いをしてビックリ、根っこに大小様々な瘤(こぶ)がたくさん付いてるではありませんか。

 すぐに思いつく根瘤バクテリアは、マメ科専門。見慣れてる根頭癌腫病のように、醜くも無い。同じクワ科の「無花果」(いちじく)も甚大な被害を受けることから、ネマトーダ;根瘤線虫(ねこぶせんちゅう)と断定。

 カミキリムシが媒介すると聞いたことがあったので、よく見るとそれらしき噛み痕を発見。

 このままにしておいても、しばらくは生きてると思うのですが、他の鉢にも感染する恐れがあるので、この株を破棄することに。

 このままビニール袋に入れて捨てればいいのですが、苦しみが続くのはかわいそうなので、思い切って豆狸が引導を渡すことに。

 当然土も処分し、今回の作業に関わった鉢・道具類は、熱湯消毒後アルコールで滅菌。この一連の作業は、根頭癌腫病で慣れてるので円滑に完了。

 結局寄せ植えの予定が、1株で植えることになったものの、こちらの株は何の問題も無く、元気なので一安心。

 常々、草樹の致命的な病害虫に、効果的な処置が出来ない現状に対して、心を痛める豆狸でした。う〜ん、何とかしなくては。

szk080301 025.01.jpg szk080302 028.01.jpg szk080302 030.01.jpg szk080302 026.01.jpg

■犬枇杷■
クワ科/樹高17.5cm/左右5.5cm/最大幹径0.7cm/鉢;峰生


posted by 豆狸 at 09:45| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | クワ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。