2008年03月02日

石蕗@民間薬

szk080301 001.01.jpg szk080301 002.01.jpg

 先日、左足のふくらはぎの静脈瘤がはれて熱を持ってきたので、「石蕗(つわぶき)の葉っぱ、ちょうだい」と母狸。もともと母狸用として作ってるのもあるので、快諾したのでした。

 次の日、「効いたみたいやから、もう一枚ちょうだい」というので、もちろん快諾。豆狸も石蕗の葉っぱの使い方を覚えとこと、一緒についてみていたのでした。

 もともとは、火であぶって、もんで柔らかくして患部に貼るらしいのですが、今回はレンジを使用。20秒ほどレンジにかけるとブツブツ・バンバンと結構激しい爆発音。

 それをレンジから出して揉んで使うのですが、その石蕗の葉っぱの縁がフリルになってるではありませんか。

 嫌な予感がして、「コレ、何処から取ったん?」「玄関の棚。葉っぱが変やったから、コレやったらええやろ思て」

 …、ショックで声も出ません。この石蕗、「達磨獅子」(だるまじし)って銘品。葉っぱ変なんじゃなくて、コレ獅子葉っていう葉芸なんですけど。

szk080301 003.01.jpg szk080302 003.01.jpg

■石蕗「達磨獅子」■
キク科/草丈16cm/左右27cm/鉢;信楽山野草鉢


ラベル:石蕗
posted by 豆狸 at 16:24| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キク科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。