2008年03月01日

秋茱萸@植替

szk080223 025.01.jpg

 花トモからいただいた枝から採り播きして早5年、そろそろ植え替え時期になってきた、落葉低木の「秋茱萸」(あきぐみ)です。

 1株だけ極端に大きくなっていますが、残りの1株はその勢いに押されて、隠れるように小さくなっています。

 鉢から出して根洗いをして全体を見てみると、寄せるよりはあわせて1本に見えるようにしたほうが面白そうなので、あわせることにしました。

 まずは下処理。太い株の方は、太根があぐらをかいてる上に走ってるので、あぐらはそのままに走り根を切り詰めて、それにあわせて枝も剪定しておきます。

 2株を寄せて2.5φのアルミ線でまとめていくわけですが、力加減としては、“曲づけ”と“ゆるがけ”の中間ぐらい。

 締めすぎず緩くなりすぎず、かつ芽にあたらないように注意してかけていきます。かけ終わったら、立ち上がりの太さが見えるように、ゲタを履かせて高さ調整をして植えつけ。

 軽〜くS字になった、優しい一鉢が出来上がりました。

szk080225 008.01.jpg szk080225 009.01.jpg szk080225 010.01.jpg szk080225 006.01.jpg

■秋茱萸■
グミ科/樹高32cm/左右15cm/最大幹径1cm/鉢;美芸


ラベル:秋茱萸
posted by 豆狸 at 07:51| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。