2008年02月23日

限錦@植替

szk080217 006.01.jpg    szk080217 007.01.jpg szk080217 009.01.jpg

 古くから文献に登場する、イロハモミジ系の「限錦」(かぎりにしき)です。安定して斑が入るものの、色は地方によって濃淡に差があるようです。

 もともとは庭木用の接木素材を、小品盆栽用に改作した物です。豆狸ンちに来たときから台木の「山もみじ」に、かじられて肉が巻いた痕がザックリとへこんでいます。

 植替をするときはコレを見所にすべく、常に根を上げることを心がけています。

 豆狸ンちの来て、早15年。こまめに芽摘みをしている効果で節間も短くなり、芽数も増えました。

 幹は目立った変化もなく、これ以上太りそうもないので、ずぅ〜とこのままの樹形を、維持していきたいと思ってます。

szk080217 010.01.jpg szk080217 040.01.jpg szk080217 046.01.jpg szk080217 043.01.jpg

参考文献;『カエデの本』日本槭刊行会

■もみじ「限錦」■
カエデ科/樹高26cm/左右16cm/最大幹径1cm/鉢;茶山


posted by 豆狸 at 07:59| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | もみじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。