2008年02月22日

金鵄@開花

szk080219 032.01.jpg szk080221 003.01.jpg szk080221 005.01.jpg

 福寿草の六番手として、福寿草「金鵄」(きんし)が咲きました。パッと見、“花弁の少ないタンポポ”みたいです。

 文献によりますと、“花は開いたとき、星のような姿となります。濃黄金色で光沢があり、花弁の先端が深く裂けており、この裂けた裂片に長いものや短いものがあり、黄金色の星が輝いているようです。花弁の裏に暗い緑色の縞紋があります”とあります。

 名前の由来は、神武天皇東征の金色のトビ(鵄)ではなくて、花が咲いた状態が“金鵄勲章”に似てることから付いたようです。

 豆狸ンちの株は、資料にある写真と違って花弁が細いのですが、今のところ個体差と言うことで納得しています。

szk080221 006.01.jpg szk080221 004.01.jpg szk080221 007.01.jpg

参考文献;『福寿草』ニュー・サイエンス社

■福寿草「金鵄」■
キンポウゲ科/1芽/草丈4.5cm/左右4cm/花径4cm/奥行き1.5cm/鉢;プラ鉢


posted by 豆狸 at 14:31| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 福寿草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。