2008年02月06日

桂@植替

szk080202 013.01.jpg

 以前参加していた小品盆栽の会の、メンバーの方からいただいたタネを採り播きした、実生10年生苗の「桂」(かつら)です。渓流沿いなどによく生え、春の新緑、秋の黄葉共に美しい落葉大高木で、雌雄異株です。

 名前の由来は、黄葉の香りに由来する“香出(かづ)”による説と、枝を冠に挿した物を“鬘(かつら)”といったことから転じた説とがあって、現在では後者の説の方が有力なようです。

 取り立てて剪定・整枝をしなかったのですが、小鉢で持ち込んでるだけで大高木とある樹が、こんなコンパクトになりました。

 樹と鉢があわないので、採り播きした以来替えてない長方鉢から丸鉢に植え替えることにしました。長方鉢の形どおりになってる根を、傷めないように丸鉢に収めて植え付け作業完了。

 細幹ですが、樹肌も細かく荒れ始め、赤さが目立ち始め、柔らかくて女性的な樹姿を見せてくれるようになってきました。

 ★実生大好き★

szk080202 028.01.jpg szk080204 013.01.jpg szk080204 016.01.jpg szk080204 010.01.jpg

参考文献;『図説 草木名彙辞典』柏書房
       『木の名の由来』東京書籍
       『日本の樹木』山と渓谷社

■桂■
カツラ科/樹高24cm/左右15cm/最大幹径0.6cm/鉢;峰生


ラベル:
posted by 豆狸 at 08:04| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。