2008年01月24日

椿「一子佗助」

szk080122 013.01.jpg szk080122 014.01.jpg szk080122 016.01.jpg

 椿「一子佗助」(つばき「いちごわびすけ」)が、満開です。

 花は、濃い紅色一重、猪口咲き・筒しべ、佗芯の極小輪です。愛知県額田郡幸田町の民家栽の培種されているものから選抜され、1970(昭和45)年に、命名・発表された佗芯椿の第1号です。豆狸ンちには、平成7年11月にやってきました。

 年々新作椿の派手さが増していく中で、椿らしい花姿の椿です。細幹で作りこんでいるために、花数は少ないですが毎年咲いてくれます。

 豆狸が「佗助」っていう名前を始めて目にしたのは漫画『ドカベン』の中で、以後ずっとどんな椿やろ?≠ニ思っていて、最初に買った「佗助」です。

 椿もそうですが、園芸農家や盆栽農家の方たちは、5年先の売れ筋の品種を予想して栽培されているようです。そうゆうわけで、その年の新種を買い漏らすと、なかなか入手が難しいので困ります。

szk080122 017.01.jpg szk080122 020.01.jpg szk080122 021.01.jpg

〜旧稿『○○○×2のイチ押し★108 椿「一子佗助」』より加筆修正〜

■椿「一子佗助」■
ツバキ科/樹高20cm/左右23cm/花径4cm/奥行き4cm/鉢;お手製「正方鉢」


posted by 豆狸 at 14:45| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。