2008年01月18日

柿蘭@植替

szk080113 006.01.jpg szk080113 012.01.jpg szk080113 011.01.jpg

 去年・一昨年と植え替えの出来なかった、「柿蘭」(かきらん)です。今年、ようやく植え替えです。

 まず、表面にビッシリと枯れている裾隠しの「姫犬蓼」を、刈り取ります。コレで穂に残ってる種を確保。次に、鉢を斜めにしてトントンと叩いて、こぼれ出た表面の土を取り置きします。コレで土に落ちた種も確保。

 いよいよ植え替えです。しばらく植え替えてなかったので、鉢から抜けないのでは?と懸念してたのですが、わりとあっさり抜けてくれました。

 今季の芽に注意をして、土を落とし・根洗いをして、「姫犬蓼」や「菫」の根っこを取り除き、腐った「柿蘭」の根っこを綺麗に掃除して植え付けます。

 植え付ける段になって、さあ大変。鉢から出した途端、ギュッと締まっていた根がグルッとゆるんでしまって、どうにもこうにももとの鉢には納まりません。

 置き場所の問題もあるのですが、しようがないので一回り大きな鉢に植え付けることにしました。

 株が動かないように、鉢底穴から通したアルミ線で軽く結束して、土を入れていきます。八分目ぐらいのところで、取り置きしておいた「姫犬蓼」の穂をパラパラと播いて、次に土のほうも播いて、軽く覆土して作業終了。

 コレで「柿蘭」の植え替えと、「姫犬蓼」の移植がうまく出来ました。あとは、置き場の問題だけです。

szk080113 009.01.jpg szk080113 011.01.jpg szk080113 046.01.jpg

■柿蘭■
ラン科/鉢;陶翠


ラベル:柿蘭
posted by 豆狸 at 11:03| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生蘭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。