2008年01月11日

山茶花「姫白菊」

szk080111 002.01.jpg szk080111 006.01.jpg szk080111 008.01.jpg

 最初椿の棚場をまわっていて、足元の白い花を見て「白寒椿」が、また咲き始めた≠ニ思って、手にとりもせず見過ごしていたのでした。

 しばらくして雨が降りそうやから≠ニ思って取り出してみたら、別の山茶花。名札を見てみると、山茶花「姫白菊」(さざんか「ひめしらぎく」)ではないですか。

 よく見たら樹形や鉢でわかるのですが、パッと花だけ見たら似たように見えるのもそのはずで、「白寒椿」と同じ“カンツバキ群”。

 ちなみに“カンツバキ群”は、日本に自生する山茶花と椿との交雑によって生まれたとか諸説いろいろある山茶花「獅子頭」から生まれた園芸品種群。

 花は、上品な白色千重の小輪です。小輪といっても幹の細さに比べて、花の大きいのには驚かされます。

 花をよく見たら、老人斑が出始めています。今日からもっと気をつけて、棚場をまわらなければ。

szk080111 011.01.jpg szk080111 010.01.jpg szk080111 014.01.jpg szk080111 012.01.jpg

■山茶花「姫白菊」■
ツバキ科/樹高24cm/左右30cm/花径5cm/奥行き3cm/鉢;お手製の「撫角正方鉢」


posted by 豆狸 at 15:42| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。