2008年01月11日

スプレンデンス

szk080106 010.01.jpg

 先日入手した中国産の寒葵「スプレンデンス」(A.splendenns)です。豆狸的には「青城寒葵」(せいじょうかんあおい)の呼び方の方が、馴染みがあります。

 ポットから出してみると、2株とも太根が走ってて元気元気。1鉢ずつにするよりも、1鉢にまとめたほうが量感があって見た目もいいので、まとめることにしました。

 土を落として、サッと水をくぐらせて、葉っぱの向きを考えて株を組み合わせます。太い走り根は、鉢の内側に沿わしながら押さえ込んで、浮き上がらないように注意して植えつけます。

 葉っぱが広がるので環っかをするのですが、いつもの柱を立てるやり方だと、鉢の内側に沿ってグルッと走ってる太根を突き刺しかねないので、今回はアルミ線を螺旋状にして鉢の外側から押さえ込むやり方にしました。

szk080106 011.01.jpg szk080106 014.01.jpg szk080107 003.01.jpg szk080106 015.01.jpg

■青城寒葵■(スプレンデンス【A.splendenns】)
ウマノスズクサ科/草丈12cm/左右19cm/葉(縦8cm×横6.5cm)古葉×3/鉢;信楽山野草鉢


posted by 豆狸 at 07:27| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。