2008年01月09日

吉野@開花

szk080108 003.01.jpg szk080108 004.01.jpg szk080108 007.01.jpg

 暖かい日差しに誘われて、福寿草「吉野」(ふくじゅそう「よしの」)がほころび始めました。大きな花で光沢のある綺麗な黄色が、目をひきます。

 「吉野」を調べてみると、福寿草の産地として秩父と共にしられた東京都青梅で、戦前「青梅草」と呼んで栽培増殖し出荷していた野生株の内から選別抽出した物で、1977(昭和52)年銘名された品種ということがわかりました。

 大輪で光沢のある黄色で強健種ですが、種が出来ないのが残念。ということは、すべて株分けで増殖されてるってことです。

 今咲いてるのが八分咲きってとこで、次が微笑み始めたばっかり。最後のはまだ硬く口を閉ざしてますが、この3芽でしばらくは楽しく眺められそうです。

szk080108 006.01.jpg szk080108 005.01.jpg szk080108 008.01.jpg

参考文献;渇良園 月刊「園芸世界」'06年11月号

■福寿草「吉野」■
キンポウゲ科/草丈;3.5cm/花径;4cm/3芽/鉢;6号駄温鉢
posted by 豆狸 at 11:17| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 福寿草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。