2008年01月02日

赤花パンダ寒葵

szk071229 010.01.jpg szk071229 011.01.jpg szk071229 016.01.jpg

 去年の4月21日、種苗会社から送られてきた「赤花パンダ寒葵」(あかばなパンダかんあおい)、豆狸ンちにやってきたときから元気がなくて、あんまり株の状態が良くなかったので、鉢替もせずに養生することに。

 何とか夏越ししたものの、置き場所に問題はないのに、葉焼けをおこしてしまったり、葉っぱにコッペが入ったりと、どうもようすがおかしい。

 根の状態が悪いのでは?と気にかかり、ポリポットの赤玉土も泥化一歩手前なので、植え替えてみることにしました。

 ポットから出してみると、根が水ゴケで巻かれていて、それをそのまま赤玉土に植え込まれていたことがわかりました。どうも急遽株分けして、出荷したように見えます。

 株分けしたときの“植え替えショック”と、その後の加湿で根腐れと戦っていた株が、相当ダメージを受けてるって感じです。

 水ゴケを取り、崩れ始めてる赤玉土をおとして、サッと根洗いして植えつけます。コレでしばらく養生して株に力がもどれば、葉っぱも綺麗になって、来季には待望の花が見られるかもしれません。

szk071230 006.01.jpg szk071230 009.01.jpg szk071230 008.01.jpg

■赤花パンダ寒葵■
ウマノスズクサ科/草丈4cm/左右9cm/葉(縦4.5cm×横4cm)古葉×2+新葉×1/鉢;信楽山野草鉢


posted by 豆狸 at 08:08| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。