2007年12月12日

柊@開花

szk071209 004.01.jpg szk071209 001.01.jpg szk071209 002.01.jpg

 久しぶりに「柊」(ひいらぎ)の花が咲きました。父狸がモミジと一緒に水盤に植えつけて25年、1度も植え替えていないのですが根詰まりもせず、うまく循環してるようです。

 花をよく見ると2本の雄しべが目に付く雄花ばっかりで、残念ながら結実するのは望めそうにもありませんが、雄花だけでも香りだけは楽しめるのが救いです。

 和名の「ひいらぎ」は、葉っぱの棘が疼ぐ【ひいら・ぐ(「ひひらく」の音変化。「ひいらく」とも);ひりひり痛む】が転訛したともいわれていて、古くは「疼木」・「比比羅木」とも表記されています。

szk071209 007.01.jpg szk071209 010.01.jpg szk071209 011.01.jpg

参考文献;『図説 草木名彙辞典』柏書房
       『樹に咲く花 合弁花・単子葉・裸子植物』山と渓谷社

■柊■
モクセイ科/樹高100cm/左右40cm/花径0.5cm/水盤植え


ラベル:
posted by 豆狸 at 14:26| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。