2007年12月10日

玉紫陽花「矢作玉段花」

szk071208 003.01.jpg szk071208 004.01.jpg szk071208 008.01.jpg szk071208 010.01.jpg

 種苗会社の会誌に掲載されてた解説文、“矢作川流域の山で発見された八重咲きの美花。咲きはじめは緑花で、半月後にはピンクになり、長く咲き続けます”の“長く咲き続けます”に興味を覚えて入手した 玉紫陽花「矢作玉段花」(たまあじさい「やはぎぎょくだんか」)です。

 先日種苗会社から送られてきた挿木苗を、植え替えるべしでポットから出してみると、2本挿されてたようで1本は枯れたものの1本がしっかりと発根して、そのすぐ上には芽あたりが2ヶ所見えます。

 鉢は萩焼のぐい呑みに、穴をあけたものを使うことにしました。樹の固定は、鉢底穴から通したアルミ線でするのですが、滑り止めと樹本体に喰いこまないように、あてゴムとしてシリコンチューブを使います。

 樹が動かないようにしっかりと固定して、土をいれしっかりとつきこんで、コテで表面をおさえて、コケを貼って出来上がり。洒落た1鉢の完成です。

szk071208 011.01.jpg szk071210 001.01.jpg szk071210 005.01.jpg

■玉紫陽花「矢作玉段花」■
アジサイ科/樹高5.5cm/左右8.5cm/幹径0.2cm鉢;萩焼ぐい呑み


posted by 豆狸 at 09:46| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アジサイ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。