2007年12月06日

琴の糸@紅葉

szk071204 022.01.jpg szk071204 017.01.jpg szk071204 020.01.jpg

 オオモミジ系細糸葉の「琴の糸」(ことのいと)が、青葉に紅葉と黄葉が混ざって、一本で綾錦の見事な状態になっています。

 この状態が長く続いてくれるとありがたいのですが、どうやら後わずかで全落してしまいそうです。

 現在「琴の糸」は3種類あって、関東系は赤から紅色に紅葉して、「大和琴の糸」は黄色に染まるとあります。

 残り一つがどんなのかわかりませんが、書かれてる通りとすれば、豆狸ンちの「琴の糸」はその両方の特性を持っているようです。

 事実葉っぱ一枚とって見ても、5裂した細糸葉それぞれが紅・黄・両方混ざってるようにバラバラで、一枚見てるだけでも興味が尽きません。

szk071204 018.01.jpg szk071204 019.01.jpg szk071206.01.jpg

参考文献;『カエデの本』日本槭刊行会

■モミジ「琴の糸」■
カエデ科/樹高34cm/前後18cm/鉢;お手製の「撫角正方鉢」


posted by 豆狸 at 15:14| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | もみじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。