2007年10月30日

飛び込み苗

szk071023 012.01.jpg szk071027 005.01.jpg

 吊り鉢の下にある棚場の鉢には、吊り鉢の“こぼれ種”が飛び込んで、知らず知らずのうちに色んなのが芽を出しています。

 そんな“飛び込み苗”ばかりを集めて、一鉢にまとめてみました。集まったのは、「大文字草」・「屋久島こなすび」・「菫」の3種類。

 この時点では、名前がわからず「大文字草」としましたが、今回花が咲いたことによって、「小雀」(こすずめ)とわかりました。

 この「小雀」、残念ながら親株のほうは枯れてしまったので、たった一株残った忘れ形見ということになります。

 「小雀」はカタログによると、“濃赤色の多弁咲き、小輪。カスミソウのように花が群がって着き、華やかさを演出。性質強健で栽培容易”とあります。

 “飛び込み苗”として残っていた「小雀」には、何か特別な物を感じずにはいられません。大事に持ち込んで、来季はもっとたくさんの花が咲くように世話をしなくては。

szk071027 008.01.jpg szk071027 009.01.jpg

■大文字草「小雀」■
ユキノシタ科/草丈3.5cm/左右7cm/花茎8cm/花径2.6cm/奥行き0.5cm/鉢;文五郎


ラベル:大文字草
posted by 豆狸 at 08:09| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大文字草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。