2007年10月29日

雪の下

szk071023 005.01.jpg szk071023 010.01.jpg szk071023 013.01.jpg

 盆栽を始めたばかりの頃、草物盆栽の本に掲載されていた、豆鉢で持ち込まれていた「雪の下」の写真に感動して、「雪の下」(基本種)を平成6年11月23日から持ち込んでいます。

 あんまり小さくしすぎると花が咲かなくなるので、咲くか咲かないかの限界点を見つけるのに一苦労。でも小さくしすぎて花が咲かなくなっても、その小さな葉を見るだけでも、充分価値があると思います。

 春先あたりから、さかんに匍匐茎を四方に伸ばして、次から次へと版図を広げていきます。可愛いからと放って置いたら、棚にある鉢全部が匍匐茎でつながって、パニックになったこともあります。

 「雪の下」は昔から民間薬として、あかぎれ・霜焼けには、葉っぱをアブって貼ったり、かぶれ・ただれ・火傷には、葉の絞り汁を塗ったりして用います。

 「雪の下」・「つわぶき」・「どくだみ」・「げんのしょうこ」・「アロエ」って、やっぱりあれば便利ですよねぇ。

szk071023 006.01.jpg szk071023 009.01.jpg szk071023 008.01.jpg

〜旧稿『○○○×2のイチ押し★94 雪の下』より加筆修正〜


■雪の下(基本種)■
ユキノシタ科/草丈9cm/左右14cm/花茎12cm/花径2cm/奥行き0.5cm/鉢;3号型丸鉢


ラベル:雪の下
posted by 豆狸 at 08:11| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雪の下 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。