2007年09月10日

落ちてる

szk070909 003.01.jpg szk070909 005.01.jpg szk070909 006.01.jpg

 朝、棚場をまわっていた母狸が「真弓んトコで、コレ落ちてたよ」と、実を拾ってきてくれました。「真弓」の棚で実がなってるといえば、「吊花」(つりばな)。

 悪い予感を覚えながらも、恐る恐る見てビックリ。はずれて欲しい予感が、モロ的中。一つやったらまだしも、三つも落ちてるではありませんか。

 「今年は、たくさん着いてくれた」と喜んでいた「吊花」の実も、豆狸の眼鏡に引っかかって落ちるという、ありえないアクシデントで一つ落として以来の2度目の災難です。

 落ちた実を見ながら、水不足?鳥のせい?と今回の原因を色々と考えていて、はずれた柄の節の部分に注目。離層が出来て、自然にはずれたみたいに綺麗なことを発見。

 思いついたのが、秋に入って実の充実期を迎えて、樹自ら枝をふって余分な実を落としたというのが、真相のようです。

 それにしても、落ちるのは小さな実から。今回落ちたのは、直径1.2cmのが1個+1cmが2個。

 枝に残ってるのは、直径1.6cmのが2個だけ。何とかこのまま枝に残って、口を開いて欲しいと、祈るばかりです。

szk070909 010.01.jpg szk070909 011.01.jpg szk070909 008.01.jpg

■吊花■
ニシキギ科/樹高17cm/左右22cm/実径1.6cm/鉢;峰生


ラベル:吊花
posted by 豆狸 at 08:14| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニシキギ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。