2007年09月03日

蔓荊2

szk070903 013.01.jpg szk070903 014.01.jpg szk070903 012.01.jpg

 またまた沖縄県つながりで、沖縄県在住の“花トモ”から戴いたブログ2回目登場、沖縄名「ホーガーギ」の「蔓荊」(はまごう)です。九州南部から沖縄・東南アジア・オーストラリアにかけて、太平洋沿岸の海岸砂地に広く分布しています。

 生薬として用いられている蔓荊子(まんけいし)のもととなる実が、結実しました。豆狸としては生薬としては使いませんので、後は充実するのを待って、採り播きするだけです。

 ちなみに薬効は、頭痛、神経痛、解熱、中耳炎、鼻炎、アレルギー、手足のしびれ、眼病、皮膚病に効くとされています。

 和名の由来は、浜をはっている様子からついた、“はまはひ;蔓荊(はまはひ)・波万波比(はまはひ)”が転訛して、“はまごう”になったと言われています。

szk070903 016.01.jpg szk070903 017.01.jpg szk070903 020.01.jpg

参考文献;『楽しい沖縄の盆栽づくり』沖縄出版

■蔓荊■
クマツヅラ科/樹高32cm/左右17cm/実径0.6cm/鉢;一蒼


ラベル:蔓荊
posted by 豆狸 at 09:05| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | クマツヅラ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。