2007年07月17日

においらん

szk070715 024.01.jpg szk070715 026.01.jpg

 『ヤフオク』で見つけた「においらん」。単純に“野生蘭”だろうとの思い込みだけで、入手したのでした。

 実際に手にとって見た「においらん」は、「樫木蘭」とそっくりで「樫木蘭」を一回り大きくした感じなので、ますます確信を深めたのでした。

 そこで一度キッチリと調べてみようと、『野生ランを楽しむ』・『野生ラン』の両書で調べてみたものの該当する物が無く、ネットで検索してみてビックリ。

 “「ハラエラ・レトロカラ」[Haraella retrocalla]/和名;ニオイラン/自生地;台湾”と、あるではありませんか。なるほど野生蘭の本には載ってないはずです。

 ちなみに豆狸がいう「野生蘭」とは、“日本に自生する蘭。園芸的に交配育種などをされていない蘭”ということで、今回の「においらん」は豆狸的には「東洋ラン」に分類する物だということがわかりました。

 萼片と側花弁は鮮やかな黄色で、縁が波打って細かく切れ込みのある唇弁は大きくて、濃赤紫色の大きな斑紋が目に付きます。

 和名の由来は、花からシナモンの香りがすることから来てるようですが、豆狸としてはかすかににおいはするものの、シナモンは確認できませんでした。

szk070715 025.01.jpg szk070715 027.01.jpg szk070715 029.01.jpg

参考文献;『野生ランを楽しむ』朝日新聞社
       『野生ラン』家の光協会

■においらん■
ラン科/草丈3.5cm/左右8cm/花上下2.5cm/花左右2cm/鉢;お手製の「浅脚」


ラベル:においらん
posted by 豆狸 at 11:34| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋蘭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。