2007年06月28日

野茨

szk070628 002.01.jpg szk070628 003.01.jpg

 ごく普通の野茨です。図鑑には“のいばら”と表記されていますが、盆栽をしている人たちの間では、“のばら”で通っています。

 野茨は照葉野茨と比べて、葉が一回り大きくて、当然葉は照葉ではないので、簡単に区別がつきます。

 以前紹介した「みやび」と、入れ替わるように咲きました。花のタイミングが合うと、ローズヒップが楽しめたのにと思うと残念。

 棚場では、野茨どうしかためて置いてあるのですが、花期がなかなかそろってくれないのが当面の課題です。

 野茨は水を好むので、鉢をあまり締められないことと、針金を嫌うので“鋏作り”を中心に作ることにしていますが、流れを作るときには針金の“柔懸け”をすることもあります。

 豆狸んちのまわりでも宅地化がすすみ、緑がどんどんと失われていきます。ウォーキングの途中、宅地工事現場で見つけたローズヒップ。

 採り播いたら、アッという間に芽を出しました。危機感もってたんやろねぇ〜。

szk070628 004.01.jpg szk070628 008.01.jpg szk070628 007.01.jpg

■野茨■
バラ科/樹高13cm/左右22cm/花茎3cm/奥行き1cm/鉢;お手製「撫角正方鉢」



ラベル:野茨
posted by 豆狸 at 09:59| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | バラ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。