2007年06月23日

柿蘭

szk070623 003.01.jpg szk070623 004.01.jpg

 今回は、「柿蘭」(かきらん)です。

 鉢で持ち込んで16年、コンスタントに毎年花を咲かせてくれます。去年、一昨年と植え替えられなかったので心配していたのですが、今年も草丈が低くなりながらも咲いてくれました。

 名前の由来にもなった花弁の柿色も鮮やかに、唇弁にはいってる紫紅色の筋模様が綺麗で、青軸青葉との色合いも見事で、ホンとに涼やかな立ち姿です。

 花が終わった後の鉢が寂しいので、コケ代わりに「菫」・「姫犬蓼」が飛び込むに任せて放っておいたら、高さも適度にそろって綺麗に繁茂しています。

 柿蘭が休眠に入った後でも、それぞれの葉色・軸色・花色が楽しめて、枯れた後も風情を楽しませてくる、いい味の一鉢になっています。

szk070623 005.01.jpg szk070623 007.01.jpg szk070623 006.01.jpg

参考文献;『野生ランを楽しむ』朝日新聞社

■柿蘭■
ラン科/草丈24cm/左右21cm/花径1.5cm/奥行き1cm/鉢;信楽山野草鉢


ラベル:柿蘭
posted by 豆狸 at 15:56| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生蘭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。