2007年06月20日

亀甲馬鈴草

szk070620 002.01.jpg szk070620 003.01.jpg

 最近ハマってる“Yahoo!オークション”、お目当てはやっぱり鉢植えの草樹たち。そこで偶然見つけたのが今回の「亀甲馬鈴草」(きっこううまのすずくさ)。

 まず驚いたのは、「馬鈴草」の“亀甲葉”があること。“斑入り”は知ってたものの、まさか“亀甲葉”があるとは思いもしませんでした。

 でもよくよく考えてみると、同じウマノスズクサ科の「寒葵」に“亀甲葉”があることから考えて、あっても不思議ではないと納得。早速実物を見ようと入札したのでした。

 無事落札して送られてきた「亀甲馬鈴草」を見た途端、目が釘付け。その“亀甲葉”の見事なこと。感心しきりの興奮がようやく冷めて、冷静に葉っぱを観察してみると、葉っぱの形は名前の由来にもなった“馬面”ではなくて、どう見ても“豚の鼻”。

 葉っぱのことは置いといて、蕾が大小二つに、咲き終わったばかりの花殻が一つ。結実し始めてる花殻が二つの、まだまだ青いヒョロッとした苗。

 そんな蕾の大きい方が、今日咲きました。「馬鈴草」の花とはまた違った、特異な造形と雰囲気は、ウマノスズクサ科の存在感を遺憾無く発揮しています。

 今回手に入れた大満足の「亀甲馬鈴草」、二匹目のドジョウを狙って、ますます“ヤフオク”にハマってしまいそうです。

szk070620 007.01.jpg szk070620 004.01.jpg

■亀甲馬鈴草■
ウマノスズクサ科/草丈38cm/左右19cm/花径;4cm/奥行き2.5cm/鉢;プラ鉢


ラベル:馬鈴草 寒葵
posted by 豆狸 at 14:22| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 花卉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。