2007年06月17日

瑠璃柳

szk070617 003.01.jpg szk070617 004.01.jpg

 「瑠璃柳」(るりやなぎ)が、咲き始めました。

 「琉球柳」(りゅうきゅうやなぎ)とか、「鈴懸け柳」(すずかけやなぎ)・「丁字花」(ちょうじか)・「花柳」(はなやなぎ)とも呼ばれています。

 本当は「鈴懸け柳」(すずかけやなぎ)が正解らしいのですが、種苗会社がつけた「瑠璃柳」(るりやなぎ)が、市中では最も一般的な名前になってしまったようです。

 南米のブラジルやアルゼンチンが原産の常緑低木です。日本へは江戸時代に琉球からやって来て、葉が柳に似ているところから「琉球柳」(りゅうきゅうやなぎ)に。

 名前をつける前に一度でも花を見たら、ナスってことが分かるから、「りゅうきゅうやなぎナス」になってたりして。

 樹高が伸びたせいで幹の棒立ちが目に付くので、アルミ線で曲をつけたら嫌がって、立ち上がりのあたりから芽を吹き始めました。思い切って芽吹いた上で切って、樹高を低くするかどうか、悩むところです。

 病害虫も少なく育てやすいのですが、唯一の天敵がナメクジ。油断をしてると新芽・蕾と見境無く食害を受けてしまいます。そのため夜回りをして、見つけ次第捕殺するようにしてますが、薮蚊に咬まれてもぉ大変。

szk070617 006.01.jpg szk070617 005.01.jpg szk070617.01.jpg

〜旧稿『○○○×2のイチ押し★135 瑠璃柳』より加筆修正〜


■瑠璃柳■
ナス科/樹高72cm/左右26cm/花茎;2cm/奥行き1.5cm/鉢;お手製の「手捻り鉢」


ラベル:瑠璃柳
posted by 豆狸 at 17:17| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。