2007年06月05日

月橘

szk070602 002.01.jpg szk070602 003.01.jpg

 花の香り、ミカン科独特の幹肌、葉っぱの緑の濃さが魅力の「月橘」(げっきつ)です。初めて種苗会社の?渇?良園から取り寄せたときは、中国名の「九里香」で紹介されていました。

 奄美大島以南・沖縄・中国南部・台湾の海岸沿いに自生していることからも分かるように、冬の寒さには弱いようです。本州では観葉植物として育てられ、幹の堅さを利用して彫刻材やステッキ・簪に使われてるようですが、見たことはありません。

 中国名の「九里香」は、花の香が九里先まで香るからつけられたとか、和名の「月橘」も月夜に強く香ることからということで、日中両国ともこの花がいい香がするということで、一致しているようです。私自身も確認しましたが、ほんとに爽やかないい香がします。

 最初の「九里香」は、締めて盆養してたので花を見ることも無く、冬の寒さにやられて枯れてしまいました。今回の二代目はその時の経験をいかし、鉢を緩めたおかげで花をつけてくれました。

 「月橘」の別名とよく言われている、「シルク・ジャスミン」は“ゲッキツ属”の一種ですが、同じ物ではないようです。資料によると、1センチくらい実がなり、赤く熟するとミカンの香りがして、そのまま食べたり、ジャムにもできるようです。う〜ん、今から楽しみです。

szk070602 010.01.jpg szk070602 011.01.jpg

〜旧稿『○○○×2のイチ押し★136 月橘』より加筆修正〜


■月橘■
ミカン科/樹高22cm/左右20cm/花径2cm/奥行き2cm/鉢;お手製の「組枠六角鉢」


ラベル:月橘
posted by 豆狸 at 14:16| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花卉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。