2007年06月03日

立葉甲龍獅子

szk070531 021.01.jpg szk070531 020.01.jpg

 一つ葉「立葉甲龍獅子」(ひとつば「たちばこうりゅうじし」)です。

 文化文政時代の珍品奇品ブームの影響で、イワヒバやシノブ、マツバランのシダ類も、葉の変化を追求する“変化葉”がもてはやされ、各地の山野に珍品が求められ多くの品種が登場しました。

 一つ葉ではそれらを“獅子葉・孔雀葉・鋸葉・烏帽子葉・斑入り葉”の系統に整理され、変化の各段階で固定した物を銘品としました。

 今回の「立葉甲龍獅子」も、その特徴を持った一品です。

szk070531 019.01.jpg szk070531 022.01.jpg szk070531 023.01.jpg

参考文献;『シダを楽しむ』栃の葉書房

■一つ葉「立葉甲龍獅子」■
シダ類ウラボシ科/草丈23cm/左右23cm/鉢;山野草鉢風プラ鉢


ラベル:一葉
posted by 豆狸 at 17:38| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シダ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。