2007年05月24日

七変化(白斑)

szk070524 005.01.jpg szk070524 002.01.jpg

 同じ雪の下「七変化」(しちへんげ)“白斑”バージョンです。葉脈にそって、クッキリと白の斑が入ってます。

 この「七変化」の面白いところは、“赤斑”の花はピンクが強く花茎も赤っぽくて、匍匐茎も同じ色をしています。

 “白斑”の花は、よく見ると花弁に微妙にピンクの縞模様が入ってる物の、目立つほどではなくてパッと見ぃ、白花にしか見えません。花茎・匍匐茎とも同じ青軸で、両者はっきりと色が違います。

 唯一見つけた色以外での違いは、花の量が圧倒的に白の方が多いということです。

 一株しかやって来なかった「七変化」が、何を基準に“赤斑”・“白斑”とに分かれるのか、今現在まったくわかりません。単なる個体差として片付けてしまっていいものかどうか、判断に悩むところです。

 けど、“赤”・“白”関係なくよぉ増えるなぁ。近所に欲しいヒトおったら、あげんねんけどなぁ。

szk070524 008.01.jpg szk070524 004.01.jpg

■雪の下「七変化」(白斑)■
ユキノシタ科/草丈9.5cm/左右12cm/花茎長22cm/花径1.7cm/鉢;お手製「椀鉢」


ラベル:七変化 雪の下
posted by 豆狸 at 11:08| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雪の下 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。