2007年05月23日

香丁木

szk070522 010.01.jpg szk070522 002.01.jpg

 ただ今「香丁木」(こうちょうぎ)が満開です。小鉢で持ち込んで14年、何とか単幹を維持できて幹肌も荒れ、ようやく枯淡の域に達してきたようです。

 「香丁木」は、葉も小さくて持ち込み・刈り込みに強いのですが、唯一つ“やご”(ひこばえ)を活発に出してきます。これを取らないと、栄養分を持ってかれて“心枯れ”を起こして、せっかくの樹形が変わってしまいます。

 よく売られてる「香丁木」に株立ちが多いのもこのためで、豆狸としては単幹の物を見つけると一応押さえるようにしています。

 本来は、ふたまわりぐらい小さくしたほうがいいと思うのですが、硬く作ってしまうのはどうかと思い、この樹に関しては柔らかく作ることを心がけています。

szk070522 007.01.jpg szk070522 005.01.jpg szk070522 008.01.jpg

■香丁木■
アカネ科/樹高18cm/左右15cm/花径1.5cm/奥行き1.2cm/鉢;お手製の「撫角正方鉢」


ラベル:香丁木
posted by 豆狸 at 13:53| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。