2007年05月11日

錦しだ

szk070402 029.01.jpg szk070504 020.01.jpg

 「錦しだ」(にしきしだ)の葉が、展張しました。

 詳しいことはわかりませんが、人里や山地で普通に見られる「イヌワラビ」の仲間です。冬になると地上部は枯れて、春暖かくなると顔を出します。

 最初は緑色の普通の新芽ですが、展張するとそのグラデーションの綺麗なこと。

 豆狸のデジカメでは、この綺麗さがお伝えできないのが残念です。これから暑くなる季節、シダ類の涼感ははずせませんねぇ。

szk070504 019.01.jpg szk070504 018.01.jpg

参考文献;『シダ植物』全国農村教育協会

■錦しだ■
シダ類イワデンタ科/草丈13cm/左右32cm/鉢;信楽山野草鉢


ラベル:錦しだ
posted by 豆狸 at 10:25| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | シダ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。