2007年05月08日

パンダ・パンダ・パンダ

szk070406 002.01.jpg szk070419 013.01.jpg

 細かいビロードのような毛が密集した花弁の、色のコントラストから誰が名付けたか「パンダ寒葵」(中国名;「大葉馬蹄香」)が、ただ今満開です。

 蕾の小さかったことを思うと、花の大きさに圧倒されます。大輪葵系の花と比べると、花弁の先がカールして巻くことのないストレートな花弁のために、余計に大きく見えます。

 いつかこの花が、鉢の周囲にズラッと顔を揃える日を夢見て、世話をしていきたいと思います。

szk070424 007.01.jpg szk070421 003.01.jpg

■パンダ寒葵■
ウマノスズクサ科/草丈6cm/左右11cm/花径4cm/奥行き3cm/古葉1枚+新葉3枚/鉢;お手製の「三つ脚」


ラベル:寒葵 パンダ寒葵
posted by 豆狸 at 10:02| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。