2007年04月25日

カイガラムシ

szk070421 008.01.jpg szk070421 009.01.jpg

 椿「筑紫羽衣」(ちくしはごろも)が、淡いピンクの蓮華八重咲きの花が、三つも咲きました。花が大きいので、樹も重たくてバランスが悪そうです。

 玄関に飾ろうと棚場から出してよく見ると、見事にカムフラージュした“カイガラムシ”が、所々に見えるではありませんか。

 パッと見いは幹と同じ色でわかりにくいですが、試しにコテでこそげて見ると、剥がれた部分が白くなるので、よくわかります。

 この手の“カイガラムシ”は、慣れると見ただけで何処にいるかわかりますが、慣れないうちは、幹肌がはげない程度の力で幹を順番にこすっていくと、かさぶたみたいにポロポロ取れるので、簡単です。

 それにしても“カイガラムシ”って、何処からわいてくるんでしょうねぇ?

szk070421 010.01.jpg szk070421 011.01.jpg szk070421 012.01.jpg

■椿「筑紫羽衣」■
ツバキ科/樹高40cm/左右17cm/花径10cm/奥行き4cm/鉢;左楽


ラベル:椿 筑紫羽衣
posted by 豆狸 at 14:14| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。