2007年04月13日

寄せ植え

szk070411 023.01.jpg szk070411 018.01.jpg

 同じ鉢で10年持ち込んだ、草物の寄せ植えです。

 ざっと見ただけでも、赤くて目立つ「虎杖」(いたどり)に「立浪草」(たつなみそう)、「雪の下(基本種)」と「雪の下 七変化」、「立壷菫」(たちつぼすみれ)と「姫菫」(ひめすみれ)の6種類が、わずか12cmの鉢に密集しています。

 もともとはコケ鉢として作ったのですが、置いた場所が悪かった。草物の棚。待ってましたとばかりに、次々飛び込んできて、あっという間に飽和状態。どれもが覇を競うではなく、微妙な均衡を保っています。

 3年も経つと鉢全体で一つの世界を構成して、年を経るごとに葉も小さく、草丈も低くなっていきます。

 でも、小さくなったといっても「菫」と「立浪草」は、いつでも種を飛ばす準備万端。「雪の下」は匍匐茎をソロリソロリと伸ばしては、領土拡大を虎視眈々と伺っています。

szk070411 019.01.jpg szk070411 017.01.jpg

■寄せ植え(@「虎杖」A「立浪草」B「雪の下(基本種)」C「雪の下 七変化」D「立壷菫」E「姫菫」)■
@タデ科Aシソ科BCユキノシタ科DEスミレ科/草丈6cm/左右16cm/鉢;4号(12cm)山野草浅鉢


posted by 豆狸 at 14:03| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。