2007年03月29日

被災樹

szk070328 025.01.jpg szk070328 027.01.jpg

 今年も「瑠璃瓢箪」(るりびょうたん)が、咲き始めました。この樹は、平成7年1月17日の『阪神淡路大震災』で被災して、売りたてに出された物が巡り巡って豆狸んちにやって来た、いわくつきの樹で、震災がなかったら、間違いなく来ることのない樹です。

 平成7年4月15日に豆狸んちにやってきたときは、片脚の部分に石が噛ませてあって、下方の大鉢に植えられていたのを、脚回りを補強して浅鉢に収めて、大幹曲げして三つに畳んで今の樹形に改作しました。

szk070328 029.01.jpg szk070328 030.01.jpg

 以来、毎年花が咲いて秋には、名前の由来にもなった瑠璃色二連の実が出来ます。採り播きすると発芽率が高く、毎年実生苗が収穫できます。

■瑠璃瓢箪■
クマツヅラ科/樹高29cm/左右40cm/最大幹径5cm/花径1cm/鉢;遊児撫角正方鉢

 


ラベル:瑠璃瓢箪
posted by 豆狸 at 08:03| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | クマツヅラ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。