2007年03月27日

マンリー

szk070324 012.01.jpg szk070324 011.01.jpg

 やわらかい白に近いクリーム色の花色に、黄色いしべとの上品なコントラストと、豪華な八重咲きが絶妙なバランスの水仙「マンリー」が咲き出しました。「におい水仙」ほどではないですが、そこはかと香ります。

 葉が広がってしまわないように、18cmの高さにガードを作っていたのですが、花が開くに従って重たそうに頭を下げるので、再度花用に34cmの高さに2.5φアルミ線で輪っかを作って、3φのアルミ線4本で支えるようにして、サポート完了したのでした。

 作業中、鉢の縁に沿って、アルミ線の支柱を立てるとき、球を串ざしにしてしまわないかと、下にばかり意識を集中していたので、誤って上にあった蕾を一つ落としてしまったのには、返す返すも残念。う〜んっ、もったいない!!

szk070324 014.01.jpg szk070324 013.01.jpg

 落ちた蕾を水を入れた小鉢に浮かせると、ゆっくり1枚1枚と開いていき、2日後に満開。植物の生命力の強さに、改めて感心したのでした。

■八重咲水仙「マンリー」■
ヒガンバナ科/草丈42cm/左右15cm/花径8cm/奥行き5cm/鉢;7号信楽山野草鉢


ラベル:マンリー 水仙
posted by 豆狸 at 06:26| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水仙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。