2009年11月23日

八手PART2

 引き続き今回は、八手の斑入り種「袖絞り」(そでしぼり)と「白散斑」(はくさんふ)の植え替えです。

 「袖絞り」は、買ったときのカタログの説明書きによると、“芽吹き時の新葉は真っ白で、大きくなるに従って序々に白散斑へと変化。鉢でも楽しめる斑入りヤツデの美品”とあります。

 「白散斑」(豆狸的には“はくさんふ”より、“しろちりふ”の呼び方の方が好き)は、残念ながら資料が残っていないので「袖絞り」との具体的な差異がわからず、下手をすると呼び名が違うだけで、同じ物かもしれない疑問があります。

 豆狸の植え替え工程は、“鉢から抜いて土を落とし→根をさばいて根洗い→鉢を決める→鉢底網をしく→ゴロを入れる→マグアンプKをパラパラ→用土でふたをする→植付け角度を決める→コイルで高さ調整→樹体をアルミ線で固定→用土をすきこむ→用土を点圧する→コケをはる→息吹をやる”の順です。

■八手「袖絞り」■【Fatsia japonica“Sodesibori”】 ウコギ科
szk091110 027.01.jpg szk091113 016.01.jpg szk091113 017.01.jpg
szk091113 018.01.jpg szk091113 019.01.jpg szk091113 021.01.jpg

■八手「白散斑」■【Fatsia japonica“Hakusannhu”】 ウコギ科
 「袖絞り」に比べて、根張りが悪いのがチョッと心配。侵入してきていた「姫いたび」は、そのまま「磯馴」(そなれ)の鉢に移植。
szk091110 032.01.jpg szk091115 007.01.jpg szk091115 011.01.jpg
szk091115 013.01.jpg szk091115 014.01.jpg szk091115 034.01.jpg

◆昨日のテロリスト・ニュース◆
 新兵器投入によりテロ被害が無いことと、水仙が一斉に芽吹き始めたこともあり、初期の対応策として置いていた土だけの鉢だけが目立つこととなり、本日を持って終了とすることにしました。 お役目ご苦労様でした。

●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

 代わりに『豆狸の書き込み寺』を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但しコメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、否認または削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。


【関連する記事】
posted by 豆狸 at 04:54| 大阪 ☁| 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。